【えんやこーら】 ※ 毎週末更新 ※
《『えんやこーら』とは》 2011.3.11の震災後、「頑張れ」の言葉が被災された方々の心を痛めていたので、誰かの為に自分が尽くすという意味で「えんやこーら」と言葉を変えて活動しています。 有志小団体としては2011.11月に赤い羽根共同募金様から助成金をいただき、2013年4月まで活動していました。現在は個々で活動しておりますが、「復興の土台作る!」という志は変わりません。宜しくお願いします。 記事はコチラ → えんやこーら岩手支部記録(459)

2011年03月13日

被災3日目にしてようやく…

父が退院し、帰宅して約1時間後の出来事だった。
弟と私が誕生日の父にサプライズの退院&バースデープレゼントをし、喜んでくれていた。

がた…
がたたた…だだだだだだだだ

すぐに強い揺れは来た。
背後で大きなものが落下、目の前ではコンポの上にある写真たてや小物が落下し、引き出しは自然に開いてきた。
鍵をかけてなかった窓は揺れで左右共自然に開き、外を見ると電信柱がうねっていた。
父と私の車は前後に駐車してたのだが、揺れでかなり激しく接触していた。
目の前で日常の光景が瞬く間に変わっていった。
かなり大きな地鳴りも聞こえたので、初めて『これは尋常じゃない』と感じた。
柱の近くに行き、窓からベランダに出てみた。
何が落下してくるか分からなかったし、床が抜けるかもしれないと思ったからだ。
だが怖くはなかった。
大きな揺れと共に停電したものの、パソコンそのものはバッテリーで動いてたので、雄也さんの歌が掛かってたからだと思う。←唯一の日常
長かった。
201103111448000.jpg201103111458000.jpg

一通り全部落下したので後片付けをしようとするも、数秒後にまた大きな揺れがあり、なすすべなく小1時間大きな余震の揺れに身を任せる感じであった。
地震嫌いの母は大号泣、退院したばかりの父が頑張って抑えてた為に台所の棚の食器は中で2つ割れただけに留まった。
夕方5時頃にはパソコンのバッテリーも20%以下になり(TV見てたせいか?)やむなくOFF。
父が入院した時に欲しがってたラジオ(結局入院中はほとんど使わなかった)と、「こんなに使う事はないだろ」と思いつつお買い得で買ってきた単3電池10本が活躍の時を迎えた。
頻繁に来る余震(約30秒〜1分置き)、唯一無事だったのは水道だけだった。
反射式ストーブがあったので何とか温かいものが食べられるし暖も取れる。

被災初日.JPG

「災害時にこのライトじゃあふざけてるよね〜」

なんて言ってたペンライト(写真中央の青いもの)と、ゆやさんBirthday Liveで用意し未使用だったサイリウムが役に立つだなんて思わなかった。
こうして本当にささやかな父退院&Birthdayの宴をした。
せっかく退院してきて米を食べられると思ってた父、まさか退院してまでお粥だとは思いもよらなかっただろう。(メニューはおかゆとうどんとケーキ)
ラジオから得る情報だけを頼りに、頻繁に来る余震と闘いながらかなり早めの就寝をした。
…のだが…
母に呼ばれて茶の間に行くと、父が頻脈でうずくまってしまっていた。
体力が戻ってないのに、巨大地震と度重なる余震で不安が頂点になったのだろう。
私が過去にもらった事のある薬(安定剤らしい)を飲ませてみた。
グッスリ眠れたらしい。
翌12日午前に父を連れて病院に行くと、緊急搬送されてくる未知なる数の負傷者を受け入れるべく、病院内待合室のイスを全部とっぱらって何十台ものベッドが用意されていた。
自分達だって家や家族や友人が心配だろうけど、助けられる命を救いたいという姿に何とも言えないくらいの切なさを感じた。
手伝えるものなら手伝いたいくらいだった。
父の主治医さんが来てくれ(もう姿見ただけで父にとっては精神安定剤的存在)診断して薬を処方してくれた。
病院も被災してるので生命維持する諸々や非常灯がついてるだけで自動ドアなどは手動である。
母が掃除の方に聞いたら床がうねっていたとの事。
帰りに父の車にガソリンを入れようとしたが、緊急車両用で一般車は一切給油出来ず。
以降、父の車は動かす事はなかった。
多くの方からメールや電話をいただくのだが、大変申し訳ない事に、こちらの電池の消耗が激しく、1台の携帯が見た目6割充電終えてメールを1通送信するだけですぐに残り20%切るような感じで充電がまるで追いつかない。
メールも一気に3〜4通が届く感じで、返事もままならない状態である。
我が家はまだ私が携帯充電池を持ってるから回して充電できるのだが、他のご家庭には充電池はおろか携帯そのものを持ってないとか携帯メールの使い方分からないなどのご年配の方もいらっしゃるので、安否の分からない方がいるというのも容易に想像がつく。
電池もローソクも売り切れ・ラジオなしという家もあり、恐らくここまで被害が大きくなってると知らない人もいるのではないかと思う。
私的に残念な事は、初日で半分以上バッテリー消耗したIPod touchは雄也さんからの力強い歌を再生してくれるチカラも弱くなり、最後には「バッテリー切れ」という表示と共に電源すら入らなくなってしまった。寂しい…。
我が家では玄関に設置してたサーチライトを茶の間に設置し(←30秒毎に動かないと消える)残り少ないローソクとペンライトと、なぜか2日間も輝いてるサイリウムと、いただいてたアロマランプで何とか長い夜を乗り過ごした。起きるとアロマランプはススを出して消えていた。
被災から3日目、余震にも慣れてしまい、私も両親も電車やバスの中で寝てるかの如くグッスリ寝てしまった。
幸いなのは初日夜に深々と雪が降り冷え込んだだけで日中晴れてる事くらいだ。
母と協力して手洗いで洗濯し(病院から持ってきたシーツやタオルが山ほどある)干した。
両親の携帯は既に電源すら入らない状態・私の携帯も常に電池僅かの赤い表示になったままで、もう今日で通信は限界だと思った。
ダメ元でちょっと離れたドラッグストアに行ってみた。
隣のスーパーには行列が出来ていたのだが、このドラッグストアはすんなり入れた。
単3電池10個入りを2パック・仏壇用ローソク(20分で燃え尽きる)と食べ物少々買うことが出来た!
家に帰り、ローソクを合体させ、一晩半くらいは持ちそうなランプを作って冷やしていた。
パソコンの起動音が聞こえた。
LEDランプが点灯した。

「電気来タ―――――――――――――――――――――――――!!」

急いで両親に伝えると万歳三唱(一家でやったのは生まれて初めてか?)さっそくTVをつけてみた。
ラジオだけでは分からなかった凄まじい光景にしばらく動けなかった。
震源地ではなく震源域という言葉を初めて聞いた。
他の国でも津波が観測されたという話も初めて聞いた。
電気や電池がないとどれだけ情報に疎くなるのか、我が身で知った気がした。←これでも近所ではかなり情報知ってた方だと思う
今もまだ瓦礫の下にいる人もいる。
毛布もなく張ってる幕を切り分けて、ただただ救助を待ってる人もいる。
炊き出しのコンロのガスが尽きてしまったところもある。
食料がない避難所もある。
何か出来る事があれば…。
posted by イワガタ at 18:18| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
電気、戻ったんですね。良かった。
お父様も大事がなくて良かったです。
まだ遠方からでは何もできませんが
何かお役に立てる事があれば連絡してくださいね。
Posted by ナツ at 2011年03月13日 22:18
電気が通った事をTVで見ました。でも、まだまだ電力は少ないとの事ですね。

明日から、電力の計画停電が始まります。

何も出来なくて・・ではなくて、なにができるかだと私は思います。

出来る限りの事をやりたいと思います。
Posted by るい at 2011年03月13日 23:07
とりあえず電気が戻って良かったですね。お父様も良かったです。まだまだ大変な状況だと思いますが一日も早く日常の生活に戻れますように。
こちらも今日は計画停電で電車が止まったりイロイロ混乱しそうな感じですよ。
Posted by ぎんぺい♪ at 2011年03月14日 07:51
まーうささん、本当に大変でしたね。
でもお怪我がなくてよかった・・・
お父様も退院直後でお体が心配ですが、
とにかく、電気が復旧して本当によかったですね。
くれぐれも余震にはお気をつけて・・・
Posted by ちびくま at 2011年03月14日 10:46
電気が復旧して良かったですね!!
ずっと気になっていたんです。
あと、反射式ストーブがあったのも良かったですね。
今後も予断を許さない状態だと思いますが、無事に乗り切れるようお祈りしています。
お父様もお大事に・・・。
Posted by まりも at 2011年03月14日 13:24
とにかく皆さん無事でよかった!よかった!
Posted by コタロウ at 2011年03月14日 21:29
停電復旧して本当に良かったです。あとストーブで暖が取れていたことにも安心しました。
一家でまーうささんの所どうしてるかとても気になってました。

まだ不安な日が続きますが、くれぐれもお気を付けて下さいませ。
Posted by momi at 2011年03月14日 23:20
おおう!コメント2つと思ったらこんなにたくさん!!
本当にありがとうございます!
電気復旧した時の感動は一生忘れないと思います。食料もストックがあまりなく、最悪の場合は食べられる野草をどこからか取ってこようかと思ってたくらいです←よく考えればまだ何も生えてない
電池・ローソクは絶対必要です!!

コメントはまた後ほど書きますね!
Posted by まーうさ☆短いお返事ですm(_ _)m at 2011年03月14日 23:58
ナツさん

コメントありがとです!
空路も陸路も緊急車両のみとなってるので、これ以上被害が出ない事だけ祈っていただければと。


るいさん

コメントありがとです!
実はこちらも徹底的に節電してるんです。会社も主要箇所以外は電源OFF、街も信号と車のライトと家の明かりだけになってます。


ぎんぺい♪さん

コメントありがとです!
以前住んでた地区は断水で大変だったようです。
ちなみに鉄道は今日から一部区間運転再開になりました(盛岡―花巻間)


ちびくまさん

コメントありがとです!
父は呼吸量が8割に減ってるせいか、咳き込む事が多くなりました。身体を冷やさないように、且つ少しずつ体力回復させるように仕込んでます(何をだ?)


まりもさん

コメント&メールありがとうございます!
奥二重が二重になるくらい疲れが隠せなくなってるようです←母から指摘された
反射式が神様のようでした。あれで暖も取れたし煮炊きも出来たんです。


コタロウさん

コメントありがとです!
大きい地震は何度も経験してるんですが、なすすべなく落下するものを呆然と見てた(でも怖いとは思わなかった)のは初めてでした。


momiさん

コメントありがとです!いろいろ心配して声掛けて下さってありがとうございました!こちらで電池切れだったり発信&受信制限になってたみたいですいませんでした。県外からの物資の援助はどこかで滞ってるかもしれません。なので県内で日常生活戻った方々が持ち寄って救援物資を送る形にしてました。
Posted by まーうさ☆お返事です!( ´ ▽ ` )ノ at 2011年03月15日 23:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック