【えんやこーら】 ※ 毎週末更新 ※
《『えんやこーら』とは》 2011.3.11の震災後、「頑張れ」の言葉が被災された方々の心を痛めていたので、誰かの為に自分が尽くすという意味で「えんやこーら」と言葉を変えて活動しています。 有志小団体としては2011.11月に赤い羽根共同募金様から助成金をいただき、2013年4月まで活動していました。現在は個々で活動しておりますが、「復興の土台作る!」という志は変わりません。宜しくお願いします。 記事はコチラ → えんやこーら岩手支部記録(316)

2017年04月04日

親指サポーター欲しい

母指MP関節側副靱帯損傷と診断されてから、痛みと力が入らない原因が分かったので洋服に合わせてサポーターも数種類買って洋服に合わせてベージュとブラックを交互に使っていた。
今日は社内をウロウロと手続きなどで歩く事が多く、私はそれほど目立たないと思っていたのだが、左手をずーっと見てる2人がいた。

「イワガタさん、その腱鞘炎サポーターちょっと見せて!」

一部オリジナルに改造していたので一応見せたが

「私は腱鞘炎じゃないんですよ」
「え?腱鞘炎じゃないの?」
「親指の靱帯損傷なので」
「ええーっ!失礼しました。そっちの方が重傷だわ」

私の場合は常に痛いというわけではなく、親指のある一定方向に負荷が掛かると「イテテテ」となるし、ペットボトルの蓋が開けられない(他の指で開けられるようにはなった)という感じで、時々何がきっかけなのかズキズキと痛む事や神経が伸びようとしてるのかチクチクする地味な痛みもある。
断裂ではなく損傷なので、ある程度動かせるけど部分的に切れてるのでプラーンという状態ではない。
サポーターしていればある程度の事は出来るので今はあまり不便と思う事はあまりないが・・・。
サポーター、やっぱり目立つのか。
ブラックのサポーターが一番がっちり固定できるのだが、よく見るとゴツくて誰かをパンチしそう。
「負傷してるんですよ〜」と見せたくてベージュのサポーターを探しているが、かぶれそうなものや足の親指サポーターが検索に引っかかる。
まだまだ探してみよう。
posted by イワガタ at 23:22| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする