【えんやこーら】 ※ 毎週末更新 ※
《『えんやこーら』とは》 2011.3.11の震災後、「頑張れ」の言葉が被災された方々の心を痛めていたので、誰かの為に自分が尽くすという意味で「えんやこーら」と言葉を変えて活動しています。 有志小団体としては2011.11月に赤い羽根共同募金様から助成金をいただき、2013年4月まで活動していました。現在は個々で活動しておりますが、「復興の土台作る!」という志は変わりません。宜しくお願いします。 記事はコチラ → えんやこーら岩手支部記録(467)

2020年01月30日

どっきどき

仕事をしてたら母から会社に電話が入った。
うちの部署はセキュリティー高で携帯スマホ持ち込み禁止なので、何かあったら会社に電話と伝えていたのだが、もしかして父の容体が急激に悪化したとかなんだろうか・・・と恐る恐る電話をとった。

母「(弟の引っ越しの手続きで使用する書類で)あんたの暗証番号知りたいんだけど何?」

これがもしサギ電話だったらと一瞬考えたが、この訛り・主語なし話略し過ぎの具合からして母本人だろう。
暗証番号教えようにも、何せ内線電話なので部屋の人には謎の数字4桁がダダ漏れである。
小声で3種類4桁の番号を言ったが、母がメモ取る際に復唱するので

「あああ!声に出さないで!」

と思わず声が出る。
早口・小声なので聞き取りにくいのか

母「あ゛?」

と何度も聞き返された。
たぶん周りは4桁数字3種類記憶したと思う。
父の体調が悪くなったとかじゃなかったのはいいけど、その代償がパスワード大公開だったのはなんだかなぁ。
posted by イワガタ at 23:15| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]