【えんやこーら】 ※ 毎週末更新 ※
《『えんやこーら』とは》 2011.3.11の震災後、「頑張れ」の言葉が被災された方々の心を痛めていたので、誰かの為に自分が尽くすという意味で「えんやこーら」と言葉を変えて活動しています。 有志小団体としては2011.11月に赤い羽根共同募金様から助成金をいただき、2013年4月まで活動していました。現在は個々で活動しておりますが、「復興の土台作る!」という志は変わりません。宜しくお願いします。 記事はコチラ → えんやこーら岩手支部記録(316)

2017年04月21日

桜が咲いてる

C1A25EC8-C259-4892-8FC1-547C01B3EA50.jpg260408E4-625F-4773-B247-D64D747C3A54.jpg

盛岡の桜。
青空に映えて華やかである。

何でも人任せな後輩にかなり振り回されて珍しくイライラした1週間だった。
ひろばに行って癒されて来るぞ!
posted by イワガタ at 21:11| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

バスの車窓より

観光客が来る前の石割桜。
42005469-2404-4909-818A-42651EA94CD3.jpg

年々桜の開花に感動するようになった。
歳とったなぁ。
posted by イワガタ at 18:08| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

more more's

今日が納期だったので仕事進める当番の私だけ昼休みが14時にずれた。
弁当がないので某チェーン店に行ってランチセットを頼んだ。
店内は近くのマンションに住むおばあちゃ・・・いや、大先輩方が2〜4人のグループで、ドーナッツとドリンクで早いおやつタイムを過ごしていた。
そんな中、黒ゴマ担々麺を食べていると、斜め向かいの大先輩が急に立ってレジから勝手にメニュー表を取った。

「あー黒ゴマ担々麺だって!」

食べてるのは私だけ、麺類がある事を初めて知ったらしい。
すると今度は『いつ息継ぎしてるんだろう?』と思うくらいずっとしゃべってた隣の大先輩(推定80代)の話を合いの手入れつつ聞いていたおばちゃ・・・先輩が

「前に手が痛いって言ってたのはどうなったの?」

と大先輩に聞いていた。
きっと私の左手にある黒いサポーターが目に入ったんだろう。
すると大先輩はこう言った。

「もあもあず」

えっ??
英語??

「もあもあず」

聞き取れなかった私の為ではないと思うがわざわざリピートしてくれた。

「もあもあず」
「もあもあずの?」
「もあもあずのす」
「もあもあずのすか」

何か会話が成立してる。

more more's?

確か私のおぼろげな記憶だとmoreって「もっと」とか「より」などの量とか程度を強調する意味だったような。
とりあえず一瞬考えたBAND名とかお笑い系ではなさそう。
手の話から何がどう展開して行ってるんだろう?
もはや黒ゴマ担々麺を食べてはいるが、頭の中はその「more more's」でいっぱいになって味わう事はなかった。
昼休みを10分短くして席に戻り、他の仕事をしながら「more more's」の事を考えていた。
会話の中から意味を探ってみよう。

「もあもあず」
「もあもあずの?」
「もあもあずのす」
「もあもあずのすか」

・・・そういえば叔母などもよく語尾に「〜ず」「〜す」ってつけるよなぁ
ただし前後の言葉で意味は変わって来るので『意味はコレ』というものが特定できないが・・・。
・・・「もあもあ」ってもしかしてモヤモヤするみたいな表現の一種?
あああ、そういう事かぁ!
しかし何て発音いいんだ(英語っぽく聞こえた)

もあもあ・・・。
痛いんだか痒いんだか分かんないな。
posted by イワガタ at 23:05| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

難しい

後輩妊婦さんが先週金曜日(繁忙期真っ最中・日曜出勤確定)に体調を崩して半日休暇を取った。
パートさんが暖房を移動させたり、後輩社員が気遣って休憩室に連れていったり、お昼近くにバタバタしていた。
週明けの昨日、体調戻った後輩妊婦さんが、パートさんにも後輩社員(妊婦さんより一回り上)にもお詫びの一言もなかったと1人の後輩社員が愚痴っていたらしい。
私は鈍いのか全く気にならなかったし、妊婦さんの状態である後輩がとりあえず出社してくれただけでもよかったと思っていたのだが、

「イワガタさんからこういう時はお詫びしておいた方がいいよってってもらえますか?」

と後輩社員に言われて何か「え?」と思ってしまった。
後輩妊婦からすると大先輩なんだから自分で言えばいいじゃん。
なぜ人伝にする?(人伝=愚痴を聞いた人が2人はいると分かる)
お詫びやお礼は自分が思ったらするものだと思っているので、いい大人になってからそういう事を細々と言われるのは本人からしても『何を今更』って感じが少なからずあると思う。
今までうちのグループにいた社員もパートさんも何かもらったら「ありがとう」、急に休んだら「すみませんでした」を当たり前のように言っていたので感覚が麻痺してる部分はあると思う。
だからこそ目立ってしまった後輩妊婦、異動して約3週間で既にこういう不穏な空気を自ら作ってしまった。
どうしたらいいものか。
何かこういう女性だけの職場にありがちな細かすぎるマナーみたいなのが何だか私には大奥とか姑の小言みたいで、返って職場の空気を悪くする事もあるんじゃないかと思って変えて行こうかと思っているけど間違ってんのかなぁ。

ちなみに・・・
前の部署でも後輩妊婦は「癖のある人」だったらしい。
お詫びもお礼もないのは以前から変わらない。
本人が周りの「お菓子ありがとうございます!」「昨日は休ませていただいてすみませんでした」というのに気づけばいいけど、まぁ・・・気づかないどころか見てもいないと思っている。

今年中にいなくなるのでどこをどこまで教えればいいんだろう・・・。
posted by イワガタ at 23:29| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

サポーター探し

左手母指MP関節靱帯損傷と判明して約2ヶ月、様々なサポーターを買ってみた(計7つ)
最初に買ったものが一番しっかり固定できるのだが、プレートが外れる事に気づくまでは毎日親指の血が止まりそうになるくらい冷たくなってしびれていた。
今も患部が痛くて腫れてる時は痛さを取るか血が若干止まりそうになるのを取るかの選択をしなければならないが、たぶん一番使っていると思う。
次に購入したものは「手首サポーター」なので親指固定≠ニいうわけではなく、親指に引っ掛けて下がったり上がったりするサポーターを固定するものなので、親指に負荷が掛かると痛い。
ドラッグストアにあるものは9割が手首用だった。
スポーツ用品店(バレーとかスキー・スノボでよくある怪我らしいので一応行ってみた)見ても、ブラックばかりですごく目立つ。
ネットSHOPで探すといくつかはあるが、商品レビューを見ると「うーん・・・」というものが多い。
ブラックは繁忙期とえんやこーら用にし、ベージュは閑散期と通勤用にしているが・・・。
ネットで見ると結構同じ怪我をしてる人がいて、私は保存療法の形にしているのだが、実際手術した方もいて、完治するまでに半年くらい掛かってたし日帰りとはいえ費用も9〜12万円掛かってたらしいので、親指の使い方を変えて日常生活のほとんどに支障ないくらいになってきた今、わざわざ手術する必要もないかなと考えているのだが・・・。
外反母趾サポーターばっかりなので、手の親指サポーター(ベージュ)の種類が増える事を切に望む。
posted by イワガタ at 23:22| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする