【えんやこーら】 ※ 毎週末更新 ※
《『えんやこーら』とは》 2011.3.11の震災後、「頑張れ」の言葉が被災された方々の心を痛めていたので、誰かの為に自分が尽くすという意味で「えんやこーら」と言葉を変えて活動しています。 有志小団体としては2011.11月に赤い羽根共同募金様から助成金をいただき、2013年4月まで活動していました。現在は個々で活動しておりますが、「復興の土台作る!」という志は変わりません。宜しくお願いします。 記事はコチラ → えんやこーら岩手支部記録(338)

2017年10月20日

地味なマナー

仕事帰りの交差点、信号待ちで自動車教習所の送迎バスが前になった。
生徒さんの頭が見えたので、向かってる方角から考えてもこれから教習受けるんだなぁ〜っと思いながら温かく見守っていた。

ウン十ウン年前、私も学生さんに混ざって乗ってたなぁ・・・

当時の事を思い出した。
私が教習所に通い始めたのは9月から。
学科と技能がある事を知らず、学科ばっかり1ヶ月やっていた。
学科で試験に合格して初めて技能に行けるんだと思っていたのだ。
仕事しながら通っていたので行ける時期行けない時期があり、その『もったいない誤解をしていた1ヶ月』が、のちの自分を苦しめる事になるとは微塵も思ってなかったっけ。
(仮免が12月で積雪初日、ドタキャンがあったのでかろうじて入れてもらえた。免許取得はネコの日と言われる2月22日、吹雪で高速道路教習出来なかった。ちなみに仮免も本検も一発合格)
生徒たちは今日もあったペダル踏み間違いの人身事故起こさないようにするんだよ〜などと車間距離開けながら心で語りかけた。
この中でもトントン拍子で進む子と時間掛かっちゃう子と出て来るんだろうなぁ・・・
送迎バスの運転士さんは生徒の見本となるので、さすがに法定速度の安全運転である。
・・・と、300mほど前方に路線バスがバス停で停まってるのが見えた。
走行車線を走っていた送迎バスがウインカーを出して追い越し車線を走っていた私の前に入ってきた。
ここで私の古い地味な記憶が蘇ってきた。

教習所では交差点の手前30〜40m手前から、交差点過ぎて30〜40mまでは車線変更してはいけない
(目印は交差点で白線が繋がってるところは他の車線に移動しない)

このルール、誰に「ですよね?」と聞いても「知らない」と言われてたもの。
今日、この送迎バスが交差点過ぎて白線が点線(車線変更可)になってからウインカーを出して元の走行車線に戻ったのを見て、長年モヤモヤしていたものがスッキリしたような爽快感を感じた。
(風邪の鼻づまりは未だモヤモヤしている)

そうだよね?そうだよね!!

よし、これからは無理な割り込みに容赦なくツッコミ入れるぞ!(車の中で独り言言うだけ)

posted by イワガタ at 23:17| 岩手 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

自分的には この夢要注意

深夜に地震があったらしい。
しかし私は全く気付かず、全然違う事で真夜中叩き起こされた。
左足ふくらはぎのこむら返りである。

就寝中のこむら返りはあまり良くないというのはコチラ → http://karada-no-itami.com/ashigatsuru/komurasleep.html

浅い眠りの中で足を伸ばしたのは覚えている。
恐らく、心身の状態が『ある状態』になると必ず見る、あの夢を見ていたのだろうと思う。
その夢とは・・・

道を歩いていると大きな水たまりが目の前にあった。
避けて通ればいいのだが、こんな水たまり飛び越えられるわ!と思ってピョーンと飛んで・・・

ぁ痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛!

冬季限定バージョンは
道を歩いていると大きな水たまりに氷が張ってた。
避けて通ればいいのだが、こんな氷飛び越えられるわ!と思ってピョーンと飛んで・・・

ぁ痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛!
しかもツルーンと滑って青空が見える

こんな感じの夢を見る時は足がつるぞ、というのを覚えておかなければ。
posted by イワガタ at 20:40| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

風邪で思い出した

長引く風邪で思い出した事がある。
以前スーパーの冷蔵食品コーナーでどれがいいか悩んで数分立っていたら風邪引いた事があった。
どんなところに病が隠れてるか分からないもんだと発熱しながら思った。
そんな今日も電話の向こうの皆様を驚かせるVOICEを披露してしまった。
そのVOICEは、まるで何かにこの身を乗っ取られたかのよう。
鼻声か枯れ声のどっちかが治ってくれればまだマシなんだけどなぁ。

そうそう、解熱鎮痛剤で一時的に一般的な平熱36.2℃になった体温は、薬を飲まなくなったら36.9℃に戻った。
38℃まで熱は上がったけど、節々が重く痛かった事となんだかしんどい・だるいだけで、寒気などはなかった。
寒気がすると大抵39℃を超えてる(39.8℃とか)ので、今回の風邪は長いけど軽い風邪だったのだと思う。
昨日でローションティッシュ仲間(後輩)が産休に入ったので風邪引きが私だけになってちょっと寂しい。
posted by イワガタ at 23:11| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

風邪その後

私が一度風邪を引くと2週間は治らない。
薬が限られてるのもあるし、弱ったところに疲れも加わるので悪化するのも早い。
既に2週間を超えている今の風邪、咳はだんだん止まってきているが、鼻水が喉の奥にスライムみたいに張り付いていて苦しい。
私より早く風邪を引いていた後輩のように水分多くとっていれば鼻水も出やすかったんだろうけど、元々あまり水分をとらない方なので、このように張り付いてるんだと思う。
喉は痛くないだけで完全にやられているので声も出にくい。
早く治らないかなぁ…
posted by イワガタ at 23:09| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

危険なのかボケなのか

最近危険運転のニュースが多い。
見てると思わず声を出してしまう。
岩手にも危険運転する人はいるけど、あそこまで悪質なのは今まで見た事ない。
煽られた事はあるし煽ってる車が前に来た事もある。
でも雪国でそんな事したら修理で車が使えなくなって生活に影響出るからなのかもしれない(最寄りのコンビニまで車で10分とか)
毎週陸前高田まで往復200km以上走行してるけど、煽ってる車というよりは衰えによるゆらゆら運転(もちろんシルバーマークは貼っている)や中央線またぎ、いきなり右左折など、車間距離取っていれば事故が回避出来るものの方が多い。
そして猛スピードで追い越していった車が信号待ちで引っかかっていて合流などもよくあるので、運転していてイライラする事はめったにない。
峠道を上る時などは自分の前に何台繋がってるか楽しくて数えてしまうし、道路状況を映すカメラ(約10分置きに撮影してるっぽい)には

「うわー!1分過ぎた」

で映り損ねて悔しかったり、電車と並走出来る区間などは時間見ながらワクワクしていたり(並走はめったぬないが、交差する事は結構あるので嬉しい)案外1人ドライブを楽しむ人間である。
そんな楽しみをくれる愛車を、一時の感情で傷物にするのは考えられない。
ただ・・・
傍からみればそんな私が危険人物に見えたり、ボケて見えたりするのはあるかもしれない(汗
posted by イワガタ at 23:24| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする