【えんやこーら】 ※ 毎週末更新 ※
《『えんやこーら』とは》 2011.3.11の震災後、「頑張れ」の言葉が被災された方々の心を痛めていたので、誰かの為に自分が尽くすという意味で「えんやこーら」と言葉を変えて活動しています。 有志小団体としては2011.11月に赤い羽根共同募金様から助成金をいただき、2013年4月まで活動していました。現在は個々で活動しておりますが、「復興の土台作る!」という志は変わりません。宜しくお願いします。 記事はコチラ → えんやこーら岩手支部記録(459)

2019年11月23日

えんやこーらという名で陸前高田・vs 石 ローリングストーン編

やる事は決まっていた。
腰痛だけが気がかりだった。

「荷物持つ時、腕のチカラだけで持ってると腰痛めるよ」

と言われていたが、自分は腹筋も背筋もハムストリングも使ってるモンだと思っていた。
今日、重い石を持ち上げてみて、改めて腕のチカラだけで持ち上げてた事を知った。
(持ち上げる際に初めて大腿部の筋肉を使ったという瞬間があった)
腹筋と背筋はあんまり使っていなさそう、というか、腰回りだけ下着1枚+腹巻1枚+コルセット2枚+Tシャツ1枚+ジャージ1枚+ヒートテックジャケット1枚の合計7枚ミルフィーユ状態だったのでガッチリ固定され、ちょっと動いただけでも汗だくになっていた。
その結果、腰に悪そうな作業内容だったにもかかわらず、昨日と腰の痛みはおんなじだった。

行きの車の中はひろばの作業で頭がいっぱい。
いつもならVサインしながら通過する峠カメラも峠過ぎてから「あ!」と気づく程だった。

さてうちの息子かかし。
水分含んでだいぶ縮んだようで、となりのナウシカに背丈抜かれてしまっていた。
後ろからの写真で申し訳ない。
陸前高田ひろば20191123001.jpg

2体を正面から撮った写真はあるものの、お車bェ写ってしまってるので、加工して後ほどUPします。

【追記】
C1187C8D-903A-4383-957A-7FFA38D53C54.jpgABB9D40C-CF20-4582-99FF-BD1F46E9F735.jpg


お店の人から、かかしを見ていく人が結構いるよーという話を聞いた。
よしよし、ちゃんと働いてるな。

チコちゃんは相棒のキョエちゃんが裏に飛ばされてたので、そっと戻してあげた。
陸前高田ひろば20191123002.jpg

陸前高田ひろば20191123003.jpg

ガチャピンは寝てた。
陸前高田ひろば20191123004.jpg


さてひろば。
週末晴れの予報だったのにどんよりしていた。
しかも、どう見ても降りそうな雲がこちらに近づいている。
何があったのか分からないが、入り口の柱がまた傾いていた。
応急処置のまんまだったから仕方ないっちゃー仕方ないが。

陸前高田ひろば20191123007.jpg


入口キンモクセイと寒菊

寒菊咲いたー!
何だろ、この時期に花が咲くっていうのはサザンカくらいしか見た事ないから、何だか嬉しい!
陸前高田ひろば20191123008.jpg陸前高田ひろば20191123009.jpg

寒菊の根元でひっそり秋咲サフランが咲いていた。
咲いてるのはキミしかいないの、ありがとうね!
陸前高田ひろば20191123010.jpg


枝垂れ桃

こうやって枝だけになると、枯れた雑草どもが保温してくれてるように見えるのが不思議だ。
陸前高田ひろば20191123011.jpg


ハーブガーデン

ローズマリー1本が枯れてきた。
何があった?何だかショック・・・。
陸前高田ひろば20191123012.jpg陸前高田ひろば20191123013.jpg


季節の花壇

さすがにもう咲き終わってんだろうな・・・と思ってたら、小さく咲いてるコスモス3輪と種付けてる子がたくさんいた。
種回収してこようと思っていてバタバタしていて忘れてた。
陸前高田ひろば20191123014.jpg陸前高田ひろば20191123015.jpg


花種花壇

今日の作業以外のところを紹介。
陸前高田ひろば20191123016.jpg

花期より元気に葉を広げるアジサイ・ブルー。
陸前高田ひろば20191123017.jpg

クリスマスローズは・・・咲くかなぁ。
陸前高田ひろば20191123018.jpg


ロボ花壇

今、芽が出て来たこの子は冬を無事に越せるのか・・・?
陸前高田ひろば20191123021.jpg陸前高田ひろば20191123022.jpg


家族の花壇

時間が無くて何も出来なかった。
残った球根を植えたかったな。
陸前高田ひろば20191123023.jpg


R♡Iガーデン

遂にニチニチソウもいなくなってしまった。
レースドレスのように咲いていたアリッサムも1輪だけ。
水没させてしまった事を申し訳なく思う。
陸前高田ひろば20191123024.jpg陸前高田ひろば20191123025.jpg


旧・無限大花壇

今日はこのエリアの石を出来るだけ運びます。
陸前高田ひろば20191123026.jpg陸前高田ひろば20191123027.jpg

そんでもって、自分が空けた穴で左足首をグネるというお約束付き。
気を付けててもやる時はやるモンだ。


海とみんなの花壇

枯草の弁当箱状態。
陸前高田ひろば20191123028.jpg


フラワー花壇

理由はよく分からないが、花菱草の芽が1つだけに減っていた。
冬越え無理なのかなぁ・・・。
陸前高田ひろば20191123029.jpg陸前高田ひろば20191123030.jpg


東大寺学園花壇

もはや枠がどこまでか分からず、つまづいて気づくレベルまで草ボーボーになってしまった。
白く儚くコスモスが咲いていた。
陸前高田ひろば20191123031.jpg陸前高田ひろば20191123032.jpg

パークゴルフ場に溜まってた水は一応なくなった。
だけど何度か同じところを歩くと滲みだしてくる。
こりゃあ今年の冬は凍るな。
陸前高田ひろば20191123033.jpg


サザンカ花壇

サザンカの状態が思わしくない。
約1ヶ月後に花が咲くはずなのだが、近いうちに作業しなければならないかもしれない。
陸前高田ひろば20191123034.jpg

陸前高田ひろば20191123035.jpg陸前高田ひろば20191123036.jpg


海側松の花壇

海側道路から見て無事なように見えても、裏に回れば3つ中2つ支柱外れていた。
陸前高田ひろば20191123037.jpg

点ではなく面で支えなきゃダメなんだと、樹の皮や板を間において紐で固定した。
Before
陸前高田ひろば20191123038.jpg

After
陸前高田ひろば20191123040.jpg

あ、写真撮り忘れてしまったが、沈丁花に防風ネット(使い古しなので二重巻き)を設置した。
この子は順調に成長している。

さて!
前回に続き今日も無限大花壇の引っ越し
まさかのアクシデントに見舞われた中、たぶん10kgくらいの石を持って様子を見るところから始まった。

「あれ?全然大丈夫じゃん!」← 無意識で腕のチカラだけで持っている

ネコに1〜2個ずつ石を乗せて運び、丸く並べる。
時折腰が『?!』となる事はあったが、それよりも二重巻きしていたコルセットがウエストポーチの仕業で見事に分かれ、前かがみになる度挟まれる腹肉の方が痛かった。
背中・お腹・尻が見えないように装着していた腹巻のおかげで、見たくないものを見せるような事はなかったが、かなり胴長になってたと思う(少なくとも5cmくらいは下がってた)
石は最大30cm・20kg以上はあろうかというもの3つ残してネコで運んだり、ゴロゴロ転がして(ローリングストーン・・・なんちゃって・・・)全部移動出来た。
これがトリガーとなって数日後再び腰痛になっても困る(…ハッ!そういや松に支柱する時のタックルも左に重心置いてたっけ…)ので、明日鍼治療にでも行こうかと思う。

【教訓】コルセットをつけると冬でも熱い。

花種花壇・無限大エリア
Before
陸前高田ひろば20191123019.jpg

After
陸前高田ひろば20191123043.jpg

今日作ったエリアには昨日の記事でUPしたチューリップの球根を植えた。
今回はちょっとデザインに凝ってみた。
購入した培養土が全然足りなかった為に石サークルの中にまたサークルという事態に。
球根計78個を埋めてる途中
陸前高田ひろば20191123041.jpg

土が少なく、深く埋められなかったので、防風ネットでとりあえず抑え込む。
これは抑え込むだけでなく、何かに球根を取られている穴がいくつも見つかっている為、下から取られるのは仕方ないとして上から取られるのを防ぐという意味もある。
陸前高田ひろば20191123042.jpg

ちなみに、今年キレイに咲かせることが出来なかったアグロステンマの芽がいくつか出ていた。
陸前高田ひろば20191123020.jpg
もみ殻が保温してくれる事を祈りながら、毎週ひろばに来て成長具合を見る楽しみの1つにしようっと!
posted by イワガタ at 21:57| 岩手 ☁| Comment(0) | えんやこーら岩手支部記録 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]