【えんやこーら】 ※ 毎週末更新 ※
《『えんやこーら』とは》 2011.3.11の震災後、「頑張れ」の言葉が被災された方々の心を痛めていたので、誰かの為に自分が尽くすという意味で「えんやこーら」と言葉を変えて活動しています。 有志小団体としては2011.11月に赤い羽根共同募金様から助成金をいただき、2013年4月まで活動していました。現在は個々で活動しておりますが、「復興の土台作る!」という志は変わりません。宜しくお願いします。 記事はコチラ → えんやこーら岩手支部記録(459)

2019年12月01日

任務完了!そして・・・

約2ヶ月の看板かかし(?)としての役目を昨日終えた翔平かかし。
翔平かかし2019113001.jpg

肩幅に足を開き、まっすぐ立てたはずなのに、かわいらしく左膝が曲がっている。
(くしくもモデルとなったご本人も今年左膝手術している)
翔平かかし2019113002.jpg

かかしは持ち主が持って帰るという約束なのだが、どうやら息子かかしが一番最初にいなくなるようだ。
自宅から持ってくるのも一苦労だったが、雨水霜空気中の水分全部吸ってる息子かかしは凶器である。
まずは足の紐から外していく。
外しやすいように結んだはずが、引っ張る紐を間違えてギュウウウウウウ・・・

うあああああああ!

・・・

で、使う予定のなかった剪定ばさみで切る事になった。
胴体を結んでいる紐は2本、これがなかなか難しい。
腕がもげるのを防ぐ為にテグスで腕を吊っていた。
これに紐が幾重にも重なっており、何度も引っかかった。
そして何より胴体を支えている最後の1本を外すと凶器と化した息子かかしが傾き、容赦なくボディーアタックしてくる。
(傍目にはコントにしか見えないけど)
用心して外さなきゃ・・・
そして最後の1本、最後の1巻きが外れると・・・
予想とは反対側に傾く息子翔平かかし。
思わず左腕に自分の左腕を通し仲良しこよしのダンスでも踊りそうな体制に。

あら?意外とこの形で安定するのね・・・

このまんまズルズルと引きずりながら車の後方から押し込む。
あまりの重さに横のドアも開けて押し込まなければならなかった。
何とか積み終わり、運転席から横を見ると・・・

全く見えんわ

膝上から肩下までが浮いてる状態、この写真では心なしか顔が赤らんでいるようにも見える。
翔平かかし2019113004.jpg

正面からこんなのが来たら、真後ろの車がこんなのだったら、何事かと思うよなぁ・・・
翔平かかし2019113003.jpg

そしてひろば到着してすぐ干されたのである。
陸前高田ひろば20191130006.jpg

ひろば事務所で乾かした後どうしようかなぁと考えていたら、交通安全にちょうどいいから道路沿いに置いたらどうだとRっつぁんに言われた。
まっすぐな道路なのでスピード出した車がビックリするんじゃないかと言っていた。
う〜〜ん・・・ちょっと改造させて下さい ← 考えるんじゃなく改造かィ
posted by イワガタ at 20:54| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする