【えんやこーら】 ※ 毎週末更新 ※
《『えんやこーら』とは》 2011.3.11の震災後、「頑張れ」の言葉が被災された方々の心を痛めていたので、誰かの為に自分が尽くすという意味で「えんやこーら」と言葉を変えて活動しています。 有志小団体としては2011.11月に赤い羽根共同募金様から助成金をいただき、2013年4月まで活動していました。現在は個々で活動しておりますが、「復興の土台作る!」という志は変わりません。宜しくお願いします。 記事はコチラ → えんやこーら岩手支部記録(325)

2017年03月02日

トークショーに行ってきましたD

トークショーには全く関係ないが、実はこの日の朝左手親指と人差し指の付け根(靱帯損傷部分)中心に炎症したのか腫れあがって痛かった。
帰宅後鍼治療して痛みは治まった(腫れは若干残っている)
鍼がこんなに即効性あるものだとは知らなかった・・・。
トークショーはこちら

  ↓

【大谷パパトークショー】

Q.『日本球界の宝』と言われる息子を持つ親の気持ちをぜひ教えてください。
A.ありがたい気持ちと申し訳ない気持ちがある。
一方、世界の宝・宇宙の宝と言われるくらい、行けるところまで行って欲しい気持ちもある。

Q.食生活などで工夫していた事はありますか?
A.プロテインやサプリメントは摂取していた。
身体を丈夫にする為、食べて寝るのが自分の役目と思っていたんじゃないか。

Q.息子さんから仕送りはありますか?(下衆な質問に会場苦笑)
A.ありません! ← きっぱり
年俸は一気にもらえるえわけではなく、いろいろ差し引かれたものが12か月分分割されてくるもの。
大谷パパは口座も分からない、ママが管理している。
1年目は管理しながら月10万を送っていた。
2年目からはスーツなど必要になるものが増えてきたので30万くらいになってるはず。

Q.野球以外で子供との思い出はありますか?
A.思い出はほとんどない。
翔平が中1の終わり頃に東京ディズニーランドに家族全員で行った事があるくらい。
野球の道具は思ってる以上にお金が掛かる。
好きな事をやっているのでそっちにお金を掛けていた。
今指導している金ヶ崎の子供達もそうだが、お年玉は母親に預けるように言っている(父親に預けると勝手に使われてしまう可能性があるので)
翔平は本当に野球小僧だったので高校の修学旅行には行っていない。
理由は自分が動く事で騒がれて他の生徒に迷惑掛けるから。
みんなが修学旅行に行ってる間は学校で勉強していたので、積み立て金が返ってきて親としては嬉しかった(会場 爆笑)

Q.息子さんの試合はどんな気持ちで観ていますか?
A.大谷ママは月1回観に行っている。
札幌・埼玉(西部ドーム)・福岡などに行っている。
先発投手の時は(四球や死球や暴投しそうで心配で心配で)気持ち的に不安で観れない。
何とか5回までもってくれ・・・と祈っている。
大谷ママも先発の時は球場に行かない。
投手と野手(DH)の時は違う。
野手の時は楽しく観ている。

Q.自分の息子にも翔平君のように野球に興味を持って欲しいのですが、どうしたらいいですか?
A.ドームに試合を観に行かせてください。
そういえば5月に岩手に来ますね(岩手県営球場)
ぜひ観に行ってください。


Eに続く。
posted by イワガタ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大谷翔平君関連 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447404425
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック