【えんやこーら】 ※ 毎週末更新 ※
《『えんやこーら』とは》 2011.3.11の震災後、「頑張れ」の言葉が被災された方々の心を痛めていたので、誰かの為に自分が尽くすという意味で「えんやこーら」と言葉を変えて活動しています。 有志小団体としては2011.11月に赤い羽根共同募金様から助成金をいただき、2013年4月まで活動していました。現在は個々で活動しておりますが、「復興の土台作る!」という志は変わりません。宜しくお願いします。 記事はコチラ → えんやこーら岩手支部記録(472)

2020年09月30日

あぁ〜分かる分かる

お昼に見ていたネットニュースで
あぁ〜分かる分かる!

ってのがあった。
相手に内緒でプレゼント贈ろうとしてるのに、どうしても中身を書かなきゃならないもどかしさ。
この人も小さな葛藤と闘ったのだろう。

EEDF811B-E5FD-45DA-ACFD-98FDCA6A4665.jpg

分かる!
気持ちは分かるぞー!
posted by イワガタ at 20:42| 岩手 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年09月29日

クラクション難しい

父の車をほぼ毎日運転している。
私としてはまだしばらく置いていた方がいいと考えてる(防犯の意味含む)のだが、弟の車置き場が必要になりそうとの事で、考えている時期より早く父の車がいなくなりそうなのだ。
なくなる前に車を動かしておこうという事と、母から買い物を突然頼まれる事がある為、車通勤しているのだ。
父がこの車を乗り始めたきっかけは、私の勤続祝いのお金を使って行った北海道旅行で、父が恐らく前から気になってたFITをレンタカーに指定し、運転して気に入った事で、旅行から帰った翌月には買い替えていたのだった(しかもある日突然)
元々乗ってた車も中古だったが、前のオーナーさんがオーディオに約60万掛けてたらしく充実しており気に入ってたのだが、もう年取って大型の車は運転したくないと思い切って変えたようだった。
結局父はシルバーマークもつけず、「次はゴールデンカードだ!(←ゴールドカードと言いたかったんだと思う)」になる事もなく亡くなったのだった。

って話がどんどんそれてしまったが、帰り道でよく分からないタイミングで誰かがクラクションを鳴らした。
中央線のない細い道でこちら側数台(私は前から2台目)・対向車数台がすれ違う時で、お互いノロノロと走行していた時に、どの車がどの車あるいはすれ違う自転車に挨拶なのか警告なのか何の意味で鳴らしたか分からないのだ。
ただ分かる事は私が運転する車の真横か斜め後ろでクラクションが鳴ったっぽいというだけ。
だから自分に宛ててるわけではなさそうなのだが、音の大きさやどのミラーで見ても何に対してどの車が鳴らしたか分からなかったけど、何となく

私、何かやったか?

という気持ちになった。
父の車は今でも『父の車』の意識があるので安全運転しているつもり。
速度は出さない・車間距離あける・追い越しはしない・軽自動車との違いを意識・・・と、細心の注意をしながら運転してるのだが、周囲でクラクション鳴らされる事が何度かあるので気になっている。
それにクラクションはこういう意味で周りを不快な思いにさせる事があるので極力使わないようにしている。
誰が何に向けてどういう意味で鳴らすのか。

よくあるのが踏切で対向車が後続の車を気遣ってこちらにライトでピカピカッと合図して譲ってくれた時に鳴らす、ありがとうの意味のクラクション。
どのくらいのチカラでプッと軽く鳴るのかが全く分からない(どの車に乗っても分からない)
ハンドル中央の、自動車メーカーマークの上付近を押せば鳴ると免許取りたての時に教えてもらったが、押し方が悪いのか、ビッ!と結構大き目の音量で鳴らせてしまう事が度々あった。← 押した本人が音量にビックリするレベル
かといって弱すぎて鳴ってるか鳴ってないか分からない事があって慌ててお辞儀した事もある。
ちなみにチョップしてみたらボコッというハンドル叩く音しかしなかったので結局お辞儀になった事も付け加えておこう。
という事で最近は明るいうちなら譲られたらすれ違う時に手を挙げて「ありがとうございます」の口をしてお辞儀というスペシャルコースになっている。
父の車も相棒の車もクラクションはほとんど鳴らす事がない(どんな音なのか記憶に残ってない)
鳴らさないような運転が一番だよなぁと思う。

そうそう、陸前高田でクラクション鳴らされる時は大抵知ってる人とのすれ違い。
私が作業中に鳴るクラクションは誰かが私を呼ぶ合図である。← 飼い犬が遠くに走って行ったのを呼ぶレベル
posted by イワガタ at 21:53| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年09月28日

ドラレコの役目が・・・

記憶の底に埋めてしまうところだった・・・。
一昨日のえんやこーらで陸前高田に行った時、何やら催眠術にようなものを掛けられてるような気がした。
ふと前を見ると、軽自動車の後方に

ドライブレコーダー録画中

のステッカーが貼ってある。
その斜め上でブーランブーラン揺れてるものがある。
信号待ちで停止した際、吸盤が窓から外れたリアカメラがケーブルで大きく揺れてるのだと気づいた。

なるほど、これが催眠術の正体か! ← 違!

私は割と後方を見る方なので(リアワイパー交換をお願いしたら驚かれたレベル)気づくかなぁと思いながら必死に

取 れ て ま す よ

とジェスチャー付きで何度かアピールしてみた。
対向車がもしかしたら気づいてたかもしれない・・・が、私に催眠術かけようとしてた運転手さんはバックミラーも見ないのか全く気付かない。
信号も2回停まり、恐らく8回くらいは

取 れ て ま す よ

やったと思うのだが、運転手さんはピクリとも動かない。
カメラ映りも気になったので、左に頭をかしげてVサインや手を振ったりしてみたが、ウケない芸人さんのように周りは全く反応しないし、運転手さんも気づいてくれない。
そんな事をしているうちに、アバッセ高田(嵩上げ地に出来た商業施設)に曲がって行った前の車。
気づいて直してくれたらいいんだけどな。

もし私の車がぶつかってしまったとして

「ドラレコで撮影してるから!」

と提出されたリアカメラが上下に激しく揺れていて、しかも相棒と私は横向きで必死に何かを訴えていて・・・を長々と見てるうちに酔う人が出てきそうだななんて考えてしまった。
それだったら私のドラレコのフロントカメラの方が証拠になるよなぁ・・・。
ま、安全運転がイチバンデス。
posted by イワガタ at 21:07| 岩手 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年09月27日

ビオラの成長

予定より半月遅れで種まきしたビオラ。
店頭では既に花の咲いたパンジーやビオラが売っているのだが、彼らは冬に咲き続ける子達であり、来春から夏前まで咲き続けるうちの子とは違うんだと思ってはいるものの、やはり何だか焦ってしまう。
うちの子はまだようやく双葉🌱の段階だ。

604B3160-19B1-4062-8AB6-5A717330F00E.jpg

ビオラ イエローチャーム

2D6CB5E2-B5F8-4DDF-B92F-5360E045D804.jpg0EA8BA38-CF9F-4257-8F5B-511119DD83B3.jpg

ビオラ キューティー

EA76829B-FBE5-4900-AE62-D13DF71E55D0.jpgEA5204CE-16CD-4CD7-B20A-30DFB71E3096.jpg

イエローチャームの方が発芽率高い。
もしかすると黄色の花を咲かせる植物は強いのかなとも思う。
ともあれ、天気も気温も微妙なのに発芽してくれたのは素直に嬉しい。


posted by イワガタ at 20:39| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年09月26日

えんやこーらという名で陸前高田・vs雨水 排水溝追加編 ← タイトルだけで作業内容バレバレ

昨日の風雨は台風から変わった温帯低気圧の影響で凄かった。
沿岸各地で暴風・高波・大雨洪水・土砂災害などの警報が出ており、お松(松の花壇)と排水溝の心配をしていた。
天気予報とは異なり、終始曇ベースだった今日、あちこちで強風の爪跡が残っており、途中からはラジオの内容が頭に入らなくなる程ひろばの事を考えていた。


いつもの位置

なぜか動画で撮れてたので載せられない。


入口キンモクセイと寒菊

雑草vs寒菊→寒菊の勝ち!
陸前高田ひろば20200926001.jpg


枝垂れ桃

桃は和風花壇の1つ残して全部落下していた。
陸前高田ひろば20200926002.jpg


ハーブガーデン

ローズマリー全滅っぽい。
原因はどれだろう?←候補ありすぎ
陸前高田ひろば20200926003.jpg


家族の花壇

風で倒されてからの復活なので花が咲くまで時間が掛かるのかと思いきや、風で花びらや蕾がボロボロになってる事が分かった。
でもコスモスはその花の儚げな姿と違って倒れてもむっくり起き上がるワイルドなヤツなのであまり心配はしていない。
陸前高田ひろば20200926005.jpg

陸前高田ひろば20200926006.jpg

」←こうなってる
陸前高田ひろば20200926007.jpg


季節の花壇

陸前高田ひろば20200926008.jpg

無限大エリア

花壇らしいエリアはココだけ。
やっぱりジニアはかわいい!
陸前高田ひろば20200926009.jpg 陸前高田ひろば20200926010.jpg

一部ジニアに覆いかぶさるように伸びてるコスモスがいる。
まぁーなんと茎が太い太い!
陸前高田ひろば20200926011.jpg


ロボ花壇

キバナコスモスは予想通りほぼ全て風で散っていた(普通のコスモスより花びらが脆い)
陸前高田ひろば20200926012.jpg


テスト花壇

やっぱり増えてるマリーゴールド。
今日はモンキチョウ2羽がひらひら飛んでいた。
陸前高田ひろば20200926013.jpg

陸前高田ひろば20200926014.jpg


石造花壇@

大量のマリーゴールドはいずこへ?
陸前高田ひろば20200926016.jpg

黒土の良いところへと引っ越したキンモクセイ、今年こそ花を付けてくれるかと期待して近づいてみたら、見た事ないものがついていた。
ひょっとしてこれが花になるのか・・・?
陸前高田ひろば20200926017.jpg

陸前高田ひろば20200926018.jpg


R♡Iガーデン

何事もなければ先週の続きやる予定だった。
まぁでも先週の作業後の写真よりは諸々吹き飛ばされた分、スッキリして見えるようになった。

先週
陸前高田ひろば20200919027.jpg

今日
陸前高田ひろば20200926019.jpg

こっちのコスモスもワイルド。
陸前高田ひろば20200926020.jpg

以前の無限大花壇(ボランティア花壇内で一番低い箇所)で、この直径1.2mほどの大きな水たまりを見たので、作業内容が排水溝になった。
陸前高田ひろば20200926021.jpg

そういえば葦の発生を抑える為に、ファイト花壇下に竹を入れたのだが、水たまりにならず無事ソバの実も取れたのだが、葦のファイトには負けてしまっていた事をふと思い出した。


海とみんなの花壇

先週1つだけ見つけた彼岸花は無残にも折れ、他に2つ低い位置で咲こうとしてる子を発見した。
陸前高田ひろば20200926022.jpg

陸前高田ひろば20200926023.jpg


フラワー花壇

雑草のフラワーばっかり咲くなよ!(泣
陸前高田ひろば20200926024.jpg


東大寺学園花壇

スタンダードピンクのコスモスだと思ってたら、ふちがピンクの白いコスモスだった。
・・・って、この写真じゃ分からないけど。
陸前高田ひろば20200926025.jpg


サザンカ花壇

排水溝のおかげなのか、間近に大きな水たまりはあるものの、今年はまだ水没していない。
陸前高田ひろば20200926026.jpg

すぐ傍の、ひろばで最も低い箇所
陸前高田ひろば20200926027.jpg


海側松の花壇

心配だったお松(松花壇の中で倒木の危機にある1本)は何とか耐えていた。
松ぼっくりがたくさん出来ていて、カサが開いて来た。
彼らも秋だと感じてるらしい。
陸前高田ひろば20200926028.jpg

お松
陸前高田ひろば20200926029.jpg


地下水位調査用の穴『Qoo』

予想通り『決壊』
陸前高田ひろば20200926030.jpg


沈丁花

沈丁花も下の方の葉がなくなってしまったが、周りのかぼちゃがなくなったせいか寂しくなっていた。
陸前高田ひろば20200926035.jpg


さて午前中は既に茎も抜かれていたひまわり畑の、残りの茎を抜いてまとめておいた。

午後からはいよいよ排水溝の見直しと追加。
水路沿いの土手下に作った目立たないが排水実績のある方の溝はちゃんと機能していた。
だが、父の容体が悪化して母から呼ばれた時に作ってた8/1溝は、途中まで水が流れて来ていて止まっていた。
途中まで・・・というか、部分部分に少量水が残っているところを見ると、根っこや石・瓦礫などで掘り切れなかった箇所で水が止まってしまったようだった。

↓ 水路土手沿いの溝はチョロチョロだけど機能している
←『Qoo』からの排水溝は水の流れが止まってる

陸前高田ひろば20200926031.jpg

陸前高田ひろば20200926032.jpg

一応チョロチョロと排水はしていた。
陸前高田ひろば20200926034.jpg

陸前高田ひろば20200926033.jpg

排水の穴周りの土を除き、水がドッと来ても大丈夫なようにしてから、溝の掘り直しをした。
かつて工事会社の仮事務所があった傍だし、水路工事車両や水路清掃の車両が入った事がある為、土台になる敷石が敷き詰められている。
剣スコップや鍬が当たり、何度もカーンという音を立てながら水を含んで重くなっている土や砂を掘り、何とか8/1溝の方からも水が流れるようにした。
陸前高田ひろば20200926041.jpg

そしてサザンカ花壇横の水たまりよりも手前側にある、直径3mほどの水たまりから排水の溝を掘り進めた。
全体が水没してる(というか、わざと低い場所『Qoo』を作ったので、水がそこに溜まりやすくなっている)ので自分がまっすぐ掘れているのかも、どの深さで掘っているかも分からない手探り状態だった。
それはこの写真を見てもらえば分かると思う。
陸前高田ひろば20200926040.jpg
(これでも水は引いて来て溝が分かる方なのよ・・・)

新しく掘った穴と溝(→側)が前回掘った溝と合流して土手沿いの溝へ排水(↓側)、処理しきれない水は8/1溝(→側)で捌く。
奥の〇は『Qoo』
陸前高田ひろば20200926039.jpg

水が水路に排水される前に溜める場所はうさぎみたいになっちゃったので『溜めうさぎ』とでも名付けようか。
陸前高田ひろば20200926042.jpg

排水の勢いが増してきたので泡が立つ。
陸前高田ひろば20200926037.jpg

勢いも増す。
陸前高田ひろば20200926036.jpg

来週までにある程度捌けてるといいなぁ。
posted by イワガタ at 22:48| 岩手 ☁| Comment(0) | えんやこーら岩手支部記録 | 更新情報をチェックする

2020年09月25日

一気に秋

「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通りお彼岸入る辺りから岩手は急に気温が下がり始めた。
そして今日は温帯低気圧のせいで強風、夜なのにコンクリート路面にヘッドライトの反射で雨筋の強弱が分かる程、天気が荒れている。
内陸でこんな状態だから、現在暴風警報出てる沿岸はもっと酷い事になってると容易に想像出来る。
ひろばの松花壇の斜めに傾いてる松が気になるし、雨も結構降ったので水がちゃんと捌けてるか気になる。
一応明日はR♡Iガーデンの雑草取り続きの予定なのだが、場合によっては水捌けの方に変わるかもしれない。
父からもらった雨合羽(アウトドア用3個生前にもらっている)が、ほぼ毎週活躍している。
これからは秋の長雨(去年はこの時期3週間ひろば水没してたなぁ・・・)と言われてるくらいだから、水捌け用の溝は今より長く作らなければならないのは分かっている。
さて、明日の作業はどうなるかな?←行く気満々
posted by イワガタ at 23:27| 岩手 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年09月24日

嵐が来る前に

台風12号から変わった温帯低気圧が接近してる為、屋内に避難させた。
1つ芽🌱が出始めたら次々出てくる。
A9075140-A77B-4092-BE0D-AC4D9B649F4B.jpg

ビオラ イエローチャーム
19243DA1-E694-4F53-9FAB-9F3A27520C0D.jpgC8C0CCE6-C57F-4FEF-A7DD-0EA2D44990B9.jpg

ビオラ キューティー
A9EC2817-C204-40DD-96B4-167FC5E3B464.jpg18428EC3-793E-4188-A4A8-8D1873D9D3C9.jpg

あんなに暑かったのに、急に秋になった感じ。
でもこの子達にはちょうど良い気温である。
種から育てると、苗で売られている子よりも小さく育つのだが、花は長持ちしてくれる。
今年ポテンシャルを発揮出来なかった子達の分まで長く多く咲いてくれよー!
posted by イワガタ at 20:54| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年09月23日

届かなかった思いと届いたもの

父のデジタル系遺産を一気にもらった(継いだ)のだが、調子の悪い私のデジカメに代わって父のデジカメを使っていて、バッテリー充電できなくて困っていた。
父の部屋には取説とデジカメ本体(バッテリー&SDカード入り)しかなく、肝心のバッテリーチャージャーがなかった。
父は購入したものは基本的に箱ごと取っているのだが、デジカメに限っては箱そのものがない。
箱の中にそのバッテリーチャージャーが入ってる可能性大なのに・・・!
そこで、亡くなってから1度だけ夢に出て来た父(しかも声のみ)に聞くしかないと思い、四十九日法要で仏様になるまで、毎日

お父さん、デジカメのバッテリーチャージャーはどこ?

と拝みながら聞いていた。
だが、母の夢の中には何度か出て来てるらしいが(真夏にニット着ていたという矛盾が夢らしい)私の夢には釣った魚を教えてくれただけで、バッテリーチャージャーについては教えてくれなかった。
そこで仕方なく密林にて中古のバッテリーチャージャーを購入した。
思いは届かなかったが、思ってたものは届いた。
出品者と配達してくれた方に感謝である。

そうそう、父が亡くなってから何人もの方とお話させていただいたが、やはり皆一様に

「ドラマや映画のように美しく亡くなる事なんてない」

という。
父もホントはかっこよく逝きたかったと思うのだが、目は半開きで瞳孔開いていたのか瞳の一部が白く丸い点になっていたし、口呼吸が精一杯だったので口は開けたまんま、身体は既に死後硬直始まって左手は結局組めなかった。
一見すごく辛そうに見えるのだが、苦しい様子もなくスーッと亡くなった。

「ワシの部屋の金庫に・・・お金が入ってる・・・金庫の暗証番号は・・・」

みたいな話も出来なかったし。

「今までありがとう」

みたいな話も出来なかったが、最期涙のようなものは右目から流れてた(ネットで調べたら涙ととらえれば美しいけど実際は受け入れられなかった点滴が目から溢れたものなどの事が多いと聞いて冷静になってしまった)
いやー、残された人たちが大変にならないように、何か書き留めておいた方がいいだろうなぁ。
posted by イワガタ at 22:26| 岩手 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

芽が出たよ!

先週撒いたビオラ、1か月近く発芽に時間が掛かるのかと思ってたのだが、昨日まで何も出てなかったのに、水やりして1日経過した今朝、芽が出ていた🌱
0EE5A6F3-AFE1-45A4-A18D-FDFD7889DCF2.jpg

ビオラ・イエローチャーム

AFC904CE-EB28-4B59-852E-D9847CC93F00.jpg

F001CA47-5DE4-4A0D-A894-C327EDD82BFE.jpg

ビオラ・キューティー(紫と白)

62CFB51D-87D3-4422-9369-86F0B39BE286.jpg

この連休、予報に反して穏やかで過ごしやすい晴れの天気になった事も良かった。
これからスクスク育って、来春可愛らしくひろばを飾ってね!
posted by イワガタ at 13:00| 岩手 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年09月21日

油断

今年4月頃から、腹回りの肉付きが良くなったような気がしていて、6月の人間ドックで過去最高体重を叩き出してしまった事で、間食回数を控える策を立てていた。
平日の職場では、昼食以外フラフラになるまで間食はしない(飲み物も飲まない)ので、帰宅後の夜9時までの間のおやつ量を減らした。
土曜は肉体的にハードだし、ブログ記事書いてる時は(没頭して)あまり間食しないので現状維持。
日曜、祝日の無防備状態は大幅に替えてみた。
酷い時は朝食と昼食の間に間食、昼食と夕食の間に間食、夕食後9時までに間食となかなか消化器が休まらなかったのだが、これを『昼寝』という習慣をつけて絶対食べない時間を作る事で、平日と同じ夕飯後の間食のみに抑える事にした。
簡単に昼寝出来る時もあれば(しかも3時間くらい)、ただ横になるだけでほとんど眠れない(15分くらいは記憶ないけど)時もあるが、間食少なくなった事で体重は少し落ちたような気がする。

だが今日・・・
何か調べものしようとしてパソコン見ていて、ふと気づいたらポッキーを1袋(パーティーパック)食べていた。
10本くらいだとは思うが、無意識に取り出しポリポリ食べてた自分にビックリした。
急に太る事はないだろうけど、無意識に食べてると母のようになってしまうので気をつけねば・・・。
posted by イワガタ at 22:20| 岩手 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年09月20日

四十九日法要

本当は明日が父の四十九日にあたるのだが、早すぎず遅すぎずの本日、四十九日法要が行われた。
久しぶりに朝から夕方まで人の出入りがあってバタバタした。
昨日は腹痛、今日は午後から片頭痛で、何でこういう時に体調悪くなるのかなと苦笑いである。
(動けない程ではないので、話聞いてるようで聞いてない母に代わって相変わらず私が指示しながら動き続けている)

新型コロナ感染拡大防止の意味も含め、身内だけの極々少数での法要となった。
葬儀の際の、草履薄皮事件があったので、今回も『母が』何かやらかしそうだと思っていた。
和尚様がお経を唱え、焼香開始と同時にそれは起きた。

記憶にあるマナーとして、和尚様の後ろを通って祭壇向かって左端で和尚様に一礼
  ↓
焼香台前で、ご本尊、遺影、位牌に一礼
  ↓
右手でお香をつまみ、軽く左手を添えて額にあてるようにして念じてから焼香
  ↓
1度目に焼香したお香のそばに2度目・3度目の焼香(2度目以降は横にスライドする形で焼香)
  ↓
数珠を手にかけて合唱
  ↓
祭壇向かって右端で一礼し席に戻る

だったと思うのだが、母はいきなり右側からショートカットする形で祭壇に向かって行った。


えええええ・・・


と思ったのだが、弟も続いてしまい、私だけぐるーっと遠回りするわけにもいかないと思って

すみません
すみません

というお詫びのおじぎも含めながら拝んだ。
(他の人よりおじぎ回数多かったはず)
法要が終わり、位牌や遺影などを持ち帰る為に布で包む際、絶対に下に置くなと言われてるのに母は遺影を思いっきり床に置いた。
これにはさすがの弟も

「ダメだって!」

と声を上げて遺影を持ち上げた。

食事会も家族と伯母の4人+お世話になった方々へ折詰弁当という形をとらせてもらった。
父には父の特別なメニューのお膳を用意した。
事前に「故人の好きだったものを教えて下さい。サービスで1品つけます」との事だったので、メモ程度に

桃 洋なし たこわさの寿司(←ホントはコレが本命だった)

と書いておいていた。
却下したものとして父が好きだった食べ物は

かりんとう アクエリアス 焼酎紅乙女 ヤクルト 焼きイカ(マヨネーズで食べるのが大好き) ローソンのおにぎり・鮭ハラミ(海釣りで必ず買っていた) 稲荷ずし

などもあった。
これはー・・・
一段落したので、これから仏壇の方に少しずつ置いていこうと思う。

お任せした結果、洋ナシ2個が届いた。
洋ナシもね・・・実は陸前高田・産直はまなすで売ってる「ビーチ」という品種が大好きだったんですよ・・・
なんて細かい指定は出来ないし。
父が産直はまなすに行った際、自分で食べたいと思って買ったものがコレだったので、毎年買っていたのである。

さて
2ヶ月ぶりの部屋、作業していた机に遺骨も遺影も戻った。
父もきっと落ち着けるだろう。


父よ・・・

渡哲也さん
斉藤洋介さん
岸部四郎さん

たぶん空のどこかの道で見かけると思うよ。
それにしても個性的な俳優さんが続けて亡くなってるなぁ。
posted by イワガタ at 22:10| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

えんやこーらという名で陸前高田・vs雑草 秋のよそおい編

変わりやすい秋の天気、雨→曇→晴れ(今朝)と見事に変わっていった。
父のおかげだろうか。
そんな明日は父の四十九日法要、長かったな・・・。
伯母からぶどう2箱受け取り、Rっつぁん・Kさん宅へと配達、陸前高田・産直はまなすで花を買い、頼まれてた商品を受け取る。
帰りはKさんから(四十九日法要の時に食べる用の)雁月(BIGサイズ)という岩手のお菓子をいただく。
雁月は全国に普通にあるお菓子だと思ってたが、陸前高田に通うようになってから、岩手と宮城だけのお菓子だと学んだ。
雁月と黒糖蒸しパンの区別つかない自分に妙に納得したっけ。

さて秋晴れの過ごしやすい1日、立ってると風が心地よいのだが、日差しはジリジリしていた。
今日は完全防御態勢なので日焼けする事はなかった。


いつもの位置

清々しそうでしょっ!(雑草はウザイけど)
陸前高田ひろば20200919001.jpg


入口キンモクセイと寒菊

寒菊の健やかなる成長(たぶん昨年より10cmは伸びてる)に感動する。
陸前高田ひろば20200919002.jpg


枝垂れ桃

父のデジカメだと梅干し大の桃の実もちゃんと写るようで・・・。
陸前高田ひろば20200919003.jpg 陸前高田ひろば20200919004.jpg


ハーブガーデン

元気なのはレモンバームだけ・・・か・・・。
陸前高田ひろば20200919005.jpg


家族の花壇

先週の強風で根元から折れないようにと筒を置いたら、もっと酷い事になってた。
ごめんねコスモス、でもその生命力には本当に拍手を送りたくなるわ。
陸前高田ひろば20200919006.jpg 陸前高田ひろば20200919007.jpg


季節の花壇

陸前高田ひろば20200919008.jpg

無限大エリア

草丈低い代わりに枝分かれしてたくさん花を付けてくれてるジニアがかわいくてかわいくて!
最後少し周りの雑草を取って陽当たり良くさせてみた。
たくさん種をこぼしておくれ。
陸前高田ひろば20200919009.jpg 陸前高田ひろば20200919010.jpg


ロボ花壇

来年はこぼれ種からもっとたくさんのキバナコスモスが咲くんだろうな。
陸前高田ひろば20200919011.jpg


テスト花壇

不思議だなーっと思うのが、雑草取りして残ったマリーゴールドは記憶にある限り3本。
しかも葉っぱも1本につき5枚あるかないかの瀕死状態。
なのに・・・
毎週花が増えて行ってるのが不思議だし、嬉しい。
陸前高田ひろば20200919012.jpg

陸前高田ひろば20200919013.jpg

ただし街の花壇でよく見る小さくてカワイイ感じ(父のお見舞いに行ってた頃、道端の花壇で咲いていた)ではなく、直径4〜5cmの割と大きい花を付けてるので、もし切り花なんかにして持ち帰ったら菊と間違われそう。


石造花壇@

今年もキンモクセイは咲きませんか・・・?
陸前高田ひろば20200919014.jpg


海とみんなの花壇

一見、雑草しかないように見えるのだが・・・
陸前高田ひろば20200919016.jpg

こ、これは・・・ひょっとして・・・
彼岸花?
陸前高田ひろば20200919018.jpg


フラワー花壇

今年、この花壇に何も咲かせられなかった事をすごく悔しく思う。
陸前高田ひろば20200919019.jpg


東大寺学園花壇

まだ青々としてるので分かりにくいが、コスモスがしっかりと成長している(画面左側)
スタンダードなピンク一色のコスモスだったような記憶。
陸前高田ひろば20200919020.jpg


サザンカ花壇

今年は太陽たくさん浴びられてよかったね。
陸前高田ひろば20200919021.jpg


海側松の花壇

傾いてる松が若干葉を枯らせ始めているのが気になる。
陸前高田ひろば20200919022.jpg


地下水位調査用の穴『Qoo』

一度水位が増した痕跡が。
いやーしかし・・・ぬるそう。
陸前高田ひろば20200919023.jpg


沈丁花

下の葉がなくなったけど元気そう。
周りのかぼちゃは収穫されたそうだ。
陸前高田ひろば20200919026.jpg


水捌け用溝

ちゃんと働いてるのか、ただ湿ってるだけなのか・・・。
陸前高田ひろば20200919024.jpg


Rっつぁんとの共同プロジェクト・道路沿いにひまわり計画





ないいいいい!

陸前高田ひろば20200919025.jpg

台風来る前に切ったそうだ。
雨に濡れたので外で干してるとスズメが種を食べにくるらしい。
ひろばのひまわりには来ないぞー。


さて今日の作業は

R♡Iガーデン

花壇ではなく、ただの盛り土雑草ワンダーランドになっていた。
まずは草丈高いヤツを抜くか切るかして全体を低くしてみた。
逃げていくバッタやカマキリを見ながら、この子達の命も短いなぁなんて思った。
蜘蛛やダンゴムシもたくさん見かけたが、奴らは越冬するので。
なぜか途中から胃が痛くなり、しゃがんでるのが辛くなってきた。
そういう時は中腰や立って少し休んだり、脇に寄せていた刈り取った雑草を集めて1箇所にまとめたりしていた。
何かが発酵して苦しい感じの痛さなので、時間が経ってくると『あ、今ココ通過してるわ』と腸の一部がゴロゴロなったりしていた。
数日前からの不調なので痛みには慣れてるのだが、まさかひろばでこうなるとは思わなかった。
昨日病院から薬を処方してもらったので、1週間様子見る事にしている。
そんな感じだが、一応半分弱は雑草取り出来た。

Before
陸前高田ひろば20200919015.jpg
  ↓
After
陸前高田ひろば20200919027.jpg

来週になったらもっと分かりやすくなってると思う。

今日は管理人Sさんの奥様から差し入れとお線香いただいた。
板金屋さんからも缶コーヒーいただいた。
Kさんからはいろいろいただいた。
皆さま、本当に気遣っていただき、ありがとうございます。
posted by イワガタ at 22:00| 岩手 ☀| Comment(0) | えんやこーら岩手支部記録 | 更新情報をチェックする