【えんやこーら】 ※ 毎週末更新 ※
《『えんやこーら』とは》 2011.3.11の震災後、「頑張れ」の言葉が被災された方々の心を痛めていたので、誰かの為に自分が尽くすという意味で「えんやこーら」と言葉を変えて活動しています。 有志小団体としては2011.11月に赤い羽根共同募金様から助成金をいただき、2013年4月まで活動していました。現在は個々で活動しておりますが、「復興の土台作る!」という志は変わりません。宜しくお願いします。 記事はコチラ → えんやこーら岩手支部記録(459)

2019年10月31日

食欲に影響なし

父が入院した。
一昨日、階段14段上るだけで息切れすると言っていたので何かあるんだろうなとは薄々感じていた。

「運動不足だなー」

と私が言ったのはあながち間違いではなかったのだが、急な入院となってしまった以上気づかなかったでは済まされないなと反省。
母から聞いた話(8割)と父から聞いた話(2割)を総合すると、運動不足で排出されるはずのものが滞り、胸水が溜まって肺を圧迫した結果穴があいたようだ。
連休中帰って来る気満々だった父、身体に管を入れられて観念したようだ。
ただいま、穴の修復をしながら胸水を抜いている。
胸水は血液と死んだがん細胞でおしるこみたいな色になっていた。
一度抜いたがまだあるらしく、私が母を迎えに病院に行った時に500mlいっぱいに溜まっていた。
実にいろいろな事があった1日だったが、父の様子を見ていた母は食欲がなく、途中で外食したのだがドリアを半分残した。
一方の私はパスタ1皿と母の残したドリア、加えて母が頼んでやはり残したフライドポテトを食べた。
これでお腹いっぱい感がなかったのには驚いた。
よほどの事がない限り、食欲には影響がないらしい。

病院の夕飯を指さし

「お前がいかに大食いか分かるだろ」

と父が言ってた。
大食いなんじゃない、作り手の事を考えると残せないだけだ!(レンチン食品でもね)
posted by イワガタ at 22:57| 岩手 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

泣きっ面にハチ・傷口に塩…

タイトルは岩手名物(盛岡名物)わんこそばの掛け声。
なぜこのタイトルになったかというと…

まずは土曜のえんやこーらで、水路とひろばの境目に設置されてるフェンスを飛び越えようとして(しかも片手をついてカッコよく飛び越えようとして)つなぎ目のポールに右膝をカーンと当てて打撲した事から始まった。
飛び越えるのに失敗したのはその一度だけだったが、痛みの継続具合と、膝を折り曲げた際の布の圧力で痛さ倍増具合からも結構酷いなとは予想していた。
お風呂で見た時は中心が真っ赤、周辺が黒に近い灰色になっていた。
翌日、整体に行った際、全身のマッサージで右膝を押されて痛かったが「痛い」と言えず我慢した。
月曜、ストッキングのひきしめ効果だけでも痛いので塗り薬を塗った。
膝を曲げるとストッキング&パンツの布に押されて結局痛い。
火曜…というか水曜(今日)明け方5時15分頃、トイレに起きた。
夜寝る1時間半前までに飲むお茶の量を間違えると明け方起きる事があり、昨夜はペットボトル半分くらいを一気飲みしたので仕方ない。
ボーッとしながらベッドから降りた瞬間、ドカン!という音と共に右膝に激痛。
何とテーブルの角にぶつけたのである。
土曜ぶつけたところと全く一緒のところだ。
一気に目が覚めたが、トイレに行って戻るとじわんじわん痛む膝を感じながらも睡魔に負けて寝てしまった。
起床、面白いもんですっかり明け方の出来事を忘れていた。
ストッキングをはいて痛みで思い出す。
仕事中にも同じ箇所をデスクにぶつけ、1人職場で悶絶する。
(今日は皆さん早帰りや休みで職場で1人きりだった)
これはもう膝当てをした方がいいんじゃないかとまで考えたが、今の状態ではその膝当てが当たってる時点で痛いので却下。
早く治っておくれよ〜。
7F8E10ED-B3C3-4A26-BC13-234B8133D918.jpg
posted by イワガタ at 22:05| 岩手 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

そうだったのか!

帰宅後TVを見ていたら、母から

「コレ絶対あんたに見せたかった」

と言ってチャンネル替えられてしまった。
『お腹が鳴りやすい人』をテーマにしたもので、私と同じようにお腹がよく鳴る人が実験台になっていた。
両親は爆笑していたが、私にとっては日常なので共感すれど笑うまでにはいかず、どうしてなんだろうねぇと思いながら見ていた。
どうやら朝食でパンを食べる事がご飯食よりも腸でガスが発生しやすく、腸の角で溜まって一気に動く為にお腹がなるらしい。
他にも普通ーに食べてるヨーグルトや牛乳もガスを発生させるとの事、これは鳴らない方がおかしいんだなぁ。
(朝食はパン・マーガリン・コーヒー牛乳・ヨーグルト・フルーツが日常)
でも昼食後(弁当・もちろんご飯)にぐーぐー鳴るのはなぜなのかは謎のままである。
posted by イワガタ at 22:48| 岩手 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

おやおや?

今朝、電車に乗れず相棒で出勤した。
いつもより遅く出たのにいつもより10分早く着いた。
渋滞なくスイスイ来れたのが何だかちょっと不思議だった。
会社で朝礼に出た。
出張ではなく、休みの人が多い。
もしや、インフルとかノロとか流行り始めて来た??
そう頭をよぎったのだが、後方から

「盛岡シティマラソン出たから年休か」

と聞こえてハッとした。
みなさん、次の日は身体ガッタガタで仕事にならないとあらかじめ予測していたんだろう。
1週間前、人力で排水作業して、筋肉痛で「あー」「うー」「ぐおー」と声が漏れてた自分、いくら火曜日が祝日だと分かってやってたとしたって、考えが甘かったと反省。
そういやひろばの排水、ちゃんと終わってるかなぁ・・・また明日雨らしいけど。
posted by イワガタ at 23:34| 岩手 ☀| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

この親にしてこの娘あり

1ヶ月釣りに行けてない父(体調ではなく天気が悪くて中止)の気晴らしにと、母が友人の別荘を借りて父を連れ出し、盛岡マラソンの応援に連れていった。
出発が遅く渋滞にも巻き込まれたので、途中で折り返してきた選手とすれ違ったらしいが、1時間以上折り返し地点でいろいろなランナーを応援してきたらしい。
帰って来た父は

「被り物の人がいた」
「ハイタッチしてくる選手がいて楽しかった」
「背中曲がってるようなじいさんや、視覚障害・聴覚障害の選手も走ってた」
「歩くより遅い選手がいた。ありゃ途中で棄権するな」

など、見てきた事を割と細かく話してくれた一方、母はたった一言

「デブはいなかった」

と話していた。
着眼点そこかーい! ← 人の事は言えない(一応自覚はしている)
posted by イワガタ at 21:28| 岩手 ☀| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

えんやこーらという名で陸前高田・vs雨水 排水編

毎週毎週何で雨なのよ!と天に向かって叫びたくなる程だったが、今日は奥の手を使うと決めていた。
日曜に来た時、人力で排水していて『ココ、踏ん張ると沈んで来るな』と思っていた。
かつてココに仮設の工事事務所が建っていて、雨で水没した事があった。
自分達で造った水路の土手を確か一部掘って排水していたなと記憶していた。
恐らくたまたまではあるが、同じところで排水作業をしてしまったのだろう。
・・・と い う こ と は・・・

息子・翔平かかしは元気に立っていた。
陸前高田ひろば20191026002.jpg

すみっコぐらしさんが脱落していた。
陸前高田ひろば20191026001.jpg

耐久レースはまだまだ!
陸前高田ひろば20191026003.jpg

さてひろば。
明け方まで雨が降ってたとの事。
予想通りキラッキラになっている。

陸前高田ひろば20191026007.jpg 陸前高田ひろば20191026020.jpg

いつもの位置

応急処置も2週目でダメになっていた。
どうにもこうにも土が緩い状態で立たないので、とりあえず押さえるという感じで処置した。
Afterの写真はない(撮影忘れ)
陸前高田ひろば20191026005.jpg


入口キンモクセイと寒菊

寒菊の支柱はやはりさくらさんとカトレアさんがやってくれていた。
まっすぐになった寒菊は小さな蕾をつけている。
陸前高田ひろば20191026006.jpg


枝垂れ桃

たくさんの桃は落下したのだと思うが、台風の暴風で海側松の花壇から松ぼっくりが飛んできていた事を考えると、もしかすると近くの盛り土跡に飛んでいつか樹になったりなんかするかしら?
陸前高田ひろば20191026008.jpg


ハーブガーデン

花を咲かせているラベンダーが元気をくれる。
生きてくれててありがとう!
陸前高田ひろば20191026009.jpg


季節の花壇

花がグネグネ迷走している。
咲いてくれたのは嬉しい。
防風処置足りなくてごめんね。
陸前高田ひろば20191026010.jpg


花種花壇

今頃になってなぜか葉が元気よくなってきたアジサイ・ブルー。
これから花を咲かせる時期になるはずのクリスマスローズに期待!
陸前高田ひろば20191026011.jpg

キンモクセイは斜めになっていて、花を咲かせそうな気配もない。
みんなが言う良い香りを未だ嗅いでいない。
陸前高田ひろば20191026014.jpg

そして衝撃的な事に、くるみちゃんがただの棒になっていた。
がーん😨
陸前高田ひろば20191026013.jpg

ポット苗に移植したキンギョソウは何だか数が減ったような気が・・・
陸前高田ひろば20191026012.jpg


ロボ花壇

ここだけは守られてるのよね。
メランポジュームがちょっと元気になっていた。
陸前高田ひろば20191026015.jpg


家族の花壇

球根掘りしたいが、土が緩すぎる今じゃダメだと判断。
陸前高田ひろば20191026016.jpg

みんなの畑も浸水。
一応土嚢を置いたりしていたが、下から湧いて来る水には意味がないのよね・・・。
陸前高田ひろば20191026017.jpg


R♡Iガーデン

遂にニチニチソウも終わった・・・。
ただ入れ替わるようにアリッサムが咲き始めていた。
陸前高田ひろば20191026018.jpg 陸前高田ひろば20191026019.jpg


無限大花壇

花壇じゃなくなってしまった。
陸前高田ひろば20191026021.jpg


海とみんなの花壇

他よりちょっとだけ高い花壇なので救われてるところはあるものの、水没はしているのでシバザクラやリコリス(彼岸花)が心配。
陸前高田ひろば20191026022.jpg


フラワー花壇

真ん中に撒いた花菱草だけ芽が出ている。
よくこの水浸し状態から発芽出来たなぁ。
陸前高田ひろば20191026023.jpg 陸前高田ひろば20191026024.jpg

フラワー花壇と東大寺学園花壇の間を移動していると、何か俊敏な動きをするものが視界に入った。
カエルは分かってるし、バッタも分かる。
水中を動いてる何か・・・
それは3〜4cmの魚だった。
しかも1匹ではなく群れている。

え?めだか??
絶滅危惧種じゃなかったっけ?
しかも雨水溜まっただけのココになぜいる??

あくまでも推測なのだが、水路が溢れたか田んぼの水が溢れて道路隔てたひろばに流れ込んだのではないか。
だとすれば早く水路に戻してあげたい。
(逃げられるので捕まえられない)
自然のチカラで何とか出来ないものか。


東大寺学園花壇

コスモスも早々に終わってしまった。
陸前高田ひろば20191026025.jpg


サザンカ花壇

30cmくらい水没してるのかな。
今日でどれくらい水嵩減らせるか分からないけど頑張るからね。
陸前高田ひろば20191026026.jpg


海側松の花壇

傾いてる樹が4本に増えていた。
これは早いとこ排水せねば。
陸前高田ひろば20191026029.jpg


ひまわり畑令和元年ver

どこから飛んできたか分からない板などが散乱している。

陸前高田ひろば20191026028.jpg

陸前高田ひろば20191026027.jpg

さて今日の作業はもちろん排水!
でも日曜にやった体力勝負では私の身体がボロボロになるし、先ほど見たメダカと思われる魚をゆっくり水路に向かわせるにはこの方法しかないと考えていた作業。

掘る


松の花壇から約3m、前回の作業で足場が緩くなったところを一気に掘る!
すると出口を待っていた水が捌け口を探すかのようについてきた。
そして水路への一堀をすると、一気に水が流れ始めた。
その勢いは砂などで濁った水が30秒しないうちに透明な水になるほどの勢い。
ブログの仕様で動画が載せられないので写真で伝われば幸い。
陸前高田ひろば20191026031.jpg 陸前高田ひろば20191026032.jpg
(ドオオオッというような音を立てて排水している)

1箇所よりは2箇所の方が早く水が減るかな?と思い、ひろば中央の一番くぼんでいるサザンカ花壇の延長線上の土手を掘った。
ところが、土手として作られたこの場所は実に掘りにくく、雑草の根も邪魔して何度も休憩を挟む事になってしまった。
時折、最初に掘った穴を見て「よし頑張ろう!」とやる気スイッチ押してもらいながら(水の流れる音に癒されつつ謎の達成感があった)やっと穴が掘れた。
しかし最初の穴の印象が強いせいか、勢いが弱く感じた。
陸前高田ひろば20191026033.jpg 陸前高田ひろば20191026034.jpg

陸前高田ひろば20191026035.jpg
(ジョロロロロという感じで排水している)

穴があいてから3時間での排水は、ひろば全体の水位と考えればずいぶん下がった。
陸前高田ひろば20191026036.jpg
(砂利が濡れてるところから下がっている)

陸前高田ひろば20191026037.jpg
(幹が濡れてるところから下がっている)

帰る時、車内から見たら最初に掘った方はものすごい勢いで排水していた。
この調子なら明日昼くらいで水はほとんどなくなるんじゃないかな。

筋肉痛はほとんどないが、なぜか安心感と達成感に満たされながら帰宅したのであった。
posted by イワガタ at 21:57| 岩手 ☁| Comment(0) | えんやこーら岩手支部記録 | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

タタカイ前夜

明日の陸前高田は、私が到着する頃に雨が上がるらしい。

6358BED4-425E-4EAE-8A8C-A308676B9383.jpg

水はたっぷり用意しておきました
お好きなようになさいませ


陸前高田ひろば20191020044.jpg

と煽っているかのようだ。
筋肉痛の余韻(なんとなーく痛いかな?程度)あるが、もうこれ以上水浸しにはしたくない。
頑張るぞー‼️
posted by イワガタ at 21:17| 岩手 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年10月24日

他人のようで他人じゃない

ふと画像検索していて、とあるアニメキャラと全く同じ名前の人が研究者である事を発見した。
仕事していて、タレントさんと同じ名前の人がいて(もちろん年齢からも全くの別人だが)高血圧症・糖尿病などいろいろな病気にかかってるのを見たりもする。
面白い、自分の名前で検索してみよう!と思い立ち、画像検索ではなくウェブ検索(ハードルを下げた)してみた。
ちなみにイワガタマユはウェブも画像も自分しかいなかったのでちと残念な結果に。
もう1つの名前の方は、なぜか検索エンジンに「札幌」もついてきた。
ありふれた名前なのでいるのだろうか。
学生・研究者・神職・医師などなど、私とは全く違った人生を過ごしているようだ。
町内にいた同姓同名(高校で出会った)さんは、どんな人生過ごしてるんだろうか。
posted by イワガタ at 22:55| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

コントのような負傷

昨夜、我が家でお寿司を食べた。
そのお寿司をお店に取りに行く際、弟が買った中古車を運転させてもらった。
行きは弟が各機能の説明をし、帰りは裏の交通量少ない道路を通って私が運転した。
買ったばかりの車にキズつけたくなかったからである。
白線を認識して逸脱した時に警告音が鳴り、ハンドルが制御されて中央に戻る機能と、クルーズコントロール(一定速度で走行)で前の車を追走する機能を試したかったが、交通量がそもそも少ないところで、よし!あの前の車を追走…≠ニ思ったら左折してしまい、以降一台の車とも出会う事がなかった。
そして白線逸脱は後方に車がいた為、あまり変な運転が出来ず、カーブで白線逸脱してみたが全く警告音は鳴らなかった。
何だ?もしかして私は安全運転なのか? ← 街頭少なくて白線認識出来なかっただけかもしれない
その話をしながらカーテンを閉めようとした時、柱に右手を掛けて左手で閉めるつもりが、どうやら柱からズレてたらしく、私の右肘が窓のサッシ部分に激突し痣・どうやったらぶつけるのか分からないチカラコブに斜めに内出血と、筋肉痛の他に痛いところを増やしてしまった。
(簡単に言うと壁ドンしようとしたら壁がなくてそのまま倒れた感じ)
ドカーンという大きな音も出してしまったので母がビックリしていた。

右手にも左手にも痣が出来てしまった今日・・・
机に腕を置いて入力の仕事なので不安だったが、じわんじわんしただけで大して痛くはなかった。
むしろハムストリングスの筋肉痛の方がまだ痛いかな。
posted by イワガタ at 23:14| 岩手 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

正す日

カーステでずっと聴き続けている雄也さんの歌たち、いつしか歌詞カードがQRコードダウンロード方式となり、私のスマホにはそのアプリが入ってなかった為

耳で聴いて覚えてやる!

と自信満々で何度も聴いていた。
10〜20代の時は3回くらい聴けばメロディー、5〜8回で歌詞を覚えられたのだが、年齢とカーステ(エンジン音や道路状況などの雑音)というハンデもあり、以前のようにすぐ覚える事が難しくなっていた(それでも好みの曲のサビのメロディーは3〜4回で覚える)
今日の祝日でずっとずっとごまかして歌ってたところの歌詞を確認したら、笑ってしまうくらい違ってたので晒してみようと思う。
今、最もお気に入りの曲・浅岡雄也さんの「Revolution 〜15〜」より一部抜粋

【正】
精一杯やっても 失敗はあるよね
上手くゆくのは 不思議さ そんなもので
時代が違うと 他人の所為にして
楽ナ場所に居たようで 腐ってました
理想の旗を振るだけじゃ 絵に描いた餅だな ソレ食べられんの?
自由な下克上 百戦錬磨の猛者で在れ
颯爽と 目を開けて 胸を張ろう
有効期限なら 願う限りさ 舵を取れ
人生は 変わり続けなくちゃ 直ぐ終わるよ 

【誤】←これをカーステ1人カラオケで堂々と歌ってた
精一杯やっても 失敗はあるよね
上手くゆくのは 不思議さ そう 何度だって
時代が違うと 他人の所為にして
楽な場所に行ったようで 腐ってました ← 発音は合っている
理想の旗を振るだけじゃ 絵に描いた餅だな 全てダメだろう

自由な下克上 百戦錬磨の長(おさ)で在れ ← 発音は合っている
颯爽と 手を挙げて 腕をHELLO ← 何で突然英語でご挨拶なのかと不思議だった。音的には合ってるが…
有効を決めるんだ 願う限りさ 舵を取れ
人生は 変わり続けなくちゃ 直ぐ終わるよ 

いやー・・・改めて何も考えてないで聞こえたまんま覚える自分がアホだなと…。
雄也先生、すいませんでした。
posted by イワガタ at 16:16| 岩手 ☔| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

過去最大級の筋肉痛

昨日のえんやこーら帰り、運転中から既に筋肉痛になっていた。
若い証拠だわ♡と思って若干喜んでいたが、今朝起きる時にまず背筋に鈍痛・右腕に通常レベルの筋肉痛があった。
まぁまぁ予想通り、若干仕事遅くなるかもしれないけど大丈夫大丈夫!と思って右足を一歩ベッドから出して着替えをしようと思った瞬間

「いてててて!」

昨年立ったまんまで排水作業した時は腕の筋肉痛(背筋もあったかな?)だったが、必要最低限の動きで排水しようとしゃがんで水くみしていたせいなのか尻の筋肉痛というめったにない痛みが強く出ていた。
しかも動かす度にポキポキと音がする。
左足に体重を乗せる分には普通の筋肉痛なのでよいが、右足に体重を乗せると痛みで崩れ落ちるような感じ。
いつも通り歩けるのか?

いつもの6割の歩幅で歩くのが精一杯、しかも会社の最上階に自分の席がある。
いつもなら息切れもせずサクサク上がる階段も、今日の私にはキツイ登山だった。
そして朝礼前のラジオ体操も、前屈する度に顔が般若になってしまう程痛かった(ジャンプよりも痛かった)
仕事しながら動く度に勝手に漏れる

「いてててて」
「うおおおお」
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」

熱い温泉に浸かろうとしているオヤヂのような動きと声にみんなは苦笑していた。
(一応みんなには事情を説明したのでぢぬしさんじゃない事は分かってもらえた)
地味にハムストリングスも痛いのだが、ハムストリングスの痛みは昨日夜から今日お昼くらいまでで落ち着いた(早い)
お尻だけが・・・いや、正しく言えば大殿筋だけが他を圧倒して痛いのだ。
場所が場所なだけに、湿布貼っても効き目が患部まで届かなさそうだし、熱を持っている→冷やす→保冷剤を巻きつけてる図/血流をよくする→温める→カイロみたいなのを貼る図 両方共想像するに耐えなかった。
お風呂でゆっくり温めて、ゆっくり休んで、明日どうなるか。
…ヒップアップ効果ってあるかしらん?


【おまけ】
全く記憶にないが、今朝になったら左手に大きな痣が出来ていた。
寝ぼけて何かに当たって出来たものではないので、作業中に何かやったっぽい。
posted by イワガタ at 20:47| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

えんやこーらという名で陸前高田・vs 雨水 台風19号の爪跡編

体育の日(10月14日・月祝)に来た際、雨だった為に台風でどれだけ被害受けてるか確認するしか出来なかった。
1cmでもいいから、どんなに無駄な努力と言われてもいいから、とにかく溜まってる水を減らしたい。
そんな思いでひろばに行く…前に、翔平かかしがどうなのか見に行った。
ちょっと傾いて雨の水分含んで背丈が縮んでいたが、まだまだ元気に立っていた。
陸前高田ひろば20191020003.jpg

昨年のかかし達は台風で具が出て悲惨な事になっていた。
確か昨年もかかしは持ち帰る事になっていたはずなのに、持ち帰らないまんまだったんだと気づいた。
陸前高田ひろば20191020001.jpg 陸前高田ひろば20191020002.jpg

かかし耐久レース状態の今、ほぼ独走態勢となっている翔平かかし。
持ち帰ってくれと言われるまで頑張れ!
陸前高田ひろば20191020004.jpg

さてひろば。
一昨日・昨日の雨で心配していたが、どうやらMAX時よりも少し引いてるようだ。
その水は一体どこに行ってるんだろう。

いつもの位置

14日来た時はこの入り口柱が2本とも手前に倒れていた。
応急処置で何とか保っていた。
陸前高田ひろば20191020005.jpg

これでもちょっと引いた方。
陸前高田ひろば20191020014.jpg


入口キンモクセイ・寒菊

誰かが支柱を立ててくれていた。
(たぶんさくらさんとカトレアさん)
ありがとうございます!おかげさまで蕾っぽいのが出てました!
陸前高田ひろば20191020007.jpg


枝垂れ桃

雑草のおかげ(?)で枝垂れ桃は折れずに済んだのかな・・・?と現実逃避。
陸前高田ひろば20191020008.jpg
後ろでイナバウアーしている丸太柵は後ほど。


ハーブガーデン

松が傾き、物置がズレ、メッセージボードが飛ばされた程の暴風だったのに、花を咲かせているラベンダーにはホント驚く。
陸前高田ひろば20191020009.jpg 陸前高田ひろば20191020010.jpg


季節の花壇

撮影後、少しだけ柵を直してコスモスを矯正してみた。
お日様求めて迷走するコスモスはかなりグニャグニャ曲がっている。
陸前高田ひろば20191020011.jpg

陸前高田ひろば20191020013.jpg 陸前高田ひろば20191020012.jpg


花種花壇

入口寒菊に支柱立ててくれたのがさくらさんとカトレアさんかな?と予想したのはココの花壇を見たから。
陸前高田ひろば20191020015.jpg

クリスマスローズエリアがキレイになってる。
(お2人が植えていったもの)
陸前高田ひろば20191020016.jpg

くるみちゃんは枯れて来た。
これは秋だからなのか環境が厳しいからなのか…。
陸前高田ひろば20191020019.jpg

キンモクセイ・・・咲きませんか・・・?
陸前高田ひろば20191020020.jpg


ロボ花壇

この花壇だけは暴風被害がほとんどなかった。
ただし雨粒が相当強く打ち付けたらしく、葉の裏側やメランポジュームの花に砂粒が…。
陸前高田ひろば20191020017.jpg


