【えんやこーら】 ※ 毎週末更新 ※
《『えんやこーら』とは》 2011.3.11の震災後、「頑張れ」の言葉が被災された方々の心を痛めていたので、誰かの為に自分が尽くすという意味で「えんやこーら」と言葉を変えて活動しています。 有志小団体としては2011.11月に赤い羽根共同募金様から助成金をいただき、2013年4月まで活動していました。現在は個々で活動しておりますが、「復興の土台作る!」という志は変わりません。宜しくお願いします。 記事はコチラ → えんやこーら岩手支部記録(472)

2020年07月31日

激動の7月

今日は母方祖母の命日、13回忌にあたる日である。
約2週間前、この日まで保つかなと不安にもなったが、父は低い位置で安定している。
やはり心と身体に波があり、自分で感情がコントロールできなくなる事があるようで、今日は看護師さんに八つ当たりしてしまったようだ(母談)
脳に転移したとはいえ、放射線治療で無害にはなっていて、思ったり考えたりするのは4月頃までと何ら変わらないので、思うように手足が動かず、言葉が伝わらない事にイライラしてるのだろうと思う。
そして常に終わり≠意識していれば、「いい人」ではいられないんだろうとは察する。
ここをイマイチ分かってやれない母が、父の言動をフォロー出来ずにオロオロして、自分にも怒鳴ると言って私に愚痴る(そして帰りの車内で必ず泣く)
母には自身の体重体形のようにブレずにドスンと構えていて欲しいのだが、今この役割は私になっている。
いろいろな事を、他の人が苦とならないように自分が取捨選択する事、それが自分の役割だと思っている。
これからどれだけこの状態が続くかは分からないが、祖母が亡くなったこの日を生きてくれた父に感謝。
ご先祖様、自分はどうなってもいいし、与えられたこの状態を精一杯頑張るしかないけど、どうかたくさんの人に支えられてる父を見守って下さい。
posted by イワガタ at 23:09| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年07月30日

平常

昨日遂に岩手でもコロナウィルス患者が出た。

緊急事態宣言の時みたいに、人々の動きがピタッと止まるんじゃないか(学生そろそろ夏休み入ってるし)
お店が臨時休業し始めるんじゃないか
今まで行かずに我慢してた人達が一斉にPCR検査しに行ったりするんじゃないか

そしてこんな事も想像した。

「うええ!盛岡で出た40代男性とその同僚たちってウチの会社の人だったんかい!」

実際は皆、元気に出勤していた。
人通りも普通だった。
多かったのは川を流れる茶色の水だけ。

今日も病院に行った。
低い位置ではあるが2週間前の状態に比べたら元気そうに見えた。
リハビリもしてるし、食事の量もほんの少しずつだが増えているように思う。
目標も立ててるし、食べられるようになってきたのだから、己の生きようとする細胞のチカラと現代医学を信じて頑張ろうぜ!
posted by イワガタ at 23:07| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年07月29日

岩手・遂に陥落

新型コロナウィルス感染者が遂に県内から出てしまった。
4連休に関東地方のキャンプ場に3人で滞在、友人の1人が感染したので、濃厚接触者としてPCR検査したら陽性と出たらしい。
職場の同僚5〜6人も濃厚接触者として検査中との事。

アウトドアじゃん!と思ったら、同じテントにいたらしい。
そりゃ濃厚接触者だわ。

そんな今日、母を回収して病院から帰ると、玄関には山のように物が置かれていた。
中には千羽鶴が…

え?どなたが?

と思ったら、うちで去年から預かっていた赤ちゃんのご家族から父へお見舞いだった。

父本人には見せられないが、ありがたい。

EDDB7CE4-8299-4EC4-A6E9-CEBF4CEC46D0.jpg
(御守りは私が年始に買ったもの)

父は愛されてんなぁ。



posted by イワガタ at 20:40| 岩手 ☁| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年07月28日

ドラレコ

父の車を毎日運転して約2週間、父の車をぶつけないようにと気を付けて運転していたのだが、さすがに慣れて来た。
別に気が緩んでいたわけではないが、父のドラレコが割と頻繁に

ピーッ

と鳴って強制保存する。
同じドラレコを使ってるので設定を変更してしまえばいいのだが、特に運転を変えてる訳でもなく、何であまり振動してないのに保存されちゃうんだろう?そして何で結構ガコッ!って衝撃あった時は保存されないんだろう?と思っていた。
全部が全部というわけではないが、助手席に母が乗ってる時に道路の穴の上を通過する(なるべく避けてはいる)時に強制保存される割合が高い事に気づいた。
運転席側の私がガコン!という衝撃あっても保存されにくいという事は、センサーは助手席側にあるんだろうか。
もう2年半行動を共にしている相棒の方が自分的に緊張なく運転している(カーステカラオケするくらい)のにほとんど強制保存ないのに、やや緊張しながら運転してる父の車で強制保存が多いのはなぜだっ!

@助手席の母が重いので段差の衝撃が大きく感じる ← 濃厚
A相棒より父の車は視界が低く、なかなか段差が事前に発見しにくい
B相棒のシートが最新のものなのでクッション性がよい
C振動感知センサーの数値が高くなっている?

Cの可能性を探るべく、明日ドラレコいじってみようと思う。
posted by イワガタ at 23:25| 岩手 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年07月27日

思い立ったらまっしぐら

いのしし年生まれの母、思い立ったら即行動・猪突猛進がこれほど似合う人はいない。


仕事帰りに病院に寄る話をした(弟と交代で…の予定だったが、弟が仕事でなかなか身動き取れなくなる為、私が主に通う事となる)
母は「分かった。帰る時に連絡して。もしかすると病院で待ってて乗せてもらうかもしれないから」とハッキリ言った。
「洗濯物は火曜日まとめて持って来れるようにしておく」とも言っていた。

夕方
「今から病院いく」とLINEの家族グループにメッセージ投下。
なぜか父からグループ電話着信 ← 誤操作と思われる
母からは「コインランドリー行きたいから早く帰ってきて」とメッセージが来る。
明日私が持って来れるようにまとめてるんじゃないんか?と思いながらも既に病院のt駐車場に着いてるので、とりあえず父のお見舞いをする事にした。
父が呂律回らないながらも「おっかちゃんが洗濯物乾かすから早く帰って来いってよ」と言ってたので、滞在時間5分であっという間に退室。
駐車場で「今からそっち行く」とメッセージ送る。
母から「雨あがって晴れたから自転車でコインランドリー行ってくる」と返信。
どう見ても我が家の辺りも雲がかかって雨が降っていそうな空である。
ちゃんと雨雲レーダー(←アプリ入れている)見てから行ってるんだろうか、と思いながら自宅へ到着すると、やっぱり雨は降っている。
「雨降ってんじゃん。迎えに行こうか?」とメッセージ送ると「お願いします」と母から返信があった。
コインランドリーに行くと、自転車は我が家の1台のみ。
ほら見ろ言わんこっちゃない!と思いながら、母の希望で荷物とスマホだけ受け取って母は自転車で帰ってきた。
風邪引いたら私ら兄弟今よりもっと動けなくなるから!と注意した。
だが、母はその事を全く聞いてない挙句、こんな爆弾を投下してくれた。

「病院の中にコインランドリーあったから、そっちでやってくればいいよねぇ!」


早く言えぇええええ!← 16日から洗濯物の事だけで結構頻繁に往復している
posted by イワガタ at 21:20| 岩手 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年07月26日

心理テスト・問題外?

楽しい事が思い浮かばない今日この頃、ネタは心理テストくらいしかない。

13A468BE-714E-4F5D-8BD1-B4DE7FADE206.jpg

A79253B1-E9FB-4959-AD31-C2349F40D8D1.jpg

蕎麦湯の入れ物ですが…

問題外なようで…。

後から考えると注ぎ口が逆向きか。
あはははは!← 高級料理店や飲み会行ってない事バレバレ
posted by イワガタ at 21:40| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年07月25日

そう来るか

母が本日朝早く美容院に行った。
私のように髪を切るタイミングを逃していたらしい。
その話を聞いていたので、その送迎も頼まれていた。
休日なのだが母の美容院送迎・父の見舞い送迎・洗濯・買い物・夕飯作りと、休んでる時間はほとんどなかった。
母の美容院への送迎を考えて「早起きしなきゃ」と思ってたら、ヘンな夢を見た。

自分の頭を取って自分でヘアカットしてるのだ。

「あ、斜めになってる」
「ココの毛の流れ酷いなー」
「あれ?左右の長さ違ってる」

と頭部をぐるぐる回しながら髪を揃えているが、冷静な自分がふと降臨した。

あれ?自分の頭が手元のコレだとすると、目は何でココ(今見えてる位置)にあるんだ?
・・・あー夢か、なるほどねぇ・・・

今にして思えば何をもって『なるほど』と納得したのか。

その答えを求めて夢占いサイトに書き込んでみた。
すると…


今ある日常に刺激や目新しいものを求めています。

毎日の生活に退屈さやマンネリ化しているように思えたり、つまらないもののように感じ
ているのかもしれません。
あるいは、苦痛に感じ嫌気がさしている場合もあるでしょう。
何か楽しいことはないか、おもしろいことはないかと何かを求めているようです。
しかし、待っているだけではないですか?
自分から変えようとしていますか?
求めるばかり、待っているだけでは簡単に変化は訪れません。
環境を変え、何かを得るにはあなたの力も必要です。

楽しみを探そうと意識し常にアンテナをはって生活してみてはどうでしょう。
習慣化されたことにも、ちょっとした工夫で変えていくことが出来るかもしれません。
色んなことに関心を持ち、興味のあることには自分から進んで飛び込んでみることです
あなたの積極的な行動も必要です。


これ以上刺激や目新しい事は必要ないんですが・・・。
posted by イワガタ at 20:50| 岩手 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年07月24日

えんやこーらという名で陸前高田・vs雑草軍 熱気むんむん編再び

明日土曜は天気が悪い。
行くなら金曜なのだが・・・なのだが・・・。
父の具合が悪くなった昨日、高田に行く事を諦めかけていた。
だが、いつもならこういう時に真っ先に反対する母が

「土曜日天気悪いから明日行って来たら?」

と言ってくれた。
そして今朝、父のお見舞いに行ってみると、うつらうつらしているものの、昨日よりは体調が良さそうだった。
母と弟が

「主治医の先生や看護師さん来ると元気になるんだよ」← 聞き分けがよく元気っぽく見せる

と言ってたのを目の当たりにした。
腹水が思ってたよりも溜まってなかったので、本日抜く予定だったが抜かずリハビリ頑張るとの事。
そして父からも言われた。

「陸前高田、行ってこい」

非日常の今、日常らしいといえば私が週末陸前高田に行く事。
帰宅後、自分もそうだが、周りが皆今日を『土曜日』と思い込んでしまい

今日はこの番組やらないのかー・・・あ、今日金曜か!
何で今日この番組やってんの?あ、金曜だった!

9年間続けていればこういう事も日常のサイクルとして刻み込まれるもんなんだなと思った。
きっと高田の出会った皆さんも曜日感覚狂っただろうなぁ。

関係ないかもしれないが、今日はひろばの獣たちもヘンだった。
畑に足を入れると、オレンジ色の獣が猛スピードで防獣ネットに突撃していった。
私の目の前で3度アタックし、数メートル離れたところの防獣ネットにも数回アタックし、畑の奥の方へと消えていった。
ネコだった。
カラスにはカーカーうるさく鳴かれ、近づくのだがなかなか飛ばず、睨みつけながら近づくと2〜3メートルというところで飛び立つというのを3回繰り返した。
たまたまなのか・・・?

さてひろば。
陸前高田は涼しく、隣の大野海岸は多くの方々が訪れていた(海開きはない)
地中の水分が捌け切ってないので、草丈までしゃがむとモワッと感じる。
今日もサクサク行きます。

いつもの位置

手前側結構雑草取ったんで風景変わるかなと思ったが大して変わんなかった。
Before
陸前高田ひろば20200724002.jpg
  ↓
After
陸前高田ひろば20200724037.jpg


入口キンモクセイと寒菊(後方にひまわり)

陸前高田ひろば20200724003.jpg

陸前高田ひろば20200724004.jpg


枝垂れ桃

陸前高田ひろば20200724005.jpg


ハーブガーデン

陸前高田ひろば20200724006.jpg


家族の花壇

陸前高田ひろば20200724007.jpg 陸前高田ひろば20200724008.jpg


季節の花壇

ココの雑草取りをやった。
陸前高田ひろば20200724009.jpg

アジサイ・ブルー&ピンクエリア

陸前高田ひろば20200724010.jpg

クリスマスローズエリア

Before
陸前高田ひろば20200724011.jpg
  ↓
After
陸前高田ひろば20200724033.jpg

無限大エリア

Before
陸前高田ひろば20200724012.jpg 陸前高田ひろば20200724013.jpg
  ↓
After
陸前高田ひろば20200724034.jpg

陸前高田ひろば20200724035.jpg


ジャーマンアイリスエリア 撮影なし


キバナコスモス・ひまわりエリア

陸前高田ひろば20200724018.jpg


ロボ花壇

劇的変化はこの花壇が一番分かりやすいかも。
Before
陸前高田ひろば20200724014.jpg
  ↓
After
陸前高田ひろば20200724036.jpg


テスト花壇

陸前高田ひろば20200724015.jpg


石造花壇@

陸前高田ひろば20200724016.jpg


石造花壇A 撮影なし


グラジオラス花壇

陸前高田ひろば20200724021.jpg


ファイト花壇 撮影なし

畑のとうもろこし

低い位置で花咲いた。
収穫時期に来れないかもしれない事を告げ、数人にとうもろこしの事を託した。
陸前高田ひろば20200724017.jpg


R♡Iガーデン

陸前高田ひろば20200724019.jpg 陸前高田ひろば20200724020.jpg


海とみんなの花壇

陸前高田ひろば20200724022.jpg

陸前高田ひろば20200724023.jpg


フラワー花壇

陸前高田ひろば20200724024.jpg


東大寺学園花壇

陸前高田ひろば20200724025.jpg 陸前高田ひろば20200724026.jpg


サザンカ花壇

陸前高田ひろば20200724027.jpg


海側松の花壇

陸前高田ひろば20200724028.jpg


地下水位調査用の穴『Qoo』

陸前高田ひろば20200724029.jpg


沈丁花

陸前高田ひろば20200724032.jpg


Rっつぁんとの共同プロジェクト・道路沿いにひまわり計画

写真でもいいから、父に花が咲いてるところ見せられるかな。
(Rっつぁん・Kさんには父の病状を既に先週話している)
陸前高田ひろば20200724031.jpg


排水君

機能した痕跡はあったが、土が流れた痕跡もあり、穴を塞ぎかけていた土を取り除いた。
陸前高田ひろば20200724030.jpg


来週どうなるかな・・・。
posted by イワガタ at 21:27| 岩手 ☁| Comment(0) | えんやこーら岩手支部記録 | 更新情報をチェックする

2020年07月23日

もちこたえて

午前中、父のお見舞いに行った。
昨日と違って、体調悪い時に発する

うううう うう ううう う

という、つぶやきのような声を発しながら横になっていた。
熱を計ってみたが36.2℃で熱はなかった。
むしろ入口で簡易体温測定器で計った私の方が36.9℃で係員さんにビックリされた。
休日なのでリハビリは日に1回、作業療法士さんが来るのを待っていたが、点滴の看護師さんの方が先に来た。
大人しく点滴打ってたのだが

「腕が寒い」

と言ってタオルケットを右手に掛けていた。

「足が冷たい」

とも言い始めたので母がタオルをお湯に浸し、ビニールに包んで足を温めていた。
私は運転していて直射日光当たって熱くて仕方なかったので、発熱体(?!)として父の足を手で覆ってみた。
冷たかったので手のひら的にはちょうどよかったが、体調の悪さは何となく察した。
何もやる事がないので約2時間後に私だけ荷物を持って先に帰宅した。
寝苦しくて3時くらいまで眠れなかった事もあったのか、室温30℃に達した部屋で汗をかきながらいつの間にか寝ていた。
弟から着信があったようだった。
父が38℃の熱を出しているという事だった。
4時間前まで平熱だったのに!
お腹を壊してるのが原因なのか、腹膜炎の影響なのかは分からない。
着替え持って行く、シーツやタオル持って行く、と母に連絡するも、母はあまり焦ってる様子はなかった。
看護師さんが解熱作用の点滴を打ってくれたようで、37℃まで下がったというのを聞いた。
着替えは弟が買って持って来てくれたらしい。
予断を許さない状態である事を改めて気づかされた。

父の釣り仲間からメッセージが来たらしい。
8月2日、釣りのお誘いである。
行けないのは分かっているが、家族以外からの声は父にとって嬉しいと思う。
それと同時に、よく聞く最期に近くなると人を呼ぶ≠ンたいなものなのかと思うと辛いところである。
連れていけたらなぁ。
posted by イワガタ at 20:01| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年07月22日

たもつ

父、緊急入院から1週間経過した。
実はこれだけでも奇跡に近いものがあったりする。
何も食べられなくなり、衰弱していった父が絶食状態から少しずつ食べられるようになり、今はリハビリを始めている。
細胞の生きようとするチカラに感動し、覚悟してるであろう父の心を思うと苦しくもある。
こうなるなんて思ってもみなかった2〜3週間前、この4連休のうちの1日、弟と私が交代で運転して父がよく行ってた山田町・船越の海を見せ、よければ船頭さんとお話出来たらと思っていた。
叶わないだろうな…なんて思っていたらダメなんだと思いはじめた。
写真や動画なんか映りたがるような父じゃないのに、10秒程度だが作業療法士の方に撮影してもらい、頑張ってる父の姿を見て思った。
1ヶ月前の体調まで戻らなくてもいいから、このまま少しずつでも良くなり、食べて動けてラクになってくれればと思う。

改めて思うのは、医療従事者の方々の気遣いが有難い事。
ピリッとした空気をまとってる人もいるらしい(母談)が、多くは患者にも家族にも親身になって話を聞いてくれるし応えてくれる。
そして頻繁に体調確認の為に病室に来てくれる。
安心して任せられる。
家族の1人として、この病院・主治医さん・看護師さん・作業療法士さんに出会えた事を嬉しく思う。
これからも宜しくお願いします。
posted by イワガタ at 21:53| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年07月21日

初心者マークのミラクル

父の見舞い(&タオルケット交換)の為、相棒ではなく父の車で出勤している。
なぜ父の車なのかというと、相棒の前に父の車が停まってる為、出し入れが毎朝面倒だという事と、なぜか父が自分の車を運転してる事を喜んでるという理由があるからだ。
ドラレコの音声OFF設定にしたので、何となく運転してて慣れては来ているが(独り言をどうしても言ってしまう)、時折相棒の運転とごっちゃになってエンジンスタートボタンを探してしまったり、バックミラーにアラウンドビューモニターがない事でバック駐車に苦戦したりしている。
でもそんな混乱は初心者マークの人達からすれば微々たるものである。

信号待ちしていた。
前の車は軽自動車、初心者マークがピッタリ貼ってあるあずき色の車だった。
ナンバープレートの横に、ポールに当たったと思われる縦のへこみがあった。

やらかしてんなぁ

前の車のバックミラーに運転手の顔の一部が見えた。

女性か・・・

何やら車内で動いている。
運転に集中していればいいのに・・・と思いながら、交差点の信号が替わり始めているのでタイミングをはかっていた。
正面の信号が替わるのを待っていると、前の車の初心者さんが急に助手席に身体を傾けた。
まるで下に落ちた何かを取るように。
すると一瞬、ハザードランプが点灯し、晴れてるのにフロントワイパーが動いた。
私は

ここで急にバックしてくるんか!
と焦り、父の車に傷つけたくないと思ってギアに手を乗せてしまった。
その初心者さんは何事もなかったかのように進んでいった。
後から考えてみると、一瞬ハザードついたようにみえたのは、ギアをパーキングに入れて停車してたからだと推測出来た。
(オートマであればパーキングからドライブにギアチェンジする際に一度バックを通過する。 P→B→D)
身体が傾いた事と、ワイパーが動いたのはよく分からない。
その後再びその車の後ろで停車したのだが、クリップボードのようなものを鞄に入れるような様子が見えた。

いいから運転に集中しようぜ・・・
posted by イワガタ at 22:57| 岩手 ☁| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年07月20日

まただよ…

この手の心理テストでは、私という人間は問題外なのかもしれない。
攻撃力も勇者にもなれないのか。

D780ECCB-C85D-4B75-A3D4-AB22D75C8CB8.jpg
0CD7A006-EB41-4643-A46B-66B32AEF9BD2.jpg

座薬ですが、何か?
posted by イワガタ at 21:24| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする