【えんやこーら】 ※ 毎週末更新 ※
《『えんやこーら』とは》 2011.3.11の震災後、「頑張れ」の言葉が被災された方々の心を痛めていたので、誰かの為に自分が尽くすという意味で「えんやこーら」と言葉を変えて活動しています。 有志小団体としては2011.11月に赤い羽根共同募金様から助成金をいただき、2013年4月まで活動していました。現在は個々で活動しておりますが、「復興の土台作る!」という志は変わりません。宜しくお願いします。 記事はコチラ → えんやこーら岩手支部記録(459)

2020年04月04日

えんやこーらという名で陸前高田・ひろば再構築編19

歯科定期健診を終え、12時半過ぎにひろばに着いた。
心配事がいっぱいあったので、運転中の記憶がほとんどない。
ひろば到着後、昼ご飯食べる前に確認したが、心配事はほぼ全部心配していた通りになっていた(涙


いつもの位置

天気予報は晴れだったんだけどなぁ。
春っぽく緑(雑草)が目立ってきた。
陸前高田ひろば20200404001.jpg


入口キンモクセイと寒菊

寒菊よーく見ると根元に新しい葉をつけている子がいたので、枯れた部分を切った(写真は切る前)
陸前高田ひろば20200404002.jpg


枝垂れ桃

もうすぐ咲きそう!
陸前高田ひろば20200404003.jpg 陸前高田ひろば20200404004.jpg


ハーブガーデン

枯れてるように見えるローズマリーだが、生きようとしているのも枝を通して伝わってきたのでこのまま(枝がなかなか折れない=水分蓄えている)
陸前高田ひろば20200404005.jpg


家族の花壇

シバザクラ咲いたー!
陸前高田ひろば20200404006.jpg 陸前高田ひろば20200404007.jpg

チューリップはデザイン考えて植えたので、どう出て来るか楽しみ!
陸前高田ひろば20200404008.jpg


季節の花壇

陸前高田ひろば20200404009.jpg

アジサイ・ブルー&ピンクエリア

指がないとピンクは分からない状態。
ま、ちょっと離れたブルーもこの写真では分からないか・・・。
陸前高田ひろば20200404010.jpg

クリスマスローズエリア

咲くまではもどかしかったが、咲いてしまうと結構長い間しかもすずなりで咲いてくれるので何だか嬉しい。
おじさん、ありがとー!
陸前高田ひろば20200404011.jpg 陸前高田ひろば20200404012.jpg

陸前高田ひろば20200404013.jpg 陸前高田ひろば20200404014.jpg

無限大エリア

陸前高田ひろば20200404015.jpg

アグロステンマがぐんぐん伸びてる!ワクワク!
陸前高田ひろば20200404016.jpg

チューリップの発芽も順調なのだが、ちゃんと円になってくれるのか心配になってきた。
陸前高田ひろば20200404017.jpg

ジャーマンアイリスエリア

ジャーマンアイリスも一時『大丈夫かなぁ』と心配だったが、ここまで元気に発芽してくれるならもう大丈夫だろう。
陸前高田ひろば20200404018.jpg


ロボ花壇

2月の一番寒い時期に避難させていたパンジーとビオラ、ここが一番心配だった。
昨日か一昨日暴風警報が出ていたからである。
かわいそうな事したなぁ・・・の自戒を含めて載せよう。
陸前高田ひろば20200404019.jpg 陸前高田ひろば20200404020.jpg

陸前高田ひろば20200404021.jpg 陸前高田ひろば20200404022.jpg


石造花壇@

ツツジの葉に緑が蘇ってきた!
陸前高田ひろば20200404024.jpg


R♡Iガーデン

スイセンがポツポツ咲いて来た!
陸前高田ひろば20200404025.jpg

陸前高田ひろば20200404026.jpg 陸前高田ひろば20200404027.jpg


海とみんなの花壇

心配していたナデシコも何とか復活した。
でもこっちのシバザクラはまだ咲く気配なし。
陸前高田ひろば20200404030.jpg 陸前高田ひろば20200404031.jpg


フラワー花壇

種蒔きした子たちが少しだけ顔を出し始めていた。
細いし小さいし分かりにくいけどカワイイ!
陸前高田ひろば20200404032.jpg 陸前高田ひろば20200404034.jpg

陸前高田ひろば20200404033.jpg 陸前高田ひろば20200404035.jpg

陸前高田ひろば20200404036.jpg 陸前高田ひろば20200404037.jpg


東大寺学園花壇

この時期じゃないとこのエリアの種まき難しいって分かってるのに!
私のばかぁっ! ← 今日作業し忘れた
陸前高田ひろば20200404038.jpg 陸前高田ひろば20200404039.jpg

白のスイセンは凛々しくて神々しいねぇ。
陸前高田ひろば20200404040.jpg


サザンカ花壇

ここのベビースイセン(ティタティタというらしい)かわいくて人気!
スイセンもサザンカもひろば誕生当時からいるのだから・・・8年目?9年目?
ベテランさんだね。
陸前高田ひろば20200404041.jpg

陸前高田ひろば20200404043.jpg 陸前高田ひろば20200404042.jpg


海側松の花壇

ここも心配していたところ。
スイセンは暴風から剪定松に守られ花の終わりを迎えようとしていた。
陸前高田ひろば20200404044.jpg 陸前高田ひろば20200404045.jpg

そしてココよ、ココ!
一番気になっていたところはっ!
陸前高田ひろば20200404046.jpg

絶対水なくなってるだろうと予想していた。
昨日か一昨日雨がパラッと降ったっぽいので、少しは溜まったかなと思いながら覗く。
水はあるが、ひじき・・・じゃなくておたまじゃくしは1匹もいなかった。
代わりに微生物だなーと思う黒い点や細かい生き物は見えた。
おたまじゃくし・・・土の中にいる?何かに食われた?
姿形全く見当たらなかった。


沈丁花

咲かないのかもしれないと思い始めた。
あ、R♡Iガーデンのアネモネも今年咲かなかったな・・・
陸前高田ひろば20200404047.jpg

陸前高田ひろば20200404049.jpg 陸前高田ひろば20200404048.jpg

今日の作業は地味地味地味!

旧・家族の花壇 → テスト花壇作り

先週嵩上げしてタイムアウトになった場所。
土壌改良剤(9年前のもの)撒いたのだが、砂6割の土でも作物は作れるのか、という実験兼ねて、本当は食用になる蕎麦の種を撒いた。
夜に雨が降るという予報だったので水撒きはしてないのでほとんど変わらないが・・・

Before
陸前高田ひろば20200404023.jpg
  ↓
After
陸前高田ひろば20200404052.jpg
分かりやすい間違い探しみたいだ。


石造花壇A

嵩上げし、菜の花とチューリップ植えた隣を嵩上げしてテスト花壇で余った蕎麦の種を撒いた。
ここも半分実験みたいなものだ。
このエリアが海に向かって一番低いところとなる。
私の記憶では、ココからほぼまっすぐに水路に向かって管が通っており、その管が津波で破壊された結果一番低くなってしまった箇所。
嵩上げしたが、数週間でぺしゃんこになっているこの場所で、菜の花や蕎麦はどう生きるか。
大槌町の河川敷に菜の花を咲かせるプロジェクトにいわて生協ボランティアで参加した時、確か同じような質の土だったような記憶がある。
菜の花はたぶん大丈夫。
そしてココに蕎麦を撒いたのは、景観用の蕎麦(ルビー)が昨年ものすごい生命力を見せてくれたからである。
ちなみにこの蕎麦、4日で発芽し、6月末には収穫出来るらしい。
そう、うまくいけば水没前に花も実も終わる可能性があるのだ!
これを店で見つけた時は

ひろば向きだ(目がキラーン

と思った。
でもあくまで景観用・うまく行ったら食用に、の実験だ!

Before
陸前高田ひろば20200404028.jpg
  ↓
After
陸前高田ひろば20200404054.jpg 陸前高田ひろば20200404053.jpg

お向かい(R♡Iガーデン)の嵩上げ箇所(隣は同じく菜の花)にも撒いた。
こちらは石造花壇Aよりも3〜4cm高い。
陸前高田ひろば20200404055.jpg

ここまで数か所穴掘って枯れた雑草敷いて嵩上げし、土を戻して嵩上げし、種蒔いたり球根埋めて気づいた事がある。
当たり前だが土がいつまでも湿ってる事がなくなった。
『耕す』って大事なんだなぁ〜っと思った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
管理人Sさん・Rっつぁんに続き、Kさんも病を患い入院する事が分かった。
場所は違うが括りは父と同じ。
既に副作用は出ているとの事で、先日亡くなった志村さんと重なり、何だかショックだった。
でも父と違って前向きだ。
こうやって何度も辛い事乗り越えて来たKさん、復活する事を祈っている。
posted by イワガタ at 22:17| 岩手 ☔| Comment(0) | えんやこーら岩手支部記録 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]