【えんやこーら】 ※ 毎週末更新 ※
《『えんやこーら』とは》 2011.3.11の震災後、「頑張れ」の言葉が被災された方々の心を痛めていたので、誰かの為に自分が尽くすという意味で「えんやこーら」と言葉を変えて活動しています。 有志小団体としては2011.11月に赤い羽根共同募金様から助成金をいただき、2013年4月まで活動していました。現在は個々で活動しておりますが、「復興の土台作る!」という志は変わりません。宜しくお願いします。 記事はコチラ → えんやこーら岩手支部記録(459)

2011年07月16日

エンヤコーラという名で大槌・河川敷清掃1日目

今週も行って来ました、大槌町河川敷瓦礫清掃エンヤコーラ!
ボランティアセンター、桜木地区のセンターもまだ機能しており、川を挟んで2箇所ある事が分かった。
桜木地区といえば、一番初めに大槌個人宅にエンヤコーラしに来た時の事を思い出す。
20110521大槌ボランティア (4).JPG20110521大槌ボランティア (13).JPG

あの時の奥様はどうしてるかなぁ…。
方向音痴の私が道を覚えた大槌・桜木地区、奥様宅付近を通過する度に気になってた。
午前の部が終わって皆様の後について歩いてたら…

あったー!!
リフォームしてるー!!

何だかすごく嬉しかった。
お会いしてご挨拶したいところだったけど、前向きに生きようとしてる奥様に震災の事を思い出させてしまう気がして、写真だけ撮ってその場を去った。←単なる怪しい人

さてさて、これだけ何回もエンヤコーラ行ってると、さすがに常連さんの顔が分かって来る。
今日は6/18・19にボラバスで隣同士だった【MOA美術館】の方とまたご一緒する。
(先週簡易トイレ前で再会してる←ウンがヨイ?)
そして私を浅岡さんと覚えてしまった山本班長(常連の皆さんからも「班長」と呼ばれ始めた)とも再会、盛岡市社協さんでの申込なので別なバスである。
よって今回は本来の苗字でエンヤコーラとなった。

今日は4ヶ月間、誰も何もしなかった河川敷の瓦礫撤去&清掃だった。
班長さんの携帯がアンテナゼロで使えないという事で、急遽私のスマホが連絡先となった。
地震速報アプリも入ってるので、通知が来たら他の方々に伝えたり、具合悪くなった人が出た時の連絡係を任された。
午前中私はガラスの破片ばかりを拾っていた。
とにかく塩害受けてるはずなのに、雑草君とアリ君、ダンゴ虫君が大量にいて邪魔だった。←常連のはしくれともなると「きゃあ!こわい!きもちわるい!」などの感情はなくなる(苦笑
砕けた外壁に付いてると

「はいはい、早く逃げないとあんたたち土のうになるわよ!」

毛布に生えた雑草なども

「はい、残念でした」

と根っこごとポイ。
とにかく目の前に広がる光景を何とか元に近い形にしたいので、サクサクと作業しなければならないのだ。

午後は川の中州に移動し、ブッシュと化した中から、自然に帰れないもの(釘のある木材・ビニール・ポット・畳・トタン屋根など)を拾って透明ゴミ袋に入れて土手の上の重機が入れる道へと運ぶ作業だった。
午後から急に日差しがキツくなり、ゴム手袋と七部丈が作業でたくしあがって五部丈になったTシャツとの隙間1.5部に容赦なくジリジリと焼き付ける。
SPF50よ、今こそその実力を!!と思いながら、途中で見つけた折れた釣竿をうまく使って瓦礫・ゴミを集めて土手にあげた。
もう班分けもなく、各団体毎の作業となった。
連休も手伝ってか、今回は関西の方が多かった。
そしてブラジルから来てくれた方もいた。
いや〜嬉しいなぁ〜!!
関西の方々は個人で来てる方々が、あっという間に仲良くなり、別の団体から聞こえる関西弁に引き寄せられるように手伝いに行ったりと(←デカいトタン屋根と畳があった。トタンは約20名・畳は14名で運んでた)フットワークよく作業していた。
しかも数時間前まで赤の他人だったとは思えないノリツッコミで、聞いてる周りが何だか和んだ。

「うわーモザイクだよコレ!」←成人向けの本発見と思われる
「おまえ好きそうやな〜」
「アホか!…でも泥邪魔や」
「見るなや!」

とにかく

「うおおおお!」
「あはははは!」

ばかりが反対側から聞こえていた。
…楽しそうだなぁ〜。

大阪から来たという保育士さんがいた。
3.11、大阪も震度3くらいの揺れだったそうだ。
縦横ではない、遊園地のティーカップの乗り物のような揺れに、昼寝中の子供達が起きて怖がらないようにと一生懸命守っていたそうだ。
子供を乗せて運ぶカートや防災グッズも出していたのだが、どうやら震源は関西ではなく東日本らしいと聞き、リアルタイムでTVを見てゾッとしたそうだ。
阪神淡路の記憶が甦ってきたらしい。
起きて来た子供が、先生達の緊迫した顔を見て

「先生、どうしたの?」

と言うので

「地震さんが来たんだよ」

と教えたら、じしんさんという誰かが来た=サンタさんが来た(クリスマスの楽しい思い出) と思ったらしく

「プレゼントくれるの?」

と返ってきて、その場が和んだとの事。
私もこの話を聞いて和んでしまった。
こういう話を聞けるのもエンヤコーラならではである。
今日は80名募集のところ、38名の参加だった。
明日は80人満員御礼らしいので、一気に片付くかもしれないな。


-----------------------------

気温30℃を超えるようになってから、ボランティア終了時に着替えが出来るようになった。
陸前高田では男女の作業終了時間をずらして着替えさせてもらった。
前回行った地区(何地区かド忘れ)では、しいたけ栽培センター奥に仕切りがあって着替えさせてもらった。
桜木地区は着替えるところがない。
なので陸前高田の時と同じように男女時間差で着替える事になった。
外国の方が、いつまで経っても上半身すぽーつぶらのままなのだ。
しかも席ではなく手すり部分に座っているので目立つ。
…いいのか?いいのか??KIGAE END??← 通じない
一番奥で着替えてた方が

「OKでーす!」

と言ってしまったので、野ざらしにされてた男性陣が中に入ってきた。
先頭の方が一旦引き返しかけた。
後続を見て行く決心≠固めたらしく、見ないようにして自分の席へと座る。
続々と入って来るが、チラ見してるであろうが見てないフリしてるのか、皆様の目線はすぽーつぶらを避けてうつむいて歩いていた(爆
中には二度見してから目を伏せてた人もいた。
彼女を連れてきた先生っぽい方が気づいて話しかけたので、彼女は汗だくになったTシャツをまた着ていた。
お国柄ですなぁ〜!
posted by イワガタ at 22:49| Comment(2) | TrackBack(0) | えんやこーら岩手支部記録 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんとにお疲れ様!ご苦労様でした〜!日本中いえ外国からも・・・頭がさがります。近くなら主人に身体ほぐしてもらうように頼めるのに〜あ!でも、まだまだ修行中の新米整体師ですが・よかったら!(笑い)
Posted by コタロウ at 2011年07月17日 15:11
コタロウさん

コメントありがとです!海外から来て下さってるのは本当に頭が下がります。誰かがたまたま持ってきてた「平成の大震災」の本を見せていたようですが、「ニュースでは見れない写真がたくさんありますね」みたいな事を言ってたようです。大学生さんだったかな?
整体はしばらく行ってないです。たぶんご主人が手こずりそうなくらいに硬くなってると思います(苦笑
Posted by まーうさ☆お返事です!( ´ ▽ ` )ノ at 2011年07月18日 17:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック