【えんやこーら】 ※ 毎週末更新 ※
《『えんやこーら』とは》 2011.3.11の震災後、「頑張れ」の言葉が被災された方々の心を痛めていたので、誰かの為に自分が尽くすという意味で「えんやこーら」と言葉を変えて活動しています。 有志小団体としては2011.11月に赤い羽根共同募金様から助成金をいただき、2013年4月まで活動していました。現在は個々で活動しておりますが、「復興の土台作る!」という志は変わりません。宜しくお願いします。 記事はコチラ → えんやこーら岩手支部記録(329)

2017年04月03日

フニオチナイ

会社用に使ってるバッグはポケットがなくて定期や社員証の出し入れが大変だった。
年度初めだし、新しくバッグ買うかーと思ってショッピングセンターのファッション系のお店数件を回った。
今はリュックか、2WAYまたは3WAYでリュックにもなるものが多く、全体の8割がそういうリュックタイプだった。
さすがに会社にリュックは・・・。
会社に弁当と水筒を持っていくのである程度の大きさも必要、そうなると本当に限られて選べなくなっていた。
さてそのショッピングセンターの駐車場での出来事である。
これから駐車場の空きスペース探すぞ!と思い、キョロキョロしていたら入り口近くの車が出ていくのが見えた。
「おっしゃ!あそこに入れよう!」
ウインカーを出して右折しようとしたところ、その並びから出て来た他の車が一度大きく右車線(つまり私がウインカー出して入ろうとしてる車線)に膨らんできた為に入る事が出来なかった。
運転手はおじいさんに片足突っ込んでるくらいの年齢の方、私の車は全く見ず、進行方向だけを見て出て行った。
直角に曲がるようにしたいのか、反対車線にまで膨らんで曲がる車をよく見かけるが、何が良いのか私には分からない。
思わず「私は右折して駐車場左側走行すればいいんだよね」と考え込んでしまった。
バッグを買って駐車場から出てくる時は、これもやっぱり左側を走行していて左折しようとして駐車場内の合流点に来たら、右折ウインカーだして私の車と正面衝突しそうな角度でインコースに曲がってくる車があった。
中は60〜70代のおじさん、睨まれた。

左折後左側の道路を通過しようとしたら対向車が右に膨らんできてブレーキ
左側を走っていて左折しようとしたら出来るだけインコースで入りたかった右折車と正面衝突しそうになった

何か腑に落ちない。
posted by イワガタ at 23:40| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック