【えんやこーら】 ※ 毎週末更新 ※
《『えんやこーら』とは》 2011.3.11の震災後、「頑張れ」の言葉が被災された方々の心を痛めていたので、誰かの為に自分が尽くすという意味で「えんやこーら」と言葉を変えて活動しています。 有志小団体としては2011.11月に赤い羽根共同募金様から助成金をいただき、2013年4月まで活動していました。現在は個々で活動しておりますが、「復興の土台作る!」という志は変わりません。宜しくお願いします。 記事はコチラ → えんやこーら岩手支部記録(459)

2020年06月03日

約3ヶ月ぶりの公共交通機関

父「おまえはオレを殺すつもりか!」← 肺がんが脳に転移してナーバスだった頃

と、コロナ患者が全国に広がり始めの頃に言われ、相棒で会社に通うようになっていたが、駐車場代がキツくなり、もうそろそろ戻してみようかなーと思い、様子見がてら電車+バス通勤してみた。
まず電車、いきなり遅延していた。
クマとかシカとごっつんこではなく、緊急停止ボタンが押されたための遅延だったようで、私が乗った電車は前の電車だった。
前は開閉ボタン押して乗降していたが、ドアの開閉は車掌さんがやっていた。
行きも帰りも乗車人数は以前の8割くらいで、皆さんマスクしている。
おしゃべりしてる人は誰もいない。
そして何より、車内案内の外国語アナウンスがすごく短い期間にしか聞けなかった事に気づき、改めてオリンピック延期の影響がこういうところにもあったんだなと気づいた。
バスは運転席真後ろの席にテープが貼ってあり、乗車する人も少なかった。
相棒で出勤してる時も、そして公共交通機関使った今日も、人が全体的に少なかったように思った。

・・・という事は・・・だ・・・

もしかして県内在住が8割で、旅行客・仕事で来てる人が2割くらいだったという事?
え゛・・・
って事は、私が思ってた以上にイワテケンノ ジンコウ ハ スクナイノカ…
posted by イワガタ at 21:25| 岩手 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]