【えんやこーら】 ※ 毎週末更新 ※
《『えんやこーら』とは》 2011.3.11の震災後、「頑張れ」の言葉が被災された方々の心を痛めていたので、誰かの為に自分が尽くすという意味で「えんやこーら」と言葉を変えて活動しています。 有志小団体としては2011.11月に赤い羽根共同募金様から助成金をいただき、2013年4月まで活動していました。現在は個々で活動しておりますが、「復興の土台作る!」という志は変わりません。宜しくお願いします。 記事はコチラ → えんやこーら岩手支部記録(459)

2020年01月04日

えんやこーらという名で陸前高田・ひろば再構築編6

新しい年の最初のえんやこーらは晴れの良い天気だった。
ただ、たまに吹く風は強く、また曇ると気温が一気に下がる感じだった。
いつもの産直に寄ったら正月休みだった。
そ、そうだよね・・・私が今日来たのは、曜日ボケ修正する為っていうのもあっただけで、まだ今年は始まったばっかりだもんな。
Kさんにお昼ご馳走になったり、ひろばで作業した事で、曜日ボケはすっかり直ったし、身体を動かした事で満たされた感がある。

いつもの位置

NEW YEAR感は全くない。
陸前高田ひろば20200104001.jpg


入口キンモクセイと寒菊

寒菊の黄色(一番最初に咲いたもの)が終わりかけてきた。
赤はあとちょっとで咲くかな。
陸前高田ひろば20200104002.jpg


枝垂れ桃

(作業は)来月だから!
陸前高田ひろば20200104003.jpg


ハーブガーデン

ハーブ系は肥料いらないと聞いた事があるけど、何せ水没していた期間があるので考え中。
陸前高田ひろば20200104004.jpg


家族の花壇

シバザクラの周りの土、用意しなくちゃなぁ。
陸前高田ひろば20200104005.jpg


季節の花壇

陸前高田ひろば20200104006.jpg

アジサイ・ブルーエリア

全く変わらないので撮影なし。

クリスマスローズエリア

Kさんから「咲くのは2月頃」と聞いた。
ただしその後、この状態を見て「ハハハ!」と笑っていた。
え?え??
陸前高田ひろば20200104007.jpg

無限大エリア

すくすく育つアグロステンマ、今年もワクワクだ!
陸前高田ひろば20200104008.jpg 陸前高田ひろば20200104009.jpg

キンモクセイ

一応生きてるっぽい。
今年は花を咲かせてくれるかな?
陸前高田ひろば20200104011.jpg


ロボ花壇

我が家にいるパンジー(ひろばのパンジー&ビオラの成長具合のサンプル用に1個ある)との成長に大きな差はないが、屋外にいてたくましく生きてるこの子達の方が若干葉の色が濃い。
陸前高田ひろば20200104010.jpg


海とみんなの花壇

彼岸花の葉はこんな寒くてもまだ青々としてたりするのかなと思って覗いてみたら、青々としていた。
やっぱり枯れた雑草で少しあったかいのかなぁ。
陸前高田ひろば20200104016.jpg

陸前高田ひろば20200104017.jpg


フラワー花壇

内陸より暖かいとはいえ、時々マイナスになる陸前高田。
この小さな芽で寒さに耐えてるこの子達にぜひ花を咲かせてもらいたい。
陸前高田ひろば20200104018.jpg 陸前高田ひろば20200104019.jpg

陸前高田ひろば20200104020.jpg


東大寺学園花壇

(作業するのは)来月だから!
陸前高田ひろば20200104022.jpg

サザンカ花壇

ベビースイセン埋めちゃったもんなぁ。
中でどんな風になってるだろう、
赤サザンカに花芽が1つついてるけど、風で落ちそうでハラハラ。
陸前高田ひろば20200104023.jpg 陸前高田ひろば20200104024.jpg



海側松の花壇

新年改まったので、2週間ぶりに松タックルして直した。
腰は完全に治ったのだが、今日の作業で腰の張りは復活した(おい)
陸前高田ひろば20200104025.jpg

チョイと離れたところ(10mくらい?)にある沈丁花

ま、こんなモンですな。
陸前高田ひろば20200104026.jpg


さていよいよ取り掛かるぞ!
花壇の嵩上げ!

まずはココ!

R♡Iガーデン

雑草取りしていて気づいたのだが、花壇の枠として使っていた石のほとんどが埋まっていた。
30cmも掘れば砂(震災の津波で流れてきたもの)なので、いくら土を被せても時間が経過すると石が自分の重さで沈んでいくのだ。
そうなるとひろば全体を嵩上げしなければならないし、そんなに大量の土もない。
石はそのままで花壇部分を盛り上げる感じで作るしかない。
嵩上げに使うのは、ひろばにある大量の雑草(枯草)
土の中で微生物に分解されてやがて土となってくれると願いながら、パークゴルフ場に置いてある枯草の山からネコ4〜5杯分を持ってきた。
芽が出てる球根を守りながら(1つザックリやってしまったが)約30p掘る。
そこに枯れ草を入れて、肥料混ぜた元の土(砂混じり)を被せるという、単純だが結構身体を動かし体力も使う(土にまだ水分が残っている為重くなっている)意外と進まない作業となっていた。
とりあえずスイセンが既に芽を出してた2箇所だけテスト嵩上げしてみた。

Before
陸前高田ひろば20200104012.jpg

陸前高田ひろば20200104013.jpg 陸前高田ひろば20200104014.jpg

  ↓

After
陸前高田ひろば20200104027.jpg
(ピンクのテープで目印してるのは、スイセンなど何かの芽が出ているか、埋めた箇所)

陸前高田ひろば20200104029.jpg 陸前高田ひろば20200104030.jpg

こちらはアネモネ(パセリに似てません?)
陸前高田ひろば20200104032.jpg

本日R&Iガーデンの残り箇所の雑草取りしていて見つけた、一番酷い浸水箇所からも芽が出ていて嬉しかった。
スイセンはその名の通り水に強いと学んだ。
陸前高田ひろば20200104031.jpg

さぁーて、来週はこのスイセン達の箇所をテコ入れするぞー!

※ R&Iガーデンの一番下の段が嵩上げ優先順位TOP

Kさーん!お昼とお菓子、ありがとうございまーす!(見てないと思うけどね)
posted by イワガタ at 21:41| 岩手 ☁| Comment(0) | えんやこーら岩手支部記録 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]