【えんやこーら】 ※ 毎週末更新 ※
《『えんやこーら』とは》 2011.3.11の震災後、「頑張れ」の言葉が被災された方々の心を痛めていたので、誰かの為に自分が尽くすという意味で「えんやこーら」と言葉を変えて活動しています。 有志小団体としては2011.11月に赤い羽根共同募金様から助成金をいただき、2013年4月まで活動していました。現在は個々で活動しておりますが、「復興の土台作る!」という志は変わりません。宜しくお願いします。 記事はコチラ → えんやこーら岩手支部記録(459)

2020年03月03日

これから2週間が(ある意味)重要?!

なかなかコビット19という名が使われない新型コロナ。
やや大きめマスクも残り4枚となり、残るは耳が痛くなる小さめサイズ3枚とウルトラマンマスク1枚。
どこにもマスクはなく、手作りマスクとウィルスガードスプレーで対応するかと考えていたら、大震災の時に買ったマスクが余ってるという母の友人からもらったマスクがあった。
両親はあまり出掛けないので使わない、だから半分あげるとおすそ分けしてもらえた。
だが約9年前の大量生産したもの、ゴムがゆるい。
感染拡大を防ぐ為、これから2週間が山場だと言われているが、その2週間がゆるゆるマスクになるのだ。
こりゃあウイルスガードスプレーと併用かなぁ。
幸いなのは呼吸器ともう1箇所ダメージがある父が来週入院する事かもしれない。
付き添いも見舞いも禁止だから父にとっては暇かもしれないが、最新の病院で最新の医療で守られるならそれに越した事はない。
ちなみに弟だけは父の病状も入院する事も知らない。
大事な時期に動揺させてはいけないという両親の意見で、タイミングを見て父が自ら話すとの事。
これから2週間が我が家は別な意味でも重要なのである。
posted by イワガタ at 22:51| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]