【えんやこーら】 ※ 毎週末更新 ※
《『えんやこーら』とは》 2011.3.11の震災後、「頑張れ」の言葉が被災された方々の心を痛めていたので、誰かの為に自分が尽くすという意味で「えんやこーら」と言葉を変えて活動しています。 有志小団体としては2011.11月に赤い羽根共同募金様から助成金をいただき、2013年4月まで活動していました。現在は個々で活動しておりますが、「復興の土台作る!」という志は変わりません。宜しくお願いします。 記事はコチラ → えんやこーら岩手支部記録(329)

2017年02月13日

サイン

繁忙期に入る数日前、後輩と2人だけで仕事する日があった。
女性特有の、本当の話から枝葉が伸びるように分かれてしまい、なぜか小学校の頃の話になった。
私も後輩もお友達と一緒にオリジナル漫画を描いていた。
後輩は「月刊〇〇」だったらしいが、私は「週刊〇〇(名前覚えてない)」だったので勉強や外遊び以外がムチャクチャ忙しかった。
それこそ某少年漫画のように見開き2ページを

「やったああああああ!」

みたいな感じで大きく使ったりしてごまかしていた。
そしてその頃、作者(自分たち)のサインを考えようという話にもなった。
後輩は呼び名があったらしく、そこからサインを考えたそうだ。
私は漢字もひらがなもカタカナもローマ字もどれもバランスが悪く、友達が考えたものも「適当感」があったので使わなかった。
大谷君は高卒時点で既にサインを書いていた。
誰かが考えたのか、自分で考えたのか分からないが、バランスもいいし分かりやすい。
雄也さんはチョット癖がある感じだけど力強い感じがして雄也さんの生き方そのものだと感じる。
私の場合、いくつか名前を持ってるので、どれでもいいから「自分です」と言えるサインがあったらいいなと思って、以前サイン自動作成サイトなどにアクセスした事がある。
竜巻みたいなものでさっぱり分からなかった。

皆さんは自分のサインってありますか?
posted by イワガタ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 大谷翔平君関連 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック