【えんやこーら】 ※ 毎週末更新 ※
《『えんやこーら』とは》 2011.3.11の震災後、「頑張れ」の言葉が被災された方々の心を痛めていたので、誰かの為に自分が尽くすという意味で「えんやこーら」と言葉を変えて活動しています。 有志小団体としては2011.11月に赤い羽根共同募金様から助成金をいただき、2013年4月まで活動していました。現在は個々で活動しておりますが、「復興の土台作る!」という志は変わりません。宜しくお願いします。 記事はコチラ → えんやこーら岩手支部記録(338)

2017年04月19日

more more's

今日が納期だったので仕事進める当番の私だけ昼休みが14時にずれた。
弁当がないので某チェーン店に行ってランチセットを頼んだ。
店内は近くのマンションに住むおばあちゃ・・・いや、大先輩方が2〜4人のグループで、ドーナッツとドリンクで早いおやつタイムを過ごしていた。
そんな中、黒ゴマ担々麺を食べていると、斜め向かいの大先輩が急に立ってレジから勝手にメニュー表を取った。

「あー黒ゴマ担々麺だって!」

食べてるのは私だけ、麺類がある事を初めて知ったらしい。
すると今度は『いつ息継ぎしてるんだろう?』と思うくらいずっとしゃべってた隣の大先輩(推定80代)の話を合いの手入れつつ聞いていたおばちゃ・・・先輩が

「前に手が痛いって言ってたのはどうなったの?」

と大先輩に聞いていた。
きっと私の左手にある黒いサポーターが目に入ったんだろう。
すると大先輩はこう言った。

「もあもあず」

えっ??
英語??

「もあもあず」

聞き取れなかった私の為ではないと思うがわざわざリピートしてくれた。

「もあもあず」
「もあもあずの?」
「もあもあずのす」
「もあもあずのすか」

何か会話が成立してる。

more more's?

確か私のおぼろげな記憶だとmoreって「もっと」とか「より」などの量とか程度を強調する意味だったような。
とりあえず一瞬考えたBAND名とかお笑い系ではなさそう。
手の話から何がどう展開して行ってるんだろう?
もはや黒ゴマ担々麺を食べてはいるが、頭の中はその「more more's」でいっぱいになって味わう事はなかった。
昼休みを10分短くして席に戻り、他の仕事をしながら「more more's」の事を考えていた。
会話の中から意味を探ってみよう。

「もあもあず」
「もあもあずの?」
「もあもあずのす」
「もあもあずのすか」

・・・そういえば叔母などもよく語尾に「〜ず」「〜す」ってつけるよなぁ
ただし前後の言葉で意味は変わって来るので『意味はコレ』というものが特定できないが・・・。
・・・「もあもあ」ってもしかしてモヤモヤするみたいな表現の一種?
あああ、そういう事かぁ!
しかし何て発音いいんだ(英語っぽく聞こえた)

もあもあ・・・。
痛いんだか痒いんだか分かんないな。
posted by イワガタ at 23:05| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック