【えんやこーら】 ※ 毎週末更新 ※
《『えんやこーら』とは》 2011.3.11の震災後、「頑張れ」の言葉が被災された方々の心を痛めていたので、誰かの為に自分が尽くすという意味で「えんやこーら」と言葉を変えて活動しています。 有志小団体としては2011.11月に赤い羽根共同募金様から助成金をいただき、2013年4月まで活動していました。現在は個々で活動しておりますが、「復興の土台作る!」という志は変わりません。宜しくお願いします。 記事はコチラ → えんやこーら岩手支部記録(341)

2017年05月07日

チューリップ染め2017

昨日ひろばで拾ったり摘んできた赤いチューリップの花びらを使ったチューリップ染めをしている。
陸前高田ひろば201705060035.JPG

他のサイトでは女性らしくじっくり丁寧に作業して作ってうまく行ってるので、本格的に作りたい方はそちらを参考にしていただくとして、私は実に大雑把なやり方なので材料と流れだけを来年の自分用としてメモしておこう。

材料

● 赤いチューリップの花びら(できるだけたくさん)
● 酢 1リットル
● 水 20ml
● 100均で買ったハンカチ用ガーゼ(今回はガーゼで挑戦)
● お茶・だしパック
● ポリバケツ
● PPテープや輪ゴム

作り方

@花びらだけをお茶・だしパックに詰める(ぎゅうぎゅうではなく少々余裕あるくらいの方がいい)
陸前高田ひろば201705060037.JPG

Aガーゼの、白く残したい部分をテープや輪ゴムでアレンジしながら縛る(今回は輪ゴム使用)
丸く残したい時は何かの蓋や缶を使って〇を作り輪ゴムで止めて中心部を引っ張って抜いた後に輪ゴムをきつく留め直す。
陸前高田ひろば201705060040.JPG

Bポリバケツに@を入れ、水と酢を入れる。
部屋中に酢の香りが充満するので換気しといた方が良い。
陸前高田ひろば201705060038.JPG 陸前高田ひろば201705060039.JPG

Cしばらく漬けた後(私の場合はここで夕飯TIMEとなり1時間漬けたままになった)@をぎゅうぎゅう絞って赤い色素を出す。
(酢の香りとの闘いになる)
陸前高田ひろば201705060041.JPG

D@を取り出し染め液だけにする。
陸前高田ひろば201705060042.JPG

EAを投入する。
陸前高田ひろば201705060043.JPG

F(私の場合は)約1時間置きにかきまぜて色ムラにならないようにする。
蓋をあける度に酢の香りが充満するので換気する。
何度かやってるうちに「漬物ってこんな風に作るのかな」と思い始める ← 個人的

G一晩おく(数時間でいいという人もいらっしゃる)
ちなみに私は一晩どころか14時間くらい浸してしまった。しかもかきまぜたのは最初の5時間くらい。
DSCN4947.JPG

H輪ゴムをとって色が出なくなるまで水洗いして干す。
DSCN4948.JPG DSCN4950.JPG

Iアイロンかけて出来上がり!
DSCN4952.JPG

あんなにたくさんゴムで止めたのに模様全く分からんなぁー(泣)
posted by イワガタ at 16:34| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする