【えんやこーら】 ※ 毎週末更新 ※
《『えんやこーら』とは》 2011.3.11の震災後、「頑張れ」の言葉が被災された方々の心を痛めていたので、誰かの為に自分が尽くすという意味で「えんやこーら」と言葉を変えて活動しています。 有志小団体としては2011.11月に赤い羽根共同募金様から助成金をいただき、2013年4月まで活動していました。現在は個々で活動しておりますが、「復興の土台作る!」という志は変わりません。宜しくお願いします。 記事はコチラ → えんやこーら岩手支部記録(459)

2019年12月14日

えんやこーらという名で陸前高田・ひろば再構築編3

令和元年もあと半月ほどとなった。
今年の作業は今日を入れて3回、遂に一番気になっていた箇所に手をつける事にした。
幸いな事に作業中は穏やかな天気、Rっつぁん・Kさんにお昼ご馳走になり、津波到達点に植えている桜ライン311の四季咲き桜が満開の庭を見せてくれた。
Rっつぁん・Kさんのお家は1F部分が浸水した。
時期は3ヶ月早いけど、この後また3〜4月に花を咲かせる力強さは感動だ。
あれからもうすぐ9年になるんだなぁ・・・
陸前高田ひろば20191214036.jpg


いつもの位置
陸前高田ひろば20191214002.jpg


入口キンモクセイと寒菊

周りに花が咲いてるところがないので寒菊がミツバチに大人気。
菊に蜜があるというイメージはないけど、これだけ人気なんだから何か出てるんだねぇ。
陸前高田ひろば20191214003.jpg

どの写真にもミツバチが写ってるでしょ?
陸前高田ひろば20191214004.jpg 陸前高田ひろば20191214005.jpg

陸前高田ひろば20191214006.jpg

何もしなければ襲っては来ないし、越冬するのにも必死なので寒菊は彼らの為に切り花で持って行かない事にしよう。


枝垂れ桃

見映えが悪いから手を掛けなきゃと思うけど・・・ごめん。
陸前高田ひろば20191214007.jpg


ハーブガーデン

枯れたローズマリーはちょっと春まで様子見しようと思う。
陸前高田ひろば20191214008.jpg


家族の花壇

シバザクラ枯れてないかなぁ・・・と心配で近づいてみたが、どっちにしろ今は枯れてる時期なので分からなかった。
陸前高田ひろば20191214009.jpg 陸前高田ひろば20191214010.jpg


季節の花壇

この花壇はワクワクがいっぱい。
陸前高田ひろば20191214011.jpg

アジサイ・ブルーエリア

冬だもん!
陸前高田ひろば20191214012.jpg

クリスマスローズエリア

ホームセンターで見かけたクリスマスローズもこんな感じだった。
あと10日でクリスマスイブですが・・・
陸前高田ひろば20191214013.jpg

無限大エリア

陸前高田ひろば20191214014.jpg

アグロステンマ順調!
まんべんなく撒いたつもりだったが、結構偏っているっぽい。
陸前高田ひろば20191214015.jpg

チューリップは当然まだ。
謎の穴はやっぱりもぐらみたいに地中からではなく地上から球根狙われてたのかもしれない。
陸前高田ひろば20191214016.jpg


ロボ花壇

さくらさんとカトレアさんに

「水やんないと枯れちゃう」

と言われたが、運よく帰りに雨が降って来たのでOKOK!
陸前高田ひろば20191214017.jpg

コントのようでコントでない。

理想と現実
陸前高田ひろば20191214001.jpg陸前高田ひろば20191214018.jpg


旧・家族の花壇

Kさんに

「何掘ったの?」

と言われたので花壇そのものを引っ越しし、この穴はシバザクラを掘った跡だと説明した。
陸前高田ひろば20191214019.jpg


R♡Iガーデン

白サザンカ(小)が実は枝垂れ桃エリアの隅にあるので、移植場所の候補を探した。
赤サザンカ(小)は小さな花芽を付けていた。
陸前高田ひろば20191214020.jpg

陸前高田ひろば20191214021.jpg


海とみんなの花壇

手を掛ける順番は後ろの方なのだ、ごめん!
陸前高田ひろば20191214023.jpg


フラワー花壇

花菱草が小さな芽を出して頑張ってる。
密かに花菱草の芽の色、私の好きな色だったりする。
陸前高田ひろば20191214024.jpg

陸前高田ひろば20191214025.jpg 陸前高田ひろば20191214026.jpg

陸前高田ひろば20191214027.jpg


東大寺学園花壇

ここも優先順位は後ろの方、ごめん!
優先順位後方の花壇は全部暖かそうに見えるのが不思議だ ← 現実逃避
陸前高田ひろば20191214028.jpg


海側松の花壇

やっぱり外れてた(´;ω;`)
何か毎週直してる木が・・・いや気がする。
陸前高田ひろば20191214032.jpg

陸前高田ひろば20191214033.jpg
※ 撮影後直した。


さて本日はいよいよ2年も手を掛けてやれなかったあの場所を!
(正しくは手を掛けたが水没で結局ダメだったとこ)

サザンカ花壇(敢えて大文字)

まもなく花期を迎えるはずのサザンカのすぐ近くまで葦が根を張っており、ベビースイセンも埋まっている為、土を掘って柔らかくして肥料や土を入れたくても出来ない。
仕方ないので出来る限り低い位置まで葦を切り、上から堆肥を掛けるやり方でサザンカとベビースイセンの球根に養分を与えたいと考えた。
まずは葦刈り。
これが結構ボリュームあるので大変!
しかも何度も水没してるので埃っぽい挙句、何の雑菌が混ざってるか不明。
マスク装着しながら作業したら息でサングラスが真っ白。
寒いトコから暖かいトコに行った時、眼鏡がくもって白くなってる人の気持ちが分かる。
作業していていくつかカマキリの卵を見かけた。
残念ながら1つは鎌の犠牲になり、もう1つも刈った葦にくっついて捨てられた。
ただし卵を産む際に正しい選択をしたヤツの卵は生き残る。
陸前高田ひろば20191214037.jpg

雪が降らない沿岸地域でカマキリの卵がこの位置にあるという事は、今シーズンは10cmくらい積もる大雪の年なのかなぁ。
ちなみにそこから数m離れたところにあるカマキリの卵も同じくらいと予想したようだ。
陸前高田ひろば20191214031.jpg

白サザンカ(より水没していた箇所)は命の危機を感じたのか、かなり下の方に新しい枝をつけていた。
陸前高田ひろば20191214039.jpg

確か去年も同じような時期に作業して同じようにビックリしてたなぁ・・・!と今頃気づいたのだが、ベビースイセンがもう芽を出していた。
陸前高田ひろば20191214038.jpg

ザックリ切らないようにしたら、一応スッキリしたけどスッキリしないような微妙な見映えになってしまった。

Before
陸前高田ひろば20191214029.jpg 陸前高田ひろば20191214030.jpg
  ↓
After
陸前高田ひろば20191214048.jpg 陸前高田ひろば20191214043.jpg

赤サザンカには花芽あり(後光さしてるみたいだ)
陸前高田ひろば20191214045.jpg

白サザンカには見当たらず。
陸前高田ひろば20191214046.jpg

この後、大幅に土が出るので、この上からちょっとだけ古い土を被せる予定。
さーて、これからが体力づくりだぞー!! ← ?
posted by イワガタ at 22:05| 岩手 ☔| Comment(0) | えんやこーら岩手支部記録 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]