【えんやこーら】 ※ 毎週末更新 ※
《『えんやこーら』とは》 2011.3.11の震災後、「頑張れ」の言葉が被災された方々の心を痛めていたので、誰かの為に自分が尽くすという意味で「えんやこーら」と言葉を変えて活動しています。 有志小団体としては2011.11月に赤い羽根共同募金様から助成金をいただき、2013年4月まで活動していました。現在は個々で活動しておりますが、「復興の土台作る!」という志は変わりません。宜しくお願いします。 記事はコチラ → えんやこーら岩手支部記録(459)

2020年02月05日

Oh!

何年ぶり・・・いや何十年ぶりだろうか。
錠剤サイズのハゲが出来た。
幸いなのは髪の量が多く、あまり目立たない事。
記憶にあるのは学生の頃同じように突然ハゲが出来た時、前日にその場所がこぶ出来た時みたいに痛くて、その痛みが取れたと思ったらハゲてた事。
今回もハゲた箇所を触って『あれ、そういえばココって数日前痛かったような気がする』と思った。
ストレスによる一時的なものと思われる。
以前はそのハゲ部分を(風吹けば見える位置と大きさだったので)油性ペンで塗って約1週間で産毛が生えてきたのだが、そんなアホな事をイイ歳こいた大人がやるのも何だなぁと思う。
しばらくは経過観察かな。
写真?UPするワケないぢゃないか!
posted by イワガタ at 22:12| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年02月04日

この違いは何なんだ

先日東京日帰り弾丸ツアーをした姉の私、一方一昨日大阪へ日帰り弾丸ツアーしたのは弟。
共に夜行バスを利用して帰路に着いたのだが、同じような状況だったのに弟はメルヘンチックだった。

私が乗ったのは普通の夜行バス、左の最後尾で横だけでなく前方もカーテンで仕切られ、リクライニングが120度・腰クッションもあって、本来ならばぐっすり眠れるはずだった。

一方弟は予約はしたがどんなバスかは調べておらず、いざ乗車という時に2階バスの2階部分乗車と知る。
「わぁ〜!2階バスなんて初めてだ!ワクワク!」とやや興奮していたのだが(←この辺の子供っぽさはさすが兄弟と思う)限られた車高で座席も作らなければならない為、弟のサイズ(一般男性サイズ)では小さい。
リュックを上の棚に置こうとしたらダウン置くのがやっとの薄さ、仕方なく足の下に置こうとしたが、どうしても通路に荷物がはみ出してしまう。
仕方ないので足元に荷物・リュックを抱っこという形で過ごす事に。
3列の真ん中の席で、右側が女性専用・真ん中と左側は野郎どもだったらしいが、真後ろや斜め後ろ・斜め前は空いてるのに弟の周りはまるでオセロのように人が埋まっていた。
そして野郎どもがいびきをかきはじめる。

私が乗った時はいびきかく人はいなかったが、無呼吸症候群ぽい人がいて、時々「ふがぁっ!」っていうのは聞こえた。
足の下に荷物を置いてエコノミー症候群にならないように足を出来るだけ高くしようとしていたが、前の席の人が思いっきり座席を倒そうとしてきた為に足が荷物と座席に挟まれ、降りる10分前まで下半身の動きが取れないという事態になった。
足に余裕があれば横を向いたり膝立して眠れたはずなのだ。
あの時椅子蹴ればよかったと後ほど後悔するのであった。

弟も同じように荷物とリュック(←自分の荷物)に挟まれエコノミー症候群になるんじゃないかと思いながら寝ようとしていた。
何度かウトウトしていたが、いびきがうるさく、身動きも取れないので、ぼや〜っとした世界で人魚になって大海原を泳ぐ夢を見たらしい。

男の人魚??

人面魚ではなく人魚だった、と言っている。
ちょっと想像したくはないが。
足が動かせなかったのと荷物に挟まれて血流でも悪くなって冷たくなってたんだろうか。
そういった面では足元はポカポカ暖かかった私の方がマシだったのかもしれない。
帰宅後、私も弟も泥のように寝たところは同じなのだが、なぜ弟の方がメルヘンちっくな夢を見たのか。
私なんか夢すら見れなかったんだぞ!PAで何度も停まったのも覚えてるし!
この違いは何なんだろう・・・。
posted by イワガタ at 22:22| 岩手 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年02月03日

頑張れペットボトル加湿器

昨年11月頃に購入し、一昨日くらいまで実によく噴き出してくれていたペットボトル加湿器。
水蒸気の噴出口の掃除をしたら水蒸気が出なくなった。
芯は取り替えたばかりだし、拭いただけなのに何が悪かったのか…。
昨日も頑張って水拭きしたりクエン酸で拭いたりまいぺっとで拭いたりしたのに、まるでお線香のようなほっそーい水蒸気が出るだけ。
新しい加湿器買おうかな・・・
と思いつつ買い忘れて帰って来てしまった。
どうせお線香みたいな水蒸気しか出ないんだと思いながらスイッチONしたら、焼き鳥の串1本くらいにはなっていた。
金曜日くらいになったら割りばし1本くらい(元に戻る)になってないかなぁ。
せめて3月くらいまでは頑張って欲しいものだ。
posted by イワガタ at 22:20| 岩手 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年02月02日

頑張れパンジー&ビオラ

昨日ひろばから持ち帰った一部のパンジー&ビオラ。

D7A4359D-D5C9-4285-ACA2-98DBF21FEC53.jpg


こちらは我が家で留守番していた兄弟苗。

DD6D647F-028F-470D-BAC4-6052489D4E7E.jpg


こんなに差が出てしまった。
まだひろばには箱に入らなかった苗が4〜6個ある。
立春過ぎてから寒気が入って真冬日予報も出てる今、すごく心配である。
まずはひろばから持ち帰ったこの子達が無事大きくなってくれるか、毎日観察しなければ。
今週行った時に残りの子も回収しなくちゃ!
頑張れパンジー!頑張れビオラ!
posted by イワガタ at 21:20| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

えんやこーらという名で陸前高田・ひろば再構築編10

週間天気予報が週末になるにつれて晴れ予報から雨予報になった。
でもやる事(やりたい事)はたぁーっくさんあるのだ!
集中的に2週間毎日ぶっ続けで作業でもしない限り作業は終わらないのだ!(=無理)
予報と実際はちょっと違い、小雨がパラッと降って虹がぽわ〜っと出たくらいで基本は曇りで推移した。
雨だと思って作業内容を花壇の雑草取りに変更しレインスーツにしたのだが、雨に濡れる事はほぼなくいつものウエアでよかったなぁと思った。

いつもの位置

陸前高田ひろば20200201001.jpg


入口キンモクセイと寒菊

寒菊もピンクが最後、今日は初めて切り花として持って帰って来た。
陸前高田ひろば20200201002.jpg 陸前高田ひろば20200201003.jpg


ハーブガーデン

何となくローズマリー(生きてる方)も色が悪い。
陸前高田ひろば20200201005.jpg 陸前高田ひろば20200201006.jpg


家族の花壇

シバザクラの周りにかけた微生物や虫たちが分解して作った良い土がすごく目立つ。
シバザクラに良い効果があればいいんだけどな。
陸前高田ひろば20200201007.jpg


季節の花壇

陸前高田ひろば20200201008.jpg

アジサイ・ブルー&ピンクエリア

ピンクは瀕死の状態だったので葉のようなものが1個ついたこれでもすごく嬉しい。
陸前高田ひろば20200201010.jpg

ブルーは心配なし。
陸前高田ひろば20200201011.jpg


クリスマスローズエリア

クリスマスローズを結わえてたのだが、2日くらい前の暴風警報に負けたのかぺちゃんこになっていた。
先週植えてくれた方が来てくれて支柱を立ててくれた。
ありがとうございました!
陸前高田ひろば20200201012.jpg


無限大エリア

陸前高田ひろば20200201013.jpg

よくよく見たらアグロステンマの他にもキンギョソウか何かの芽も出ていた。
写真は安定のアグロステンマ。
陸前高田ひろば20200201014.jpg

ジャーマンアイリスエリア

土も株も落ち着いたようだ。
陸前高田ひろば20200201015.jpg 陸前高田ひろば20200201016.jpg


ロボ花壇

ここには毎年アリが巣を作る。
薬剤を使わずアリを通路に引っ越しさせるにはどうしたらいいのか模索中。
家にいる兄弟分のパンジーとの成長差が広がる前にと、とりあえず5個積んできた。
寒さに強いと思ってたけど、やっぱりマイナス5度ギリギリの屋外(日差しはたっぷり)よりは屋内の日の当たるところの方がいいのか、実験も兼ねてみよう。
陸前高田ひろば20200201017.jpg 陸前高田ひろば20200201018.jpg


石造花壇

ツツジ・花菖蒲共元気!
陸前高田ひろば20200201019.jpg


R♡Iガーデン

雨予報じゃなかったらココの嵩上げ2段目やってた。
それもたぶん2段目だけじゃなくてっぺんまでやって終わってたと思う。
ヒジョーに残念だ。
陸前高田ひろば20200201020.jpg

スイセンはみんな寒さにビビって「おおぅ・・・」状態。
嵩上げした時に枯れた雑草を敷いた効果か、雨が降っても土がいつまでも濡れてる事はなくなったようだ。
陸前高田ひろば20200201021.jpg 陸前高田ひろば20200201022.jpg


フラワー花壇

ほんの少しづつではあるが、花菱草の芽が成長してる事を確認出来た。
たくさん撒いたはずなんだけど…春になったら芽が次々出て来るって事はないのかなぁ。
陸前高田ひろば20200201024.jpg 陸前高田ひろば20200201026.jpg

陸前高田ひろば20200201025.jpg 陸前高田ひろば20200201027.jpg


東大寺学園花壇

今月雑草取りするからねーっ!
陸前高田ひろば20200201028.jpg


サザンカ花壇

赤サザンカの花芽、もうかなり経つけど開花する気配がない。
このまま風で落ちるのもかわいそうなので寒菊と共に切って部屋に飾っている。
咲くといいなぁ。
ベビースイセン…掘ろうかな…。
陸前高田ひろば20200201029.jpg 陸前高田ひろば20200201030.jpg


海側松の花壇

心配していた通り、5本目の松が暴風に煽られて根が浮き始めていた。
そして幹を支えていた丸太は見事に転がっていた。
陸前高田ひろば20200201032.jpg 陸前高田ひろば20200201031.jpg

お得意(?)の松タックルで丸太を戻そうとしたが、なにしろ海側の根が浮いてる状態なので先に浮いてる根を丸太で抑える事にした。
そして2本のか弱い支柱で幹を固定、何とか頑張ってくれー!
陸前高田ひろば20200201034.jpg


沈丁花

お変わりございませんね。
陸前高田ひろば20200201033.jpg


さて本日は到着早々新聞記者さんに話しかけられるというハプニングがあり(この件は気が向いたら話そう)、午前は全く作業出来なかったのだが、何と2つの花壇の雑草取りがザックリながらも完了するという結果には大満足である。
一番寒い時期に一番筋肉使う作業が出来るぞー! ← ?

枝垂れ桃

秋咲サフランが要所要所にいたので最初は気にしながら刈っていたのだが、イネ科との違いは針葉である事。
根切り鎌のギザギザした刃からその葉はスルリと抜けるので、よほど刃の角度が悪くない限りは切ってしまう事はない。
途中からは安心してザクザク切っていたら、なーんと昨年の水没時に土の流れもあったらしく、ボコボコとした凹凸になっていた部分の凹にいた秋咲サフランの葉を五分刈りにしてしまった。
誰もいないところで

「わぁあ!ごめーん!」

と言ってしまった。
そんな枝垂れ桃花壇

Before
陸前高田ひろば20200201004.jpg
  ↓
After
陸前高田ひろば20200201035.jpg

そして残りの時間で出来そうだった花壇はこちら。
シバザクラのところの雑草が酷いのだが、『芝』という事も考えてレーキでザクザク梳かす感じで枯れた部分をとった。
四季咲きナデシコは3本あったうち1本が残念な結果になっていた。
彼岸花(リコリス)はほぼ等間隔で青々とした葉をつけていたので作業しやすかった!
そんな海とみんなの花壇

Before
陸前高田ひろば20200201023.jpg
  ↓
After
陸前高田ひろば20200201036.jpg

さーて、来週は雑草取り・嵩上げ・穴掘り、どれやろうかな。
posted by イワガタ at 22:10| 岩手 ☁| Comment(0) | えんやこーら岩手支部記録 | 更新情報をチェックする