【えんやこーら】 ※ 毎週末更新 ※
《『えんやこーら』とは》 2011.3.11の震災後、「頑張れ」の言葉が被災された方々の心を痛めていたので、誰かの為に自分が尽くすという意味で「えんやこーら」と言葉を変えて活動しています。 有志小団体としては2011.11月に赤い羽根共同募金様から助成金をいただき、2013年4月まで活動していました。現在は個々で活動しておりますが、「復興の土台作る!」という志は変わりません。宜しくお願いします。 記事はコチラ → えんやこーら岩手支部記録(459)

2019年05月19日

家庭菜園やってみる

昨日、陸前高田の産直から野菜苗を4種4本買ってきた。
土もホームセンターで買ってきた(大ハプニングあり)のだが足りなかったので、整体のついでに買ってきた。
苗は

トマト
なす
ピーマン
ブロッコリー

プランターに
トマト・ピーマン・ブロッコリー

鉢に
なす

を植えた。
10連休中の5日にはひまわりの種を1粒撒いており、ひろばの兄弟同様芽が出ている。
今年も2m超えしてくれるかなぁ。

今年の我が家は『自給自足』に近づいてみようと思う。
父も目の前で育つ野菜食べた方が元気になるでしょう。
posted by イワガタ at 22:15| 岩手 ☀| Comment(0) | Let's TRY! | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

作ってみたよ

以前、沿岸で被災し再建したが苦しんでるとドキュメントで紹介されてたナカショクさんが発売している「わかめの唐揚げ」を再現してみた。




昨日Rっつぁんからめかぶと早どりわかめを頂いた。
昨年は煮物、今年は揚げ物である。
片栗粉でわかめが真っ白になるくらいまぶしたのだが、母が作ったかき揚げの油の温度が高すぎて盛大に弾けた。
鍋の蓋を盾にしたが、あまり意味がなかった。
低温でじっくり、二度揚げが良いと学んだ。

出来上がりはこんな感じ。

93D30E7C-AF0D-4D1A-AA40-4B7CC2B0719A.jpg

次はごま油で作ってみようかな。
posted by イワガタ at 20:23| 岩手 ☀| Comment(0) | Let's TRY! | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

長期実験終了

昨年一年間掛けて

爪を切るのは大体どれくらいの頻度か

という、地味〜な実験をしていた。
浅岡さんとの握手という握力測定会前日のえんやこーら中に右小指の爪が割れて無理矢理剥がすというハプニングはあったが、大体月2回・14〜17日くらいの間隔で爪を切ってる事が分かった。
足の方は1ヶ月に1回くらい。
左足親指が若干巻き爪っぽくなっており、それがジクジクと痛みだすと大体切るタイミングになる。
本当ならば昨年同様元旦に足の爪も手の爪も切るはずだったが、握力測定会の翌日(深夜帰宅後の入浴前)に小指の爪揃えるついでに切ってしまったので、今ちょっと伸び掛けている(小指はちょっといびつに切れている)
あとどれくらい切らずに我慢できるかな?
posted by イワガタ at 22:56| 岩手 ☀| Comment(0) | Let's TRY! | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

わかめの茎煮

以前、ひろばの隣にあるわかめ加工工場の奥様から、わかめの茎煮をいただいた。
すごくおいしかったので家に持ち帰って両親に食べさせたら大好評だったので、翌週レシピを聞いた。
しかも奥様からわかめの茎をレジ袋いっぱいにいただいたので、ご近所さんにもおすそわけした。
レシピ見ながら母がさっそく作ったのだが、煮物というより佃煮になってしまっていた。
母は勝手にアレンジしていたようだ。
普通の鍋で作るところを圧力鍋で作り、わかめのひらひら部分を包丁で切った(手で割く)
普通には食べられない固さになり、結局ミキサーでみじん切りしていろいろなおかずにまぶされた。
翌週おじちゃんにその話をしたら、リベンジ用の茎をくれた。
ありがたくいただき、今度は私が聞いたとおりに作ってみた。
柔らかく出来たが、なぜか甘く仕上がった。
なぜ失敗したか分からないので昨日奥様に失敗の原因として考えられる事を聞いた。
働いてる皆さんはひろば管理人Sさんの親戚の方々なので、私の事はよく知ってくれていた。
レシピに間違いはなく、材料の量も間違ってない(むしろ一番疑わしかった砂糖は少なかった)
原因として考えられる事は、塩抜きし過ぎだったのではないか、との事だった。
先々週いただいた茎が残っていたので再チャレンジしてみる事と、味見するので来週(つまり今度の土曜)持って来て試食させてと言われた。

ひえー!本場の方々に食べてもらえるレベルのものが作れるかぁ?
(姑に料理チェックしてもらう嫁の気分)

帰宅後、昨日の記事を更新した後の深夜0時(遅)作業開始。

【わかめの茎煮】
《材料》
わかめの茎 ざる1つ分(200〜300g)
たま砂糖 大さじ4杯
日本酒 コップ半分
さきいか 適量

294F5FC1-0F9D-44FE-B373-089D9AE0E646.jpg


《作り方》
@わかめの茎についてるビラビラの部分を手で割いて取る。
AC0CA892-0C43-47D2-BCF2-6DA5EAA435E8.jpg
DC382D19-E5DD-4DC8-A968-7CF9C4B6A8D5.jpg

A食べやすい長さに切り(どんなに太い茎でも絶対に茎を縦に切らない事 ← 恐らく私はこれで失敗した)一度もみ洗いする。
※冷水がBESTだがぬるま湯でも可。
625C42CF-5B07-4B93-80F2-67B6FCCC9559.jpg
31438281-829B-46ED-AA3A-8049CF260B4A.jpg

B塩抜きの為、冷水に一晩つける。
※状態によっては一度冷水に数十分つけてから水を捨て、一晩つけても良い。
59557B2C-F9A7-409B-9FD1-FC071DAFF7E0.jpg

C水を捨ててわかめの水を切る。

D鍋にわかめの茎・たま砂糖・お酒・さきいかを入れて、よくかきまぜなから弱火で約3時間煮る。ストーブならば6時間くらい(←奥様おススメ)
※こまめにかきまぜ、味見しながらある程度水分が飛ぶまで煮る。
1999D009-E69E-4CB7-8351-FC1A84FFB10A.jpg

E茎が柔らかくなったら火を止めてわかめの茎に汁をしみ込ませる。

F冷めてきたらお皿や小鉢に盛りつけて出来上がり!
2F7EF521-5C1C-40EC-8C54-6AB605CCE7D6.jpg

今回はおいしく出来た!けど、奥様の舌に合うかどうかは分からんなぁ。
posted by イワガタ at 21:49| 岩手 ☀| Comment(0) | Let's TRY! | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

地味な実験終了

3F8E5C43-0470-498D-BE32-8590B26EC32B.jpg

我慢の限界に来たので爪切ります。
(前回切ってから16日経過、今年初爪切り)

ちなみに手のあちこちにあるペンの後は、仕事で頑張った証。
posted by イワガタ at 00:00| 岩手 ☁| Comment(0) | Let's TRY! | 更新情報をチェックする