家族の花壇

そういえばココも全部低いから何の被害もなかったな…。
陸前高田ひろば20191020018.jpg


R♡Iガーデン

ここで水没の深刻度が増す。
陸前高田ひろば20191020021.jpg陸前高田ひろば20191020028.jpg

陸前高田ひろば20191020022.jpg

助かってるとはいえ、すぐ下まで水が溜まってるので根腐れしそうなニチニチソウ。
陸前高田ひろば20191020023.jpg



無限大花壇

高嶺ルビーNEOはほぼ壊滅。
種なんか付ける時間なかっただろうな・・・。
陸前高田ひろば20191020026.jpg


海とみんなの花壇

球根もシバザクラもどうなってるだろう…。
陸前高田ひろば20191020029.jpg


フラワー花壇

何と!
花菱草の芽が出てたぁ!(1本だけど)
この環境(周囲は変わらず水浸し)でよく発芽してくれたなぁ〜!
陸前高田ひろば20191020030.jpg 陸前高田ひろば20191020032.jpg


東大寺学園花壇

暴風でまっすぐ咲くはずのコスモスが超低位置で咲いている。
ここから見ると改めてひろばの被害状況がよく分かる。
陸前高田ひろば20191020033.jpg


サザンカ花壇

つま先立ちしながら行って見た。
酷い、とにかく酷い。
陸前高田ひろば20191020034.jpg

サザンカが30cm以上水に沈んでいる。
ユリやベビースイセンはもっと下にいる。
どこから排水すればいいのか、今も悩んでいる。
陸前高田ひろば20191020036.jpg

せっかく咲いたコスモスがこんな風になってたら切なくなるじゃん。
陸前高田ひろば20191020035.jpg


海側松の花壇

とりあえず傾いてしまった松を撮影。
傾きは変わらずだが、よく見ると奥の方もちょっと傾いてるように見えた。
庭木であるように、木で支えてあげればいいのかな。
陸前高田ひろば20191020038.jpg 陸前高田ひろば20191020039.jpg


ひまわり畑令和元年ver

ここも全滅。
この細長い板が仕切りにしていた板なのか松花壇手前に置いていた板なのか不明。
陸前高田ひろば20191020037.jpg


さて今日の作業。
まず優先は、キンギョソウの発芽したばかりで水没した子をポット苗に移す事。
陸前高田ひろば20191020024.jpg
酷い状況でござんしょう?

雑草の芽との違いがイマイチなので、とりあえずコレじゃないかと思うもの約25個を5つのポットに移した。
陸前高田ひろば20191020043.jpg

そして上記にある、直径約15cmの丸太柵が折れていた箇所。
丸太を生かせるか確認に行くとそこにはなぜか蜂が飛んでいた。
5匹以上飛んでいたのでしばらく黙って立っていたらいなくなった。
どうやら生かす事は出来そうだ。
陸前高田ひろば20191020040.jpg

木っ端を片付け、地中に埋まった部分を抜き…
陸前高田ひろば20191020042.jpg

再び丸太をその穴に入れ、木っ端を周りに刺して補強し、ネットを張り直した。
 
Before
陸前高田ひろば20191020006.jpg
  ↓
Aftter
陸前高田ひろば20191020041.jpg

ここで既に12時半。
お昼を食べていよいよ着手する。
確か以前ココに仮設事務所構えてた会社が同じように水没し、排水したような痕跡を残していたよね。
そこから排水すれば松周辺の水位が下がり、うまくいけばひろば全体の水位も下がるはず。
歩いていたら足がガクッと下がった箇所があった。
一度掘られて埋められた箇所である。
板を置き、バケツで地味に汲んで水路に流すという、肉体的にハードだが「そんな事やっても意味ないよ」なものである。
30杯毎に一度約2分程度の休憩をし、右向きから左向き、立ちから座りなど、やり方をいろいろ変えて約3時間…
「そんな作業しても意味ないよ」だが、一応水位は約5cm下がった。
陸前高田ひろば20191020044.jpg

陸前高田ひろば20191020045.jpg
濡れた砂利分水位が下がった。

濡れた幹分水位が下がった。
陸前高田ひろば20191020046.jpg 陸前高田ひろば20191020047.jpg

一応今週はずっと晴れの予報、水が少しでもなくなってくれたらいいな。


【おまけ】
今日は久々の肉体系作業だったので、帰りの運転中に尻と腿(ハムストリング?)、帰宅直後は腰?背筋?)、今は腕が筋肉痛になっている。
あっはっは!若い若い! ← 明日朝地獄を見る
posted by イワガタ at 22:48| 岩手 ☁| Comment(2) | えんやこーら岩手支部記録 | 更新情報をチェックする