【えんやこーら】 ※ 毎週末更新 ※
《『えんやこーら』とは》 2011.3.11の震災後、「頑張れ」の言葉が被災された方々の心を痛めていたので、誰かの為に自分が尽くすという意味で「えんやこーら」と言葉を変えて活動しています。 有志小団体としては2011.11月に赤い羽根共同募金様から助成金をいただき、2013年4月まで活動していました。現在は個々で活動しておりますが、「復興の土台作る!」という志は変わりません。宜しくお願いします。 記事はコチラ → えんやこーら岩手支部記録(341)

2017年07月12日

のどかな風景なのだが

ひろばに通うようになり、陸前高田に田んぼが再生された頃から毎年見ている光景なのだが・・・
陸前高田ひろば201706240039.JPG

陸前高田ひろば201706240040.JPG

陸前高田ひろば201706240041.JPG

内陸で田んぼにいるのは鴨かカラス。
ウミネコやかもめは海にいるイメージしかないので、毎年この光景を見る度に衝撃を受ける。
小魚や海藻でも食べてるんだろうと思って勝手に海にいると思っていたのだが、調べたら雑食性らしい。
海だけでなく河口にも生息し、昆虫も食べるらしいので、ひろばにいるのは納得した。
梅雨時やヤマセの時などはかつての盛り土跡地の少々高くなってるところに群れていたりする。
震災後1年くらいはいなかったのにどこからやってきたんだろう?

※ カモメとウミネコの違いが全く分からないが、お隣の大船渡市で「かもめの玉子」というお菓子を販売してる関係もあって、ひろばにいるのはカモメだろうと思っていた。
カモメは冬の渡り鳥でウミネコは留鳥との事。
ひろばにいるのはウミネコだったようだ。
posted by イワガタ at 22:09| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック