【えんやこーら】 ※ 毎週末更新 ※
《『えんやこーら』とは》 2011.3.11の震災後、「頑張れ」の言葉が被災された方々の心を痛めていたので、誰かの為に自分が尽くすという意味で「えんやこーら」と言葉を変えて活動しています。 有志小団体としては2011.11月に赤い羽根共同募金様から助成金をいただき、2013年4月まで活動していました。現在は個々で活動しておりますが、「復興の土台作る!」という志は変わりません。宜しくお願いします。 記事はコチラ → えんやこーら岩手支部記録(459)

2019年12月07日

えんやこーらという名で陸前高田・ひろば再構築編2

師走になり、雪の日も出て来た。
道の途中には雪の残ってる箇所もあったが、峠以外は乾いた道路でちょっと安心した。
今シーズンはどれくらい雪が積もるんだろう・・・。
さてひろば。
風もあまり強くなく、晴れの穏やかな天気。
今日もハードな作業なので間違いなく汗かくだろうな。
いつもの位置

陸前高田ひろば20191207001.jpg


入口キンモクセイと寒菊

寒菊が元気に咲き始めている。
何となく切り花で持って行けない。
陸前高田ひろば20191207002.jpg

理由は分からんがハエに人気の黄色。
陸前高田ひろば20191207003.jpg

ピンクもなかなか美しい。
陸前高田ひろば20191207004.jpg

白はまだ先かな。
陸前高田ひろば20191207005.jpg


枝垂れ桃

この枯れた雑草の下に、どれだけの種が落ちてるんだろう。
陸前高田ひろば20191207006.jpg


ハーブガーデン

枯れたローズマリーを気にしてたら、隣もなんだか怪しく見えて来た。
陸前高田ひろば20191207007.jpg

陸前高田ひろば20191207008.jpg 陸前高田ひろば20191207009.jpg


季節の花壇

陸前高田ひろば20191207011.jpg
(この角度で写真撮ると自分の影が写るというのが、陽が短くなってる証拠)

アジサイ・ブルーエリアは撮影なし(枝だけなので)


クリスマスローズエリア

咲いてくれるのかなぁ(不安)
陸前高田ひろば20191207012.jpg


R♡Iガーデン

そのうちテコ入れするからっ!(涙
陸前高田ひろば20191207018.jpg


海とみんなの花壇

そのうち雑草取るからっ!(叫
陸前高田ひろば20191207020.jpg


フラワー花壇

発芽が遅いけれど、まだまだ見捨てないでくれよと言わんばかりに芽が出始めていた。
守りたい、この小さな命!
陸前高田ひろば20191207021.jpg

陸前高田ひろば20191207023.jpg 陸前高田ひろば20191207025.jpg

陸前高田ひろば20191207022.jpg


東大寺学園花壇

いつか雑草取るからっ!(汗
陸前高田ひろば20191207026.jpg


サザンカ花壇

時間がなくて手が付けられなかった。
ごめんね・・・。
陸前高田ひろば20191207027.jpg


海側松の花壇

また支柱が外れていた。
えぇまたタックルですよ。
陸前高田ひろば20191207028.jpg

陸前高田ひろば20191207029.jpg陸前高田ひろば20191207030.jpg


さて今日の作業は・・・
旧・無限大花壇の土引っ越し兼旧・家族の花壇引っ越し+ロボ花壇に仕込み

まずは我が家で種から育てたパンジー&ビオラを約100km離れたこのひろばに持ち込む。
今、ホームセンターで売られている花と比べて別の植物のように成長差がある。
我が家に置いてると苗が耐えられる気温より下(マイナス5度までは耐えられるらしい)なので、少しでも温暖で雪が少なく、晴れれば日光フルで当たるので、地面の冷えが直に伝わらないようもみ殻を敷いて、風が他より当たりにくいココに置いた。

ロボ花壇

Before
陸前高田ひろば20191207016.jpg
  ↓
After
陸前高田ひろば20191207037.jpg
何かお歯黒してるみたいだ・・・


そして先週時間切れになって出来なかった、旧・家族の花壇から新・家族の花壇へ、シバザクラの引っ越し。
角度付ければ広がるようになるので、ちょっとだけ角度をつけてみた。
・・・というか、シバザクラの根は浅いのに深く掘ってしまったので若干浮いている(苦笑
後半約1時間でやった作業なので荒いけど許しておくれ。


家族の花壇

Before
陸前高田ひろば20191207010.jpg
  ↓
After
陸前高田ひろば20191207034.jpg


旧・家族の花壇

Before
陸前高田ひろば20191207017.jpg
  ↓
After(なおチューリップの球根掘り作業は残っている模様)
陸前高田ひろば20191207038.jpg


旧・無限大花壇の土から水分抜けてるかなと期待していたが、自然をなめてはいけない。
砂と土と水ともみ殻が混ざったものの重い事重い事!
鍬とスコップで掘ってネコで運ぶ。
今日今の今まで腕が筋肉痛でないのが不思議なくらいである。
押し固めると芽が出づらくなるので軽く押さえる程度にしてネットをかけた。
周りは何の花にしようかな。

季節の花壇・無限大エリア

Before
陸前高田ひろば20191207013.jpg
  ↓
After
陸前高田ひろば20191207035.jpg

うむ、分かりにくい。

Before
陸前高田ひろば20191207015.jpg
  ↓
After
陸前高田ひろば20191207036.jpg

そして土を移動させた 旧・無限大花壇はこんな感じ。
Before
陸前高田ひろば20191207019.jpg
  ↓
After
陸前高田ひろば20191207039.jpg


そして、作業とは関係ないけど、さんざん撮り忘れてた沈丁花のすこやかなる成長っぷりを締めの写真に残しておこう。


沈丁花

陸前高田ひろば20191207031.jpg

陸前高田ひろば20191207033.jpg 陸前高田ひろば20191207032.jpg

花が咲くのも楽しみだけど香りも楽しみ!
posted by イワガタ at 22:06| 岩手 ☁| Comment(0) | えんやこーら岩手支部記録 | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

えんやこーらという名で陸前高田・ひろば再構築編1

昨日雪が降った。
予想通り遠野の一部では雪が残っていた。
陸前高田の竹駒町もなぜか雪が残っていた。
ひろばはというと・・・
風が強かった!
実は前々回からひろば再構築っぽい事をしてたなぁと思いつつ、本格的に花壇をいじり始めたのが今日なので、今日を再構築編1としよう。
約4ヶ月後、ひろばはどこまで変わる事が出来てるかな。
仕事を終え、産直から引きあげてきた息子はずっしり重いので、表側の水分だけでも飛ばせるように、わかめ加工工場で使ってる水槽に寄りかからせて干す。
通る人が皆ビックリしてるのは何だか笑えた。
陸前高田ひろば20191130006.jpg

いつもの位置
陸前高田ひろば20191130007.jpg


入口キンモクセイと寒菊

寒菊ちゃん咲いたー!
でも開花時期順に並べたつもりだけど、チューリップと同じように黄→赤→白の順に咲くのはひろばの法則?
陸前高田ひろば20191130009.jpg

陸前高田ひろば20191130010.jpg 陸前高田ひろば20191130011.jpg


枝垂れ桃

完全に見た目だけだが、あったかそう。
陸前高田ひろば20191130012.jpg


ハーブガーデン

枯れたローズマリーを見て、何が原因だったのか見てみたが、根を傷めたわけではなさそう。
這い系ローズマリーと合わせて4本あったはずなのだが、結局1本だけになってしまった。
そう考えるとラベンダー強いなぁー!
陸前高田ひろば20191130013.jpg


花種花壇 → 季節の花壇へ変更

みんなで持ち寄った種や苗が集まっている花壇なので名前を変えた。
ココは後ほどエリア別に名前をつける予定。
陸前高田ひろば20191130016.jpg陸前高田ひろば20191130038.jpg

アジサイ・ブルーエリア

秋になってから青々としていた葉、雪が降って季節を知り枯れた(木自体は生きている)
陸前高田ひろば20191130017.jpg

クリスマスローズエリア

葉が大きくなってきた。
花・・・咲くかなぁ。
陸前高田ひろば20191130018.jpg

無限大エリア

寒くても元気にすくすく確実に芽が出ているアグロステンマにワクワクしてしまう。
陸前高田ひろば20191130019.jpg 陸前高田ひろば20191130020.jpg

キンモクセイエリア

冬の間に何かできればいいな。
(腐葉土を入れたいと考えている)
陸前高田ひろば20191130021.jpg


ロボ花壇

みんなすっかり枯れてしまいましたなぁ。
こういう風になるのを待っていたのだが、テコ入れはまだまだ先になる予定。
陸前高田ひろば20191130022.jpg


R♡Iガーデン

ココには土を大量に入れなければならない。
既に予定はしているが、後ほど大幅に時間掛けて作業する予定。
もう肉眼では分かるけどこの写真では枠すら分からないからなぁー。
陸前高田ひろば20191130024.jpg


無限大花壇 → 無限大エリアへ引っ越し済

土が他の花壇へ移動する予定。
石(重い)もどこかへゴロゴロと移動させねば。
陸前高田ひろば20191130026.jpg


海とみんなの花壇

ここの雑草も取ってスッキリ出来るくらいまで作業進められたらいいなぁ。
陸前高田ひろば20191130027.jpg

彼岸花の葉は青々としている。
雑草に囲まれて暖かい方がいいのか、雑草取って冷たい風に吹かれても大丈夫なのか・・・。
陸前高田ひろば20191130028.jpg


フラワー花壇

花菱草の芽は中央に1つだけになってしまった。
♪ みんな何処へい〜った〜 見送ーられる事もなくぅ〜 ← 中島みゆき・地上の星風
陸前高田ひろば20191130029.jpg 陸前高田ひろば20191130030.jpg

東大寺学園花壇

ここも枠が木で傷みまくってしまっている。
だけど生徒たちが考えたデザインなのでこのまま。
中の球根には何かしたいなぁ。
陸前高田ひろば20191130031.jpg


サザンカ花壇

もはや施しようがない感じだが、花壇の引っ越しに順番付けてるので、来月中にはテコ入れする・・・はず。
陸前高田ひろば20191130032.jpg


海側松の花壇

突っ張り棒は外れてなかった。
去年は今の時期辺りに素人剪定していたが、今年はそれどころではない。
このまんまもっさりしたまま育つのか・・・?
陸前高田ひろば20191130033.jpg

また写真撮り忘れているが、沈丁花は順調に育っている。

さて今日の作業は、冒頭でも言っている通り再構築。
まずは家族の花壇に埋まってるはずの球根を掘り出す。
Rっつぁん・Kさんご一家の家族を想って作った花壇だが、水没を繰り返すこの場所では可哀そうだと思い、思い切って今の季節の花壇(入口すぐ右)に移動する事にした。
わざと角度をつけて作った花壇なので、シバザクラもきっとキレイに咲いてくれる・・・かなぁ。
スギナ地帯なんだよなぁ、ココ・・・。
最初は出て来た球根も、だんだん少なくなってきて、しかもやはり水没の影響で腐ってるものが出て来た。
日没が早く、ひろばは山の影になると一気に気温が下がる。
先週埋められなかった15個の球根と合わせると・・・時間が足りないっ!
とりあえず生き残ってるシバザクラに目印として貝のサークルをつけた。

Before
陸前高田ひろば20191130023.jpg
  ↓
After
陸前高田ひろば20191130037.jpg

来週まとめて引っ越し出来るかな。

季節の花壇 → 家族の花壇

陸前高田ひろば20191130014.jpg

コスモスの種を撒く時に一度土を掘ったせいか、結構チカラを使わず掘る事が出来た。
他の花壇、どれだけ手を抜いてるんだ・・・。
そんで球根15球+家族の花壇から引っ越した球根6球(芽を出しかけてるものと腐っていないものを選抜したらこれだけになった)を埋めた。
陸前高田ひろば20191130034.jpg

土が飛ばないよう、霜に当たらないよう、防風ネット(使い方は間違っている)を敷いた。
手前側にはシバザクラが引っ越してくる予定。
陸前高田ひろば20191130039.jpg

かわいい花を咲かせてくれたコスモス、種を付けてるかどうか確認したかったが風で飛ばされて分からなかった。
陸前高田ひろば20191130015.jpg

一応脇に置いたので撒いてみよっかな。

今日はKさんにお昼ごちそうになった。
すきやきうどんが美味しかったー!
ありがとうございます!

管理人Sさんの奥様からは差し入れいただいた。
運転しながらパクッと食べられるもの、本当にいつもありがとうございます!

今日はいわて生協震災ボランティアご苦労さん会だった。
ボランティアバスを今まで定期的に出して交流していたのだが、一区切りつけるとの事。
行くかどうか迷っていたが、先週球根埋めきれなかった事で心は完全にひろばに向いていた。
私の中でボランティアの考え方や仲間意識など、いろいろ学ばせてもらった事もあるし、今もなおいわて生協ボランティア参加者であり、えんやこーらチームだった事も全部誇りであるので、「終わりじゃないよ、続くんだよ」という意味も含めてこれからも陸前高田市広田町天王前地区のひろばに通う決意をするのだった。
私にこれだけ大好きな場所を作ってくれたいわて生協ボランティアの皆さん、スタッフさん、本当にありがとうございました!
posted by イワガタ at 21:57| 岩手 ☀| Comment(0) | えんやこーら岩手支部記録 | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

えんやこーらという名で陸前高田・vs 石 ローリングストーン編

やる事は決まっていた。
腰痛だけが気がかりだった。

「荷物持つ時、腕のチカラだけで持ってると腰痛めるよ」

と言われていたが、自分は腹筋も背筋もハムストリングも使ってるモンだと思っていた。
今日、重い石を持ち上げてみて、改めて腕のチカラだけで持ち上げてた事を知った。
(持ち上げる際に初めて大腿部の筋肉を使ったという瞬間があった)
腹筋と背筋はあんまり使っていなさそう、というか、腰回りだけ下着1枚+腹巻1枚+コルセット2枚+Tシャツ1枚+ジャージ1枚+ヒートテックジャケット1枚の合計7枚ミルフィーユ状態だったのでガッチリ固定され、ちょっと動いただけでも汗だくになっていた。
その結果、腰に悪そうな作業内容だったにもかかわらず、昨日と腰の痛みはおんなじだった。

行きの車の中はひろばの作業で頭がいっぱい。
いつもならVサインしながら通過する峠カメラも峠過ぎてから「あ!」と気づく程だった。

さてうちの息子かかし。
水分含んでだいぶ縮んだようで、となりのナウシカに背丈抜かれてしまっていた。
後ろからの写真で申し訳ない。
陸前高田ひろば20191123001.jpg

2体を正面から撮った写真はあるものの、お車bェ写ってしまってるので、加工して後ほどUPします。

【追記】
C1187C8D-903A-4383-957A-7FFA38D53C54.jpgABB9D40C-CF20-4582-99FF-BD1F46E9F735.jpg


お店の人から、かかしを見ていく人が結構いるよーという話を聞いた。
よしよし、ちゃんと働いてるな。

チコちゃんは相棒のキョエちゃんが裏に飛ばされてたので、そっと戻してあげた。
陸前高田ひろば20191123002.jpg

陸前高田ひろば20191123003.jpg

ガチャピンは寝てた。
陸前高田ひろば20191123004.jpg


さてひろば。
週末晴れの予報だったのにどんよりしていた。
しかも、どう見ても降りそうな雲がこちらに近づいている。
何があったのか分からないが、入り口の柱がまた傾いていた。
応急処置のまんまだったから仕方ないっちゃー仕方ないが。

陸前高田ひろば20191123007.jpg


入口キンモクセイと寒菊

寒菊咲いたー!
何だろ、この時期に花が咲くっていうのはサザンカくらいしか見た事ないから、何だか嬉しい!
陸前高田ひろば20191123008.jpg陸前高田ひろば20191123009.jpg

寒菊の根元でひっそり秋咲サフランが咲いていた。
咲いてるのはキミしかいないの、ありがとうね!
陸前高田ひろば20191123010.jpg


枝垂れ桃

こうやって枝だけになると、枯れた雑草どもが保温してくれてるように見えるのが不思議だ。
陸前高田ひろば20191123011.jpg


ハーブガーデン

ローズマリー1本が枯れてきた。
何があった?何だかショック・・・。
陸前高田ひろば20191123012.jpg陸前高田ひろば20191123013.jpg


季節の花壇

さすがにもう咲き終わってんだろうな・・・と思ってたら、小さく咲いてるコスモス3輪と種付けてる子がたくさんいた。
種回収してこようと思っていてバタバタしていて忘れてた。
陸前高田ひろば20191123014.jpg陸前高田ひろば20191123015.jpg


花種花壇

今日の作業以外のところを紹介。
陸前高田ひろば20191123016.jpg

花期より元気に葉を広げるアジサイ・ブルー。
陸前高田ひろば20191123017.jpg

クリスマスローズは・・・咲くかなぁ。
陸前高田ひろば20191123018.jpg


ロボ花壇

今、芽が出て来たこの子は冬を無事に越せるのか・・・?
陸前高田ひろば20191123021.jpg陸前高田ひろば20191123022.jpg


家族の花壇

時間が無くて何も出来なかった。
残った球根を植えたかったな。
陸前高田ひろば20191123023.jpg


R♡Iガーデン

遂にニチニチソウもいなくなってしまった。
レースドレスのように咲いていたアリッサムも1輪だけ。
水没させてしまった事を申し訳なく思う。
陸前高田ひろば20191123024.jpg陸前高田ひろば20191123025.jpg


旧・無限大花壇

今日はこのエリアの石を出来るだけ運びます。
陸前高田ひろば20191123026.jpg陸前高田ひろば20191123027.jpg

そんでもって、自分が空けた穴で左足首をグネるというお約束付き。
気を付けててもやる時はやるモンだ。


海とみんなの花壇

枯草の弁当箱状態。
陸前高田ひろば20191123028.jpg


フラワー花壇

理由はよく分からないが、花菱草の芽が1つだけに減っていた。
冬越え無理なのかなぁ・・・。
陸前高田ひろば20191123029.jpg陸前高田ひろば20191123030.jpg


東大寺学園花壇

もはや枠がどこまでか分からず、つまづいて気づくレベルまで草ボーボーになってしまった。
白く儚くコスモスが咲いていた。
陸前高田ひろば20191123031.jpg陸前高田ひろば20191123032.jpg

パークゴルフ場に溜まってた水は一応なくなった。
だけど何度か同じところを歩くと滲みだしてくる。
こりゃあ今年の冬は凍るな。
陸前高田ひろば20191123033.jpg


サザンカ花壇

サザンカの状態が思わしくない。
約1ヶ月後に花が咲くはずなのだが、近いうちに作業しなければならないかもしれない。
陸前高田ひろば20191123034.jpg

陸前高田ひろば20191123035.jpg陸前高田ひろば20191123036.jpg


海側松の花壇

海側道路から見て無事なように見えても、裏に回れば3つ中2つ支柱外れていた。
陸前高田ひろば20191123037.jpg

点ではなく面で支えなきゃダメなんだと、樹の皮や板を間において紐で固定した。
Before
陸前高田ひろば20191123038.jpg

After
陸前高田ひろば20191123040.jpg

あ、写真撮り忘れてしまったが、沈丁花に防風ネット(使い古しなので二重巻き)を設置した。
この子は順調に成長している。

さて!
前回に続き今日も無限大花壇の引っ越し
まさかのアクシデントに見舞われた中、たぶん10kgくらいの石を持って様子を見るところから始まった。

「あれ?全然大丈夫じゃん!」← 無意識で腕のチカラだけで持っている

ネコに1〜2個ずつ石を乗せて運び、丸く並べる。
時折腰が『?!』となる事はあったが、それよりも二重巻きしていたコルセットがウエストポーチの仕業で見事に分かれ、前かがみになる度挟まれる腹肉の方が痛かった。
背中・お腹・尻が見えないように装着していた腹巻のおかげで、見たくないものを見せるような事はなかったが、かなり胴長になってたと思う(少なくとも5cmくらいは下がってた)
石は最大30cm・20kg以上はあろうかというもの3つ残してネコで運んだり、ゴロゴロ転がして(ローリングストーン・・・なんちゃって・・・)全部移動出来た。
これがトリガーとなって数日後再び腰痛になっても困る(…ハッ!そういや松に支柱する時のタックルも左に重心置いてたっけ…)ので、明日鍼治療にでも行こうかと思う。

【教訓】コルセットをつけると冬でも熱い。

花種花壇・無限大エリア
Before
陸前高田ひろば20191123019.jpg

After
陸前高田ひろば20191123043.jpg

今日作ったエリアには昨日の記事でUPしたチューリップの球根を植えた。
今回はちょっとデザインに凝ってみた。
購入した培養土が全然足りなかった為に石サークルの中にまたサークルという事態に。
球根計78個を埋めてる途中
陸前高田ひろば20191123041.jpg

土が少なく、深く埋められなかったので、防風ネットでとりあえず抑え込む。
これは抑え込むだけでなく、何かに球根を取られている穴がいくつも見つかっている為、下から取られるのは仕方ないとして上から取られるのを防ぐという意味もある。
陸前高田ひろば20191123042.jpg

ちなみに、今年キレイに咲かせることが出来なかったアグロステンマの芽がいくつか出ていた。
陸前高田ひろば20191123020.jpg
もみ殻が保温してくれる事を祈りながら、毎週ひろばに来て成長具合を見る楽しみの1つにしようっと!
posted by イワガタ at 21:57| 岩手 ☁| Comment(0) | えんやこーら岩手支部記録 | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

えんやこーらという名で陸前高田・vs雑草 花壇引っ越し編@

うおー…腕と背筋に筋肉痛来てるぜ…。
という訳で本日は長々と延期していた花壇の引っ越しに着手した。
本当はすっかり乾いている状態で作業したかったが、種の撒き時を過ぎているので今日やるしかなかった。
ひろばは曇り。
バッタやカエルやダンゴムシ・ミミズなど、いつものメンバーはいるのだが、暦の上では冬なので動きが鈍い。

いつもの位置

夏と比べればすっかり秋色。
陸前高田ひろば20191109006.jpg


入口キンモクセイと寒菊

全体が茶色の中、青々としているココは目立つ。
寒菊の蕾に色が…!
陸前高田ひろば20191109007.jpg 陸前高田ひろば20191109009.jpg


枝垂れ桃

数か所穴があいていた。
昨年も確かこんな感じで穴があいていたっけ。
モグラはいないと聞いた事はあるのだが…何だろう。
陸前高田ひろば20191109010.jpg 陸前高田ひろば20191109011.jpg


ハーブガーデン

季節外れのラベンダーの花が寒そう。
陸前高田ひろば20191109012.jpg 陸前高田ひろば20191109013.jpg


季節の花壇

来週ひろばに来れないので、このコスモス達を見るのも今日が最後だろうなぁ…。
ごめんね、そしてありがとう。
陸前高田ひろば20191109014.jpg

陸前高田ひろば20191109015.jpg 陸前高田ひろば20191109016.jpg


ロボ花壇

花が一通り咲き終わったら、アリの巣が毎年出来るココの花壇のテコ入れを予定している。
陸前高田ひろば20191109020.jpg


家族の花壇

球根を掘り起こしたいが、他の花壇の引っ越しをしていて、まだ水分が抜けてない事を知ったのでしばらく何も出来ない。
陸前高田ひろば20191109021.jpg

一見水が引いて乾いたように見えるが…
陸前高田ひろば20191109022.jpg

歩いただけで足跡通りに土から水が染み出てきた。
このままだと1ヶ月後には土凍るわ…。
陸前高田ひろば20191109025.jpg

水没の凄さと排水の勢いを伝えるかのような、泥水が雑草の上に覆いかぶさった跡がひろばの至る所にある。
一見すると枯草のように見えるのだが、泥水が乾いた跡なのだ。
葉から養分が取れない分、枯れるんだろうか。
陸前高田ひろば20191109026.jpg


R♡Iガーデン

いつもなら咲き誇っているアリッサムも水没でニチニチソウエリアに数本しかいない。
歩くとまだ水が出て来るので何も出来ない。
陸前高田ひろば20191109023.jpg 陸前高田ひろば20191109024.jpg


海とみんなの花壇

これがリコリス(彼岸花)の葉かぁー!っと感動。←見た事なかった。
陸前高田ひろば20191109028.jpg 陸前高田ひろば20191109029.jpg


フラワー花壇

花菱草が数本芽を出していた。
たくさん撒いたつもりだけど・・・でも数本でも嬉しい。
陸前高田ひろば20191109030.jpg

陸前高田ひろば20191109031.jpg 陸前高田ひろば20191109032.jpg


東大寺学園花壇

そういや5年前?のコスモスの種をかなり大量に撒いたけど、結局ココに撒いたものは1本も育たなかったなと思い出す。
陸前高田ひろば20191109034.jpg


サザンカ花壇

サザンカ花壇はMAX80cmくらい水没していたようだ。
陸前高田ひろば20191109035.jpg

その証拠が防風ネットに乗っている枯れた松の葉と松ぼっくり。
風で飛ばされたものがココに集まっただけではこんな事にはならないし、同じような跡が季節の花壇にもあったので間違いない。
陸前高田ひろば20191109036.jpg

サザンカ大丈夫かな…。
陸前高田ひろば20191109037.jpg 陸前高田ひろば20191109038.jpg


海側松の花壇

海側道路から見ても「あ!ない!」と思ったら、つっかえ棒が3本中2本外れてた。
陸前高田ひろば20191109041.jpg

緊急タックル(まだ見てないがまた内出血してると思う)で直した。
何かまた外れそう。
陸前高田ひろば20191109042.jpg陸前高田ひろば20191109043.jpg

危機的な状態を繰り返しているのに、ちゃんと松ぼっくりは出来ている。
陸前高田ひろば20191109044.jpg


ひまわり畑令和元年ver

失敗でした・・・。
陸前高田ひろば20191109040.jpg


さて花壇の引っ越し第1弾、水没が一番酷かったココ。

無限大花壇

でもココの花壇にはいろいろな想いを込めたので、この名はなくしたくないと思っていた。
ブログに書いたかどうかは忘れたが、人間も植物も獣も虫も海も全部全部ひっくるめて延々と繋がっていけますように、みたいな想いで

無限大(∞)

の形にしたもの。
だけど今は水没を繰り返して雑草すらあまり生えなくなってしまった。
水の捌け口をこの冬造ろうと計画しているのだが、まずその前に秋の間に撒いたり埋めたりしなきゃならないものを動かしてからと思っていた。
まだ完全に水が捌けてなかったが、今日を逃せば再来週まで何も出来ないので強行突破で半分だけ引っ越した。
なぜ半分なのか。
それは花壇の枠だった石が少しずつ地面にめり込んでいたようで、恐らく10kg以上(重い挙句滑って持ち上がらないものも2つあった)あると思われる大きい石を、足元がぬかるんだ場所で持ち上げ、ネコで運ぶのがものすごく大変だったからである。
陸前高田ひろば20191109045.jpg

石を置いてサークル内の土を一応軽く耕し、このエリアに生えていた雑草(一度刈った)や他で刈って山積みになった枯草を敷き、その上に虫たちが分解して出来た新しい土を敷き(黒い良い土なんだなコレが)もみ殻をびっしり敷き、その上から培養土25ℓ×4袋(石運んだ後なので軽い軽い)をかけて完成させた。
蒔き時を1ヶ月過ぎた

キンギョソウ・アスリートMIX
カンパニュラ

を、中央に。

アグロステンマの
ひろば育ち
パープルクイーン
桜貝
オーシャンパール

の4種類をその周りに、それぞれ撒いた。
2週間後、芽が出てくれてるといいなぁ。

無限大花壇

Before
陸前高田ひろば20191109027.jpg
 ↓
After
陸前高田ひろば20191109046.jpg


花種花壇

Before
陸前高田ひろば20191109018.jpg
  ↓
陸前高田ひろば20191109047.jpg

無限大エリア(新設)

Before
陸前高田ひろば20191109019.jpg
  ↓
After
陸前高田ひろば20191109048.jpg

あと1袋あるんだけど、発芽までものすごーく時間がかかるので来年でもいいや。
とにかく今日は身体労わろう、あたた…。
posted by イワガタ at 22:17| 岩手 ☁| Comment(0) | えんやこーら岩手支部記録 | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

えんやこーらという名で陸前高田・vs雨水 1人なんちゃってラグビー&柔道編(無理矢理感あり?)

先週作業した時の、あの滝のような排水の光景を見ていたので、今日この日をずっと楽しみに待っていた。
どれくらい排水出来てるかなぁ。
今日の作業は…と考え始めると、自分でもびっくりする程集中し過ぎて記憶が飛ぶ(惰性で運転してる感じ)
産業まつりで賑わう陸前高田、産直の翔平かかしは存在感抜群で今日も元気に立ってた。

さてひろば。
海側道路からも松周辺の水が引いてるのが見えた。
よかったー!!

パークゴルフ場の水たまりは捌けてないだろうけど、まずは第一段階が出来ていればそれで良い。
今日は写真があれば水が引く前と引いた後を並べてみようと思う。

いつもの位置

キラキラがなくなった!

Before → After

陸前高田ひろば20191026005.jpg陸前高田ひろば20191102001.jpg


入口キンモクセイと寒菊

蕾の数がちょっと増えた。
陸前高田ひろば20191102002.jpg陸前高田ひろば20191102003.jpg


枝垂れ桃

暴風から枝垂れ桃を守ってくれた雑草、今度は保温してくれている(違)
陸前高田ひろば20191102004.jpg


ハーブガーデン

ラベンダーが数輪咲いていた。
みんなよく耐えてくれたなぁ。
陸前高田ひろば20191102005.jpg


季節の花壇

倒れながらもむっくり起き上がって花を咲かせてるコスモス達、ごめんね。
陸前高田ひろば20191102006.jpg

陸前高田ひろば20191102007.jpg陸前高田ひろば20191102008.jpg



花種花壇

ここに来て目立ってきたアジサイ・ブルー。
雨が多かったから勘違いしたか?
陸前高田ひろば20191102009.jpg陸前高田ひろば20191102010.jpg

クリスマスローズちゃん、花咲かせてくれるかなぁ。
陸前高田ひろば20191102011.jpg

芽が出てると思ってポット苗に移植したキンギョソウは私の勘違いだったかもしれない・・・。
陸前高田ひろば20191102018.jpg

くるみちゃんはただの棒になってしまった。
知らずに踏んでしまいそうなのでポット苗に移植した。
陸前高田ひろば20191102017.jpg

キンモクセイは斜めのまま。
移植出来るかなぁ。
バッタが留まっていた。
つるつるしませんか?
陸前高田ひろば20191102020.jpg

陸前高田ひろば20191102019.jpg


ロボ花壇

元気なメランポジュームに癒される。
バッタに花や葉を食われて過酷な状態なのに、負けじと次々花を咲かせてくれている。
陸前高田ひろば20191102012.jpg陸前高田ひろば20191102013.jpg


家族の花壇

シバザクラがちょっと茶色になっていた。
我が家のシバザクラはまだ青々としてるので心配。
彼らが移植に耐えられるのか調べようと思う。
陸前高田ひろば20191102014.jpg

陸前高田ひろば20191102015.jpg

ここから先が水没地帯となります。

Before

陸前高田ひろば20191026007.jpg陸前高田ひろば20191026020.jpg

After

陸前高田ひろば20191102027.jpg

まだ少し水は残っている。

陸前高田ひろば20191102024.jpg



R♡Iガーデン

Before → After

陸前高田ひろば20191026018.jpg陸前高田ひろば20191102021.jpg

この一輪のニチニチソウを見て、この花苗は元々小さい種類だったんだなと知った。
陸前高田ひろば20191102022.jpg


無限大花壇

ここが一番衝撃的だと思う。

Before → After

陸前高田ひろば20191026021.jpg陸前高田ひろば20191102025.jpg



海とみんなの花壇

変わらんな。

Before → After

陸前高田ひろば20191026022.jpg陸前高田ひろば20191102026.jpg



フラワー花壇

Before → After

陸前高田ひろば20191026023.jpg陸前高田ひろば20191102028.jpg

イネ科雑草は水没にも強い事、お分かりいただけるだろうか(青々)

花菱草は減ってた。
何で・・・?
陸前高田ひろば20191102029.jpg


東大寺学園花壇

Before → After

陸前高田ひろば20191026025.jpg陸前高田ひろば20191102030.jpg


サザンカ花壇

ここも結構「おー引いた!引いた!」と嬉しくなった箇所。
この水の引き方を見て、ひろばのエリア内は高低差が結構複雑な事を感じた。

Before → After

陸前高田ひろば20191026026.jpg陸前高田ひろば20191102031.jpg


ひまわり畑令和元年ver

Before → After

陸前高田ひろば20191026028.jpg陸前高田ひろば20191102033.jpg

小さな花でも大きい種を付ける事を証明してくれた。
ただし見る人によっては気持ち悪く見えるかもしれない。
陸前高田ひろば20191102034.jpg


海側松の花壇

Before → After

陸前高田ひろば20191026029.jpg陸前高田ひろば20191102035.jpg


陸前高田ひろば20191026036.jpg陸前高田ひろば20191102038.jpg

陸前高田ひろば20191020044.jpg陸前高田ひろば20191102039.jpg

まだ水は残っている。
陸前高田ひろば20191102036.jpg


そして今日の作業。
まずは排水の為に開けた穴を塞ぐ作業をした。
ただ、せっかく水の抜け道を作ったのに塞ぐとまた溜まってしまった時に同じようになってしまうので、捨てられている管系のものを埋めてみた。
これは漁具で使っていて折れてしまったもの。
陸前高田ひろば20191102040.jpg

こんな感じで埋めた。
陸前高田ひろば20191102047.jpg

パークゴルフ場真ん中付近の穴には長いパイプを使ったのではみ出ている。
まぁないよりはマシ。
陸前高田ひろば20191102046.jpg


さて今日のメインはコチラ!

vs 倒れ掛かった松 3本勝負!!


まずはこの写真で分かる、明らかに倒れ掛かってる松1本(右から2本目)
陸前高田ひろば20191102035.jpg

そしていつも最後まで水没している水路傍の松2本。
陸前高田ひろば20191102041.jpg

これらを支える何かをする!←ざっくり

一応「松の木 支柱」など調べてみたが、素人には無理で、しかもそういう倒れ方(曲がり方)じゃないし!というものばかり。
土も水を含んでゆるゆるのままだし、ここまで大きい松を支えられるようなものは・・・

とにかく、木が生きようとしているのであればと見てみると、松ぼっくりは付けてるし葉も青い箇所がある。
まだいけると判断し、最初は丸太(直径30cmくらい)をゴロゴロと転がして(水含んで重かったし腐って脆くなっている)根元を抑えようとした。
しかし生きてる樹、水分含んで20kgくらいになってる丸太をゴロゴロと押し戻すチカラがある。
そこで外傷もやむなし!と決意し、何と松にタックル!(松の幹は左肩にドーン!)
「お?」という感じで動く松。
「行ける!」とすかさず足技で丸太を根元に転がす。
タックルを崩すと丸太も押し戻され、松が傾く。
何度かやってみたが何度も丸太は戻って来る。
大外刈り・小外刈りで松を挟み、大内刈り・小内刈りで丸太を道路側に蹴る。
一体私は何をやってんだろうな・・・
ちなみに松と闘うという事は、針葉樹の攻撃を何度も味わうという事。
メッシュ帽子の穴を貫き頭皮に刺さる松の葉(凶器)
そして何度も脱げかかる帽子。
これはつっかえ棒作戦しかない・・・な。
材料を探し、何とか使えそうな木の杭を3本見つけた。
(ただし応急処置程度になると予想)
幹が傷まないよう、土嚢袋を挟み、昨年剪定した箇所(枝部分なので他より固く出来ている)に杭がつっかえ棒として当たるようにして紐で結んだ。

陸前高田ひろば20191102042.jpg陸前高田ひろば20191102045.jpg

陸前高田ひろば20191102043.jpg

何度もタックルや背中で押し上げていた(背筋は120近くあるのでちと自信がある)為、作業終わった帰り道では既に筋肉痛が・・・。
どうも私はタックルでも腹筋より背筋を使ってたっぽい(もちろん腹筋も遅ればせながら筋肉痛は来ている)
何度も当たったので、お風呂前にチェックはするが、肩や腕を擦りむいたり痣になってたりしないか、ちょっと心配である。

つっかえ棒をつけた

Before → After

陸前高田ひろば20191102035.jpg陸前高田ひろば20191102044.jpg

諸々作業していると、急にひんやりしてきた。
いよいよこの時期が来たか・・・!
近くの里山に日が落ちる。
陸前高田ひろば20191102048.jpg
するとその陰がひろばに伸びる。
陸前高田ひろば20191102049.jpg

作業終了の合図である。
それが15:30、早くなったな…。

来週までに水が全部なくなってますように。



【風呂上がり速報】

右腕に多数の内出血発見。
右膝・左脚に打撲多数。
こりゃ台風ボランティアは無理かなぁ。
3BA31FD0-B5F5-4CE4-8039-01DDC5FD2141.jpg
posted by イワガタ at 22:07| 岩手 ☀| Comment(0) | えんやこーら岩手支部記録 | 更新情報をチェックする