【えんやこーら】 ※ 毎週末更新 ※
《『えんやこーら』とは》 2011.3.11の震災後、「頑張れ」の言葉が被災された方々の心を痛めていたので、誰かの為に自分が尽くすという意味で「えんやこーら」と言葉を変えて活動しています。 有志小団体としては2011.11月に赤い羽根共同募金様から助成金をいただき、2013年4月まで活動していました。現在は個々で活動しておりますが、「復興の土台作る!」という志は変わりません。宜しくお願いします。 記事はコチラ → えんやこーら岩手支部記録(459)

2011年08月14日

お墓参り



震災後、初めてのお盆を迎えた。

「余震で祭壇がしっちゃかめっちゃかになってる」

と電話があった通り、周りの祭壇は倒れたり崩れてたのだが、父方も母方も祭壇は大丈夫だった。
父方のお寺は震災でいくつか倒れたり壊れたお墓があったようで、無縁仏と思われるお墓の整理もされていた。
父方叔父のお墓にあった茶碗が割れてた。
8月12日真夜中にあった余震でお墓から落下したものと思われる。


母方祖母の眠るお寺では、東日本大震災追悼の意味も込められた舟っこ流しの山車があった。

androidapp/3221108141826051135340139.pngandroidapp/323110814182548820601859.png

TV局の方が撮影に来ていて、カメラの手を休めたところに入って写真撮ろうとしたら、布に書かれた文字が読めない(Vの字になるので真ん中がくぼむ)
オロオロしてたらスタッフさんが

「やっぱ難しいんだな〜」

っと言いながら布の端を持ってくれた。
ありがとうございました!(よく見ると映ってる・笑)

何はともあれ…
今年の舟っこ流しへの想いは深いです。
posted by イワガタ at 18:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 携帯からGo! | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

この「舟っこ流しの山車」で、お迎えしていた人々を、またお送りするんですね・・・・。
今年は私も母の新盆を迎え、昨日法要とお墓参りをしてきました。
普通に見送った私でさえも深い思いを抱いた今年のお盆。
・・・尋常でない形で家族と別れた人々のことを思うと理屈ではなく涙が出てきてしまいます。

生きたかったたくさんの命のためにも、今を大事に生きていかなくちゃ・・・と思う日々。
まーうさちゃんも心と体を休めて下さいね!
Posted by ふう at 2011年08月15日 07:39
ふうさん

コメントありがとです!実は書いたお返事が消えちゃいました。あうううううううん(苦笑
本日いろいろな方々の魂が空へと帰ってゆきました。白龍の舟を見たら何だかふとふうさんの事を思い出し、ふうさんのお母様の事を想いました。
見えたかなぁ…。
今を大切に、本当にそう思います。
でも震災でかなり自分の中で価値観みたいなものが変わりました。
地元沿岸が片付いた時、私の心は休息になると思います。
Posted by まーうさ☆お返事です!( ´ ▽ ` )ノ at 2011年08月16日 22:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